ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

股間から突き上がる

熟女へと180度転換してみたのだ
こんどは、歯が秘肉に食いこむくらいきつくした。麻紀は、その刺激に好ましい反応を示した。痛みに·瞬は身体を硬くしたが、すぐにそれが快感に変わって身体をふるわせる。冴子のほうは、だんだんとサディスティックな気分になってくる。麻紀がマゾっぽい感性だから、冴子はいじめてやりたくなるのだ。その冴子の眼の端に、バスルーム備えつけの、湯掻き棒が入った。

フィニッシュに追い込むだけだな
プラスチック製のすべすべした長い棒である。先っぽは、四角く平らになっているが、手に握る部分は丸みをおびている。その型がエレクトした男根に似ていると冴子は思った。あの、棒をマキに挿入してみようかしら?と、冴子は思った。サドっぽい気分になるのは、冴子も昂奮しているからだ。

先生にオマンコしていただいて

冴子は湯掻き棒を握りしめてみた。手にあまるくらい太い。直径は4センチはありそうだった。先端は半球形に丸くて、しかもすべすべのプラスチック。女の構造を傷つけるものはついていない。問題は、麻紀のあそこが、これだけの直径をうけ入れるかどうか。麻紀は冴子の企みなど気づかず眸をとじて大理石の上で荒い息を吐いている。白い棒を、立膝をした中心にあてがってみた。

お尻を出した方が楽ですよね女性はすぐ勃起できる簡潔明瞭なああソなに?麻紀の期待する声。痛かったら、痛いって言うのよ。なアに、なにを入れるつもり。麻紀はしかし、眸をあけてたしかめようとしない。冴子はちょっと、麻紀のホールに指を入れてみた。当然のことながら、粘りのある液体をたっぷり分泌している。ああツ、硬いのね。マキのに、これくらいなら入るわよ。

静香の股間に肉棒をあてがった

ああソ、ムリ。痛いの?痛くないけど…大きすぎるわ。麻紀が股間に手を伸ばし、冴子が挿入しようとしている棒を手さぐりでたしかめた。いいわ。やってみて。裂けたりしないわね。だって、甲錦さんのは、もっと大きいわよ。その言葉は、冴子にはショックだった。麻紀は甲錦をうけいれるために、トレーニングする気になったのだ。冴子はきつく棒を握り、麻紀にあてがった。女のあそこは、伸縮性があるという。

愛撫されているよう実際

そのときになれば、赤ん坊の頭が出てくる。冴子はむろん、その知識はあったが、直径4センチの湯掻き棒を麻紀に挿入するのはやはり緊張する。丸い先端部をあてがい、ぐいと力を加えた。ところが麻紀のその部分は全体にやわらかく凹んだだけで、棒の本体は1センチも入らない。やっぱり、ムリかしら?ああン、やってみて。麻紀のほうも、好奇心に駆られたようだ。自分の手をあてがうと、ワレメを左右に押しひらいた。すごい…。冴子は、息を飲む。昂奮した揚げ句とはいえ、麻紀は自分で女陰をむいてしまったのだ。

    1. これまでもセックスでそれなりの快感を得てきた
    1. あの静香先生がオナニーしている
    1. 萎えたペニスも利枝子のフェラチオですぐにそそり立ち

痴漢の指が的確に動かされるたびに

セピア色に薔薇の色を加えたような色をした乳首に

オーガズムを感じている京は
呼吸も苦しいほどです。太腿の付け根と手首をくっつけて縛られます。足も左右を梱包するようにびっちりと。畳に仰向けにされ、身動きできません。ぐるぐる巻きですが、左右対称に編まれた縄は美しく、我が物顔に体を支配しています。さて、仕上げだ!赤岩は細い十センチぐらいの縄の先端にチューブから透明な液体をつけました。目をつぶって。閉じたまぶたに、その縄の先端が押しつけられました。

子宮口にぶち当てるまで深々と貫くと
数秒のことです。縄が引かれると、まぶたが強制的に開いてしまいます。瞬間接着剤だ。安心していいよ、溶剤ですぐ取れるからね。まぶたを引き上げる細縄を額におき、たを閉じることができません。口をあけろ。ヘアバンドのように別の縄を頭に巻き付けます。まぷ今度は同じように細い縄ですが、1メートルぐらいあります。

勃起してしまうだろう

ゆっくり呼吸するんだ。縄の先端が左の鼻孔に入れられました。ぐはっ。涙が出ます。ぐいぐいと奥へ押し込んできます。くしゃみや咳をしてもいいぞ。あひぃぃぃ。ガハガハと苦しみながら、縄が喉に達するのがわかります。こっちもだ。右の鼻孔からも縄の先端が入れられます。苦しさと恥ずかしさ。こんなことをされるモデルはおそらくいないでしょう。

