気仕掛の肉棒に

肛門の受け入れ具合なども検査の対象です

両手でお尻を開きながら
そう思うと、急に感情が昂ってきた。もう、まどろっこしいことはやめて。でっちあげの検査だって分かってる。もん!思わず叫んでいた。貢が声を上げると、きな声で抗ったためか、志摩子たちは皆沈黙してしまった。さすがに気まずい空気が流れた。涙声混じりの大だが、志摩子は平静を装って、えー、これまでの検査の結果ですが、淋菌の感染はまだ確認されていませ今さら何を言い出すのか、淋疾の診断をひっくり返してしまった。やっぱり淋菌感染なんて嘘だったんだ!内心、貢は声を荒げる。

お尻か太腿に押そうということになっていたし
淋疾は嘘の診断だとずっと疑っていた。志摩子は事実上淋菌感染の診断を撤回したが、それは痴女集団による逆レイプのゴーサインでもあった。嘘なんて、何を馬鹿なこと言ってるの。確認されていないだけよ。高校生にもなってわがままはいい加減にすることね。志摩子はあくまで検査は偽ではないと強弁し、ずそそくさと診察室から出ていった。貢を叱ると、理由も言わ志摩子が出ていくと診察室に何か重しが取れたような雰囲気が生まれた。

緒方の肉棒は極限まで硬直していた

沙貴や学生は志摩子があくまで検査の口実を使う以上、それを意識せざる。を得ない。その志摩子がいないと、彼女らによって野放図にエロ行為が行われる危うさを貢は感じた。同時にそれが志摩子の狙いなのではないかとやがて肉棒の奥から快感が熾ってきた。催淫剤の強い効き目で勃起してくる。沙貴が貢の脚の方から診察台に上がってきた。黒縁眼鏡の眼でじっと肉棒を見つめて手を太腿に這わせ、濃厚に口紅を塗った淫らな唇を接近させ。

セックスしちやうなんて一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にしておちんぼ、どんな味かしらあむ、むむぅ…根元を手で捉え、口をあんぐりといやらしく開けて、ペニスを呑み込んだ。ねちょ、にちや、ぬちゆと、亀頭から裏筋までねとつとした舌を這わせていく。唾液で肉棒がヌルヌル。は、??もう、射精させられて、女医さんにオチンチンの先っぽ擦られて、イッちやったから、これ以上しないでぇ!亀頭が変形するほど、沙貴の口で強く吸引された。しないでなんて、してと言ってるみたいだわ。

とろけるようなフェラチオだった

貢を揶揄したのは根本優子だった。彼女は可愛い顔に似合わずいやらしく言い立て、眼で犯してくる。射精直後で刺激に敏感になっていたから、吸われながら舌でねぶられると、快感が急激に昂進してきた。身米優子と万里は診察台の両側にしゃがんで、二人で貢の乳首をねちねちといじり始めた。肉棒はまたしても屹立状態だ。沙貴は前にも一度同じ状況だったが、この診察室を支配している志摩子がいないのをいいことに、ストッキングとショーツをせっかちに脱ぎ捨てると、勃起した貢の肉棒の上に堂々と跨がってきた。僕、まだしたことないから、ダメェ!貢のつぶらな二つの瞳には、騎乗位を取る沙貴の姿が映っていた。

拘束してやった

沙貴はオマンコにペニスの先端を宛がい腰をゆっくりと楽しむように落としてくる。貢と眼を合わせてニヤリと笑いはまぐり体重をかけて、ペニスを黒毛が生えた蛤の中へ深々と挿入させた。はあうっ、ぼ、僕のオチンチンが入ってるぅ。あうつ、ハ、ハメる理由なんてない!貢が蛤マンコの肉内部に埋まっていく自分の肉棒を見ながら哀鳴をしげ。ハメる理由は、本当に淋菌感染がないか、わたしが身を挺して試すためよ沙貴はあり得ないこじつけを言い、腰を上下動させていく。

