調教する

人妻である恭子さんを屈服させようと

いじめることで興奮する人。いじめられることで興奮する人私、いじめられて興奮しているのかなあ。違うような気もします。ことや辛い目、汚い目にあって、炎が燃え上がる経験はしています。あれなのかな言葉を調べて、かえってわからなくなりました。体ひとつで来ればいい。と言われて、当日の早朝に男子校へ行くと、がいました。やっぱり。あんたがSM同好会?違うけど、こんなおもしろい話、滅多にないからね。
調教する

痴女に

E人は、なぜ私をやらないの?彼はニヤリを笑いました。なぜ、やってないって思うの?証拠はありません。二十四時間のとき最初は目隠ししていたから。だけど銀香さんとの会話とからすると、参加しているようには思えないのです。こっちだよ。文化祭の飾り付けでも、男子校はゴツイ。

 

エッチなお仕置きを施していると言う

電気自動車が展示され、ロケットだとか、鉄道模型とか。全体的に機械っぽい。吹奏楽とかダ部とか応援部みたいに日頃から女子校と関係している部活は柔らかいけど。それ以外は女を寄せ付けない雰囲気です。現代美術の部屋は、ちょっとしたお化け屋敷でした。暗幕で窓をふさぎ奇怪なオブジェや特殊メイクの道具、アート作品などが乱雑に展示されています。その暗幕の向こう側に行くと、また暗幕。つまり窓と暗幕の隙間のような空間がありました。
ペニスの茎を
乳首は直接見るよりも黒いシースルーブラに透けさせた方が猥褻だった

優香が腰を使わないうちからペニスが疼いてたまらなかった

ヘビメタとかハードロックを流してさ。そこに開人が加わり四人。あとから陸上部もSM同好会はわずか三人。三人ぐらい参加する予定だそうです。建設現場にあるようなパイプを組み合わ。これ開人の用意した通常では使わない体の線がはっきり鋼管とでも言うのでしょうか。やぐらせた櫓があって、それはなにかを支えるためのものかと思ったらがメインの舞台になるのさ。というのです。ジャージを脱ぐと、出る紺のブルマー白い体操着になりました。

下半身全体に甘く広がっていく

白いソックスは履かされます。菜津希をここに縛り付けるんだ。下着はつけていませんが陸上部にがっちりと腕を取られました。開人が笑いながら金属の輪のようなものを顔に押しつけてきます。口を開けて。ひどいことするの?大きな金属の輪を口の中へ入れてしまうと、しゃべることはできません。後頭部でベルトをぎゅっと締められてしまいます。
マニア画像~クリトリスを弄くるとずぶ濡れ~

恥知らずの大開脚で肛門をなめさせながら


顔が変形するほどきっく締められました。うるさいときはこれがある。と蓋があって、輪にはめこむと、完全に口が塞がれてしまいます。すごいぞ。と同好会も盛り上がっています。変態の文字はそのままに、真新しい首輪。より太男女子校生菜津希。い革で、鋲やD環がついています。それを締められると、たちが顔を押さえつけて、それを鼻に入れられました。あがぁぁ。次はフック。叫び声が間抜けです。

クリトリスのあたりを乱暴にこね回す

ペニスの胴の部分を強く握られている

オナニー動画を見られるのは他の生徒より何倍も辛い事でした
し肌寒さを感じて二の腕を擦り返した。美穂は急ぎ足で歩き続けながら、少。さすがに九月末ともなると、深夜は少し冷えるわね。ブルーのシャツに黒のミニスカートという軽装ではこの時期、た。美穂は上着を着てくれば良かったと少し後悔した。この時間帯はやや無理があっ街はいつもの喧騒が嘘のように静まりかえり、美穂の鳴らす靴音だけがやけに大きく響いていた。

奴隷となるよう契約を結んでから

街灯の淡い光が閑散とした街並みを寂しげに照らし出している。人気の無い街って、結構不気味ね。美穂はまるで時間が止まってしまったかのような街の様子に、何か胸騒ぎのようなものを覚えた。そう言えば駅前にあれだけいたタクシーさえ、一台も通りかからない。美穂はふと背後に何かの気配を感じて立ち止まった。後をゆっくり振り返ってみる。そこにはただ駅へと続く歩道が、街灯に照らされて真っ直ぐ伸びているだけだった。雩、気のせい、気のせい。

 