島津をフェラするはずだった股間の臭いがいいぞ。ペンライトで口の中をのぞく赤岩が、大きなピンセットを口の中に入れてきました。ぐうひい!口から引きずり出したのです。敏感な粘膜を擦それで鼻から喉に出て来た縄の先をつまみ、りあげていく縄のおぞましい感触。ふゆえええ。目を閉じることもできず、自分の体に暴虐を加える赤岩を、涙越しに見続けることになります。とてもうれしそうに作業をしています。背後の金男も興味深げです。深川先生は足元の縄をさらに丁寧に縛っています。

チンポを晒して転がされていた男子生徒を見つけて声をかけた

口から二つの縄尻が引き出されました。赤岩はそれを固く結びました。わかるな、どうなるか。縄を鼻孔側から引っ張ると、喉の奥に結び目があたりました。木で鼻をくくる、なんて表現があるけど、本当に鼻をくくってやったわけだ。ぐいっと引っ張られると、とっても苦しいのです。あぁあぁぁ!今度は開いたままの口に縄がかけられます。

アナルに埋まったローターの振動を上げていき

猿ぐつわのように何重もの縄を噛まされるのです。今回のテーマは、新巻だよ。新巻鮭みたいにね。新巻というのは葦や藁で魚を巻いたもののことなんだけどね。あらまきあしわら鼻の縄を動かされるとゲホゲホとむせます。鼻汁や涎が飛びますが、赤岩たちはおもしろがっているのです。

    1. ザーメンの始末なんかしないでいいから
    1. 滅多にないほど大きなオーガズムで気を失っていたのだ
    1. セーラー服の美少女が泣き叫ぶさまを陶然と見おろし

勃起する

乳首にむしゃ

たっぷりとオーガズムを教え込まれてから
局長の伊知地と亜希子があやしいと陰で言う者もいたが、二十も年が離れていてあまり本気にはされていなかった。局長と工務部長の仲が事業運営をめぐって険悪の度を加えるなかで漂いだしたものであり、局長をゆさぶる為にする噂として職員は首をすくめていた。セックスの感じからして亜希子には正常位で用心深くゆるゆると感触をたのしむ男の影があった。伊知地は事務系キャリアとしてA市の都市整備局総務部長から一年四ヶ月前に水道局長に昇格したもので、そのときの人事異動で総務課の情報管理をしていた亜希子を広報担当主査に抜擢した。抜擢人事は他にもあったが、広報経験のない亜希子がなにゆえ広報担当なのかといった声はくすぶっていた。

アソコを鎮めようとしているのだろう

しかし、亜希子の仕事ぶりがそうした声を掻き消した。水道局に来る前、亜希子は都市整備局の計画課にいた。当時、伊知地は計画課長として亜希子の上司であった。伊知地は計画課長から同局総務部長に昇格し、そして水道局長になっている。伊知地と関係があるとすればその計画課時代に生じたものではないか。

 

細かく感じ取ること彼女は亀頭のエラが秘肉を摩擦する様子や

そう考えると伊知地が亜希子のいる水道局に局長としてやってきたのはあながち偶然とは言えない。亜希子の肢体によって裕也は二人の出会いをさぐった。さぐるといっても単なる推測の域を出ないが、裕也は確信に近いものがあった。11イ、11肌が火照ると亜希子はその声を発したが、どこか抑制がきいていた。普通なら。いこと声をひくところを亜希子は。

大竹がゆっくりと彼女の股間に顔と手を近づけた
いいさと意識して言葉をかさねていた。口癖を抑える覚めた堅さがあった。なにかの拍子に亜希子の声が。とくずれかけたが、裕也は気づかぬふりをして行為をつづけた。伊知地と関係があったところで裕也はどうでもよかった。もしそうなら伊知地の目をかすめてその占有物の使用利益を得たものであり、伊知地への嫉妬よりもむしろ、その律儀なセックスを押しつぶしているようないびつな快感があった。若いわね。肌から離れると、亜希子はとろっとした顔でつぶやく。

 

尻穴のコブは一回り大きくなっていました

のが常であった。新聞に掲載すればその時点で秘密が解かれるため、秘事に対する認識が希薄のようだ。全国紙の記者同士が共同取材のあと、シティホテルの廊下などで誰と飲みに行っと辺りはばからず話しているところを裕也は何度となく目にしていた。亜希子が記者連中の誰かと関係を持てば耳に入らぬはずはない。亜希子から肌のよしみに乗じた依頼があるだろうと覚悟していたが、個別な話はなにもなかった。依頼があれば、それの見返りとして二人だけの時間が得られるかもといった淡い期待もあった。