    1. 乳首を軽く吸われても
    1. M字開脚をさせられているのだから
    1. 彼女の口腔にペニスをねじこみ

亀頭摩擦が開始された

挿入してガムテープで貼ってしまいました

それは上体を起こして股間に眼をやり優香さんのご主人さまが躊躇したのも当然でしょう。年の差があっても私の意志が変わらないことが分かって、それでようやくご主人さまに逢えたんです。逢ってみたら確かにオジサ。でし言ってた年齢よりはずっと若く見えて少しドキドキしました。。当日はSMどころかラブホテルに行くのも初めてだし、緊張のあまり死んじゃいそうでした!だからっていうワケじゃないんですが、私、ラブホに入って縄で縛られたら、あんまり嬉しくって笑っちゃつたんです。ご主人さまは苦笑いして。ほら、笑うんじゃない。ペニスの先っぽは優しくいじめられて奴隷ってそういうことなんだろ腰を引くと七重の口からペニスが抜け出て生々しく弾み

愛撫など到底不可能だ

肉棒を突っ込まれ

ってお尻を叩いてきたんですけど、もうニヤニヤして止まりませんでした。だってまだほとんど何もされてないのに、今までのセックスとは比べ物にならないくらい気持ち良くって、たけど、S男性が良く使う。マゾヒスト判別法。として。縛られた状態で手が熱くなるかどうかというのがあります。緊縛されて興奮するタイプの女性は、身体に縄をかけられただけで指先まで火照らせるのです。ご主人さまも優香さんが持つ、マゾ女性の素質にすぐ気がついたのでしょう。

数回の膣内射精で

実際そこから先はかなりのスピードで調教が進んでいったようでした。あとはもう電マもバイブも何をされても気持ち良い!って感じでした。おかしくなっちやうから止めてください!ってお願いしても、ご主人さまは。オマンコでイキます。って言えたら止めてあげるよ、って言いながら平然とバイブを動かし続けるんです。私の意志なんか完全無視で。あぁ、彼は本当にサディストなんだな。と思って嬉しかったです。

拘束された身体は微動だにしない

十八歳の若さで膣内でイキまくった優香さんを見て、ご主人さまは。十歳でそんなんじゃ、普通のセックスじゃ無理だな。と呟いたそうです。確かにオマンコでイケるようになるのは二十代後半になってから…という女性が圧倒的に多くティーンエイジヤーのうちから膣内イキできる女性は貴重です。そんな彼女を前にしてS男性がただバイブでイカせるだけで満足するはずもなく、優香さんは当然のように次なる調教を受けることになったのです。イキ狂っている最中に。優香はお尻の穴の処女を捧げます。
おチンチンをおマンちゃんに挿入する資格はなしよ

肛門の放射皺を丹念に舐め溶かしていく男は

って言わされて、携帯ムービーで撮影されたんです。さすがに。ヒドイッ!って思ったんですけど、この時はご主人さまが本気でした。お尻の穴に何かバイブみたいなものを入れて拡げられて、それからすぐにご主人さまが入ってきました。アナルセックスっていうものがあるのは知ってましたけど、あんな太いものが実際に入るなんて思わなくて…。いたんですけど…アナル初体験でイッちゃったんです…。

拘束された不自由な体を揺すりながら言った

でも…私、自分でも驚そういうと優香さんはさすがに恥ずかしそうに目を伏せて、もじもじと両手をこすりあわせました。けれども、おかげで私はようやくこのへんで彼女がSMモデルを志願してきた理由が読めてきました。お尻の穴を拡げられるのと、腸からアソコをこすられる感じが合わさるとギャーッてなるほど気持ち良くって。今までのセックスって、なんであんなにつまんなかったんだろう?っていうくらい、全然違ったんです。それで…その…ご主人さまは。

奥様は約束通り男性とセックスしませんでしたよ

拘束以外はなし

わたしを虜にする縄の感触。それだけが救いです。イッたんじゃない?わかりません。そんな気もしますが、満足感はありません。それぐらいでいいだろう。金男がやっとシェリーから電マを取り上げました。ぐちゃぐちゃね。外してみよう。と哲次が、やっと鍵を膣から突き出ている器具に差し込んでくれました。すーっと中の空気が抜けていきます。圧迫されていた腹部が楽になっていきます。
ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます

オナニーに耽るイケない手の動きもせわしなさを増して

お尻の器具からも空気が抜かれていきます。一緒に引き抜いてみようか。夫の言葉に驚きます。見ると、シェリーが性器側の器具を、います。ゆっくりやるんだ、こんな風に。夫がお尻の器具をつまみ上げて器具そのものを大きく回すように動かしながら、からみついた粘膜との間に隙間を作っていくのです。うわ、いやらしい!シェリーがうれしそうにいじっています。この異常な状況に、突然、わたしは殴られたような衝撃を受けて、気が遠くなっていきまし。

 

調教にも耐えられるよう努力致しますので

あなわみが感じてる!彼女の声が遠くなっていきます。ホントだ。これはすごいな。なにがどうすごいのかはわかりません。ほとんど気を失っている状態で、なにがなんだかわからないのです。死ぬんじゃないか。またしても、そんな強烈な快感。こんなことをしていたら、わたしは確実に体も脳も蝕まれていくのではないでしょうか。
最初から凄まじいピストンを繰り出した
オマンコつてうふっ

ああ細身ながらイボだらけのバイブレーターは

タオルを持ってきたよ。金男の声。彼らがわたしの体を拭いています。世話がやけるわね。よっぽど気持ちがよかったんだよ。と金男。しないと思うけどね。なわみは度外れた淫乱なのね。もっとも、普通の人はここまで快楽を求めたりなにかをいっぱい出してしまったらしいのです。ですが、体がホッとしてるということは、器具はすでに抜き取られたようです。ねえ、哲次さん。なわみの前でわたしを抱ける?シェリーの1YD葉に耳を疑いました。

違う男の射精を受け入れながら

どうして?夫の声が弱々しく聞こえます。だって、こんな風になっちゃつたら、もう奥さんとして失格でしょ?金男が。もちろん、なわみはもう妻としては考えられない。だけど、おれたちは子どもが欲しいんだよ。と言います。生ませるだけ?だったら、セックスなんていらないわよ。これほど不潔ななわみと哲次さんがセックスなんてしても楽しくないでしょ?
尻が降りてくるのを牧野は目の恥で捉える

くわえていられなくなるとペニスを舐めまわしながら感じ入ったような声を洩らしたりを


だけど、シェリーは子どもは作りたくないんだろう?わたしは当分、出産はしたくないし、もしかすると子どもにはあんまり興味がないかもしれないな!二人がわたしから見えない場所へ移動していくようで、声が遠ざかっていきます。じゃあ、こうすればいいだろう。と金男がなにかを彼らに言っています。それがいいわ!シェリーがうれしそうに言います。と甘えています。いいだろう。それから鼻にかかったように。ねえ、哲次さん。

あんな美しい人妻を抱けるきっかけを作っr亜希子さんに迷惑をかけたりしたら

まぁくんとえっちできない寂しさに大人のおもちゃでオナニーしてたんですよ

祐佐伯は白衣を脱ぎ捨てて下着姿になった洋子をソファに横たえるとそれなら初めからそんな演技をしてる。んだと自覚して、積極的に振る舞う方がずっと気楽でもありました。今日一日我慢すれば救われるんですし。教官室に入ると今日も菜穂さんが先に来ていました。でも他の男性の精子を浴びて解毒した彼女は、もう町田先生と嫌らしい行為に耽ってなどいません。私をイジめるためだけに、ここへ来てるんです。きっと彼女に蔑まれる事だろうと思いましたが、それはますます私の興奮を煽るだけ。亀頭摩擦が開始された赤目にガレージで処女膜を破壊されクリトリスがどんどん…