過去経験したどのセックスよりも刺激があったと

痴漢の指が的確に動かされるたびに裕也は亜希子より六つ上の四十二であり、年上の男に言うような言葉ではなく、また節度をわきまえる亜希子らしくもないが、行為の余熱に浮かされてほろっとそれが口から出たもので、年齢ではなく行為の若さを指していた。亜希子の生の声を引きずり出したのかと思うと悪い気はしない亜希子は記者連中に。亜希ちゃん。と呼ばれていた。その気になれば相手に困らないはずなのに、よりによってウダツの上がらない業界紙記者の自分となぜ肌を合わせたのか裕也は妙な思いがしたが、亜希子の肌の感触が脳裡にひそみ、なにか通じ合っているような気分があった。他の記者にその感触を与えていても不思議はないが、その気配はなかった。記者に対し行政関係者は機嫌をとるように下手に出ることが多く、そのせいかざっくばらんで饒舌な記者気質が目立ち、いつまでも内緒事を抱えていられず、ぽろぽろとパン屑をこぼすように秘密をもらす。

チンポをしゃぶりたいんだってよー

男根はまるで大きさが違っていた

下着が見えてしまいそうだ
理紗は教決意を表情にみなぎらせて、泉美は顔を上げた。お願いです。理紗先生とキスさせてください。えぇっ!?わたし、まだ、唇だけは、柳沢先生に奪われていないんです。泉美の言葉を聞いて、理紗は、ああ、と思い起こした。そうだわ。わたしのときと違って、柳沢先生は泉美さんにキスをしていない。

肉棒を責めるときはいつもそうやって

わざとなのか、舞い上がっていて忘れたのか、わからないけれど…。泉美は真摯な瞳で理紗を見つめ、湯の中をにじり寄った。肩の周囲に小さな波の同心円が広がり、理紗の肩に当たる。理紗先生にファーストキスをしてもらえれば、わたしの身体は、んっ!自分の身体がどうなると言おうとしたのか、泉美はきれいに忘れる。言葉を紡ぐべき唇を、理紗の唇にふさがれた。

 

すばやく膝を組んで勃起している部分を隠す晃太

んんん…。うん…んふ。密着する二つの唇の間を、甘い吐息が行き交い、ひとつに混じる。識のうちに女教師と女生徒は湯の中で指をからめ合っていた。無意二人を中心にして、さざ波の同心円が湯船いっぱいに広がった。ローカル線で二人乱れる。こういう向かい合わせの座席のことをなんと言うのか、知っているか駅から走りだした列車の中で、柳沢喜四郎がいかにもなにげない世間話というふうに、対面した座席に座る二人の美女に質問した。理紗と泉美は硬い顔を見合わせ、知らないわ。し、知りません。そろって同じ答えを返す。

処女が相手ならともかく
喜四郎はにこやかな笑みとともに、クロスシートと言うんだ。神託のごとく正解を告げる。理紗と泉美は、また顔を見合わせた。ればよいのかわからない。上機嫌な男に対して、どう反応す。三人はローカル線のクロスシートに腰かけていた。進行方向を向く席に、喜四郎がどっかりと座る。背を向ける席の、窓側に泉美が、通路側に理紗が座り、身を寄せ合っている。

 

セックスして

これも昨夜の喜四郎からのリクエストに従った結果だ。同じ色のスーツとブレザーのおかげで、ペアルックに見えた。年齢の離れた二人の微笑ましい対面の喜四郎は、もう意地になっていると思うほど、不変の鼠色のスツにズボンだ。きちんとクリーニングしてあるのに、どこかしおれた印象があった。理紗と泉美は、昨夜の電話の指示で、朝から酉岡駅の改札内で落ち合った。

張り詰めた亀頭に唇をかぶせ

奥様は約束通り男性とセックスしませんでしたよ今日は、泉美が処女を奪われた月曜日から六日後の日曜日だが、理紗はやはり女教師スターをつづけている。樫山学園の制服の色と似た臙脂色のスーツとスカート。白いブラウスに白いストッキングに黒いローファ今回は理紗本人の意志でファッションを決める前に、郎から電話があり、臙脂色のスーツと指定された。土曜日の夜に喜四泉美も登校するときと同じ制服を着ている。臙脂色のブレザーに赤い紐タイ、赤と緑のチェックのプリーツスカート、白いソックスに黒いロファー。