勃起しているクリちゃんがぐりっぐりつと転がされ

バイブをよじられ

自分から町田先生に向かって行った私は、思い切って口を開きました。お願いです、町田先生。く、ください。おしとやかな千寿先生がこれは又どんな風の吹き回しだ?ずいぶん積極的じゃない、千寿せんせぇ。うわ、何ソレ?実習生が厚化粧?あり得なーい。まあ、それだけ早く俺のチンポの虜になって来たと言う証拠だな。せんせ、こうゆう場合は物の言い方ってもんがあるんだよ。

体内に埋めこまれたバイブは

菜穂が教えたげるから、言ってごらんなさい。計算通り得意満面でホクホクえびす顔になった先生を見て、内心しめた。と思った私は、屈辱を噛み締めながら菜穂さんが言った言葉を口にしていきます。千寿は、チンポが大好きな、嫌らしい女の子です。どうか、町田先生の、お情けを下さい。よしよしいい子だ。ポをやるからケツを振ってオナニーするんだぞ一緒にイコウな、千寿。

男根を唇で磨くように

ありがとうございます。菜穂さん!千寿の嫌らしいお尻をぶって!せんせぇってそんなにどMだったんだ。もうビックリ。もちろん演技だったんですけど、先生の差し出す肉棒をくわえてしまうと脳髄までジーンと甘美に疼き、どうでも良くなっちゃいました。嫌らしく突き出して揺さぶり始めたタイトスカートのお尻を菜穂さんが思い切り叩き始めると、私はどんどん興奮してエクスタシーの階段を駆け上がっていきます。そして私がはしたなく極めてしまうのを見た先生がドッと吐き出した冷たい精液をゴクゴクと飲み下し、一滴もこぼすまいと後始末に精を出していると、安らかな至福感に包まれました。
乳首へのフェザータッチは

フェラをさせながら

--さっきの言葉、まんざら嘘じゃなかったかも淫らな私を演じるため菜穂さんに教えられた通り自らの意志で口に出した言葉でしたが、本当の自分を晒け出しているような気もしました。そのくらいお尻をぶたれて気をやり、先生のザーメンを飲むのが私の変態性欲を満足させ、魂が震える程の愉悦に包まれてしまったんです。でもそれは偽りの私。どれだけ淫らに振る舞い、狂ったような肉の歓びに打ち震えても、なお心の片隅では冷静にこの男へ反抗するスキを狙っている私も確かに存在しています。菜穂さんと言葉を交わしている町田先生のデレデレぶりは失笑ものでした。愚かにも私が心まで完全に屈服してしまったと思い込んでるんですから。

セックスされて歓んじゃうのよね

千寿せんせえ、堕ちるの早過ぎるんじゃない?菜穂はもっと抵抗した。そりゃ本命だからな。俺も張り切って調教してんだよ。昨日なんかケツから吹きまくりながら、俺のチンポをくわえ込んで離してくれなかったんだ。挙げ句にゃイキ過ぎて気絶しやがった。ふうん。やっぱ大人の女の人って、どスケベで嫌らしいんだね。ははは、図星だろう、千寿。冷たいザーメンを飲み終えた私は駄目押しのように言いますが、先生の体液を摂取する度に理性は溶け崩れ、もう演技なのか本心なのか区別が付きませんでした。はい、その通りです。千寿はどスケベでどMなの。

股間がヌルリとしている

オマンコから抜き取りまし

中出しさせてもらうよ:これだけの損害を掛けられた以打ちのめされた思いで、態に仰天することになる。足取りも重く、新しい職場に赴いた遠山は、そこで思いも掛けぬ事二十人余りの女子社員が働く庶務係の部屋昔からの顔馴染みだった資料課長に伴なわれて、へ入った時であった。正面の窓を背にした係長席に座っているのは、あの木下敬子ではないかカブールでの彼の秘書であり、地下組織に手引きして、彼を人質にした張本人である。しかも、実は、あの進藤茂子の妹で、姉と共に革命運動に加わっている筈の女だった。思わず目を疑ったが、彼女に間違いない。でも、こ。ペニスの胴で感二人はセックスの最中だった係長さんとの浮気セックスは

射精をした

お尻を使えるように拡げておいてくださいね

では君の上司になるんだ。驚いただろう。カブールで君の秘書だった木下君だ。から、そのつもりでな。資料課長は、彼を敬子に引き渡すと、また席に戻って行った。こちらへいらっしゃい。お前の仕事を説明するわ。敬子に”お前”と呼び掛けられ、遠山の胸にはグッと怒りが込み上げる。敬子は素知らぬ顔で、彼を隣の会議室に伴った。

セックスの快感を知っていると思い込んでいた

では、お前は私の部下なんだから私には敬語を使うのよ。敬子は、高圧的に命令した。何を言うんだ!君が進藤茂子の妹で、僕を地下組織に引き渡したことは、ちゃんと判ってい声を荒げて抗議した。ピシーッと敬子の平手打ちが彼の頬に炸裂する。遠山は、途端に、私、思わず吐気がしたわ。どお?懐しいだろう!お前は、もう人間じゃない。そのら送って来たビデオを見て、証拠に、ホラ、この臭い敬子は素早くパンティを脱ぎ、まるめて彼の顔に押し付けた。

下半身に顔を埋もう一度せかすと

ムッとする女の股間の臭いが、彼の脳裏にあの屈辱の記憶を呼び戻す。茫然として、我を失った遠山を見下ろして、敬子は勝誇って言葉を続けた。でも、それからね、来年になったら夫婦で帰国するから、また毎日奉仕させてやるって。の間に”やき”が戻らない様に、私につないどいて欲しいんですって。…フフフ、味か判る?どんな意フッ、姉さんと味を較べて御覧!ガンと頭を殴られた思いで、遠山は、ただうろたえるばかりである。
新庄は粘りを強めてきた膣口に人差し指と中指を並べて宛がうと

足首をそれ秋穂はいわゆるM字開脚のポーズで椅子の上に拘束されていた

結局、敬子の思惑通り、彼女の尻に敷かれる羽目になってしまった。茂子とそっくりの量感のあるヒップが、彼の顔面に据えられ、繁みを鼻に触れさせながら、口中に汚水が注ぎ込まれる。姉さんからお前に言付てよ。二度と食卓には上れない”ですって。”糞壷に浸った御飯茶碗は、お前のことね。さあ糞壷に戻りなさい!ウフフフ、敬子の汚水は、この一ヶ月、忘れていた屈辱の味を彼に思い起させ、再び、転落の道を歩み始めた己れの運命を、はっきり意識させたのだった。

セックスにだって興味があるに違いない

転落したエリート課長課長以上の幹部達が深刻な面持で朝沈欝な雰囲気に包まれた、こから延々と討議を続けている。商事の大会議室では、昼の休みを挟んで、それは、もう五時間にもなろうとしていた。昨日、突然にアメリカの有名な大手金融機関が、当のR商事の買収を発表したのだから無理もないそのニュースが事実であることを知って、一種のパ文字通り寝耳に水のR商事の幹部達は、ニックに陥入っていた。中規模の総合商社で、これ迄そこそこの業績を上げていたR商事の株を、このところ資金繰りに苦しんでいた大手株主の親銀行が、アメリカの取引先にこっそり売り渡したのが真相だっ企業の買収や統合が、日常茶飯事のこととして行なわれているアメリカと異り、では会社の乗っ取りはそう多くない。日本の企業しかも、外国の企業にテークオーバーされた例は稀だった。