亀頭のあたりから

美穂が向き直り、再び歩き出そうとした時こ寺、プルルルルルプルルルルルすぐ横にあった電話ボックスの電話が鳴り出した。を振り返る。美穂は体をビクッとさせ、電話ボックスプルルルルルプルルルルル美穂は恐る恐る電話ボックスに近づいた。晧々と灯りの灯るボックスの中で、電話は鳴り続けている。美穂はあっけに取られて電話を見つめた。それはあまりに不思議な光景だった。間違い電話かしら…。そう思う一方で、スの中に入る。なんとなく自分あての電話のような気がした。

処女強奪の記憶がフラッシュバックした
美穂は扉を開けるとボックプルルルルルプルルルルル依然として鳴り続ける電話の受話器を美穂のほっそりとした指が持ち上げる。ガチャリフックが上がり、鳴り続けていたベルの音が止む。美穂は頭を振ってやや赤みがかったセミロングの髪を背中にどけると、ゆっくり受話器を耳に近づけた。も、もしもし。少し躊躇いがちに話しかける。相手は沈黙している。美穂が電話に出たので驚いているのだろうか。

 

ぷるんと大きく弾んでいきり勃った美和子は松尾のペニスに眼を奪われている

頭の中を訳も無く不吉な予感が走り抜ける。美穂は急に心臓の鼓動が速まるのを感じた。一瞬受話器を取るべきではなかったという後悔の念がよぎる。怖いおじさんとか、い屎いいるからね。男の言葉にいよいよ美穂の恐怖心は膨れ上がり、全身が震え出した。受話器を放り出し、今すぐに逃げ出したいと思うのだが、体が何か得体の知れない呪縛を受けたように竦んでしまい動き出せない。あ、あなたは誰?美穂は情けないほど震える声で男に訊いた。

レイプか

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます…あの…。再び話しかけようとした美穂の声を遮るように、お嬢さん。ひどく嗄。しわが。男の声が聞こえてきた。なった。男の声はそれほど不気味だった。美穂は驚いて受話器を取り落としそうにこんな夜更けに一人で出歩いてちゃ危ないよ。男の声はあまりにも擦れているため、若い声とも年老いた男の声とも判別がつかなかった。いや、それよりも自分の様子をどこかで見ているような口調が美穂には気になった。

柔らかくて綺麗なオッパイだ

おれは腹ごなしにピストン運動をしたいって言ってるだけだぜ

アナルを貫いた教頭先生も一緒に後ろから付いて来て
なので、貴女が残る三本の仕事をきちんとこなさなかった場合、貴女のママ友梨がまたされる。ことになってた電気チンポのおまんこ責めは、身代わりに貴女のかわいい妹さんが受ける。ということに決まったわ。ま、今のところの二本はよく頑張ったようだし、売上も上々らしいじゃない、えらいわね。三本目のビデオに向けてお尻の穴の開発も素直に受けてて、順調みた。いだしね。とげとげあのエレーナというロシア女が、実際に容赦なくあの針を出してさらにそこに電気を流せる。

私はコックの愛撫をくり返しながら彼のコックはより一層大きさを増して
という残酷で凶暴な擬似男根を、脅しではなく、実際に本当に使うのだということを梨乃と白分に見せたことで、梨乃の母親はその役目を果たし終えたということかステージママとして、娘をトップアイドルにまで育てあげたにも関わらず、夫に裏切られたったの三百円で売られたという哀れな女は、見せしめに使われた上に、どこか外国に性奴隷として売られてしまうのだという。梨乃が一瞬絶句してしまったのも、無理のない話だ。やや間があって、ようやく梨乃が。沙織様…。と、再び女の名を呼んだが、沙織は、無理よとばかりに首を横に振って見せただけだった。さて、感激のご対面と、事務連絡はそんなもんでいいかね。

股間をわたしの顔に押しつけてきました

五十嵐会長、今少しだけお待ちください。それには、乃里子が答える。みゆきさんが見ておけるうちに、そして奥様がお乱れにならないうちに、病棟のルールのお手本だけでも見ておいて貰ったほうが後々楽なのでもう少しだけお時間下さい。隣のアイドルさんにも一緒にやらせて会長のお目にもお楽しみいただきますし、なんならウォーミングアップをうちで一番若い杏奈の口を使っていただきながらで構いませんので、今少し時間を下さい。そしてこちら側に向き直った乃里子は。さ、二人とも、裸になりなさい。と、有香と梨乃に命ずる。有香もそして隣の梨乃もさっと反射的に立ち上がった。

射精の余韻を楽しんでいる家元に光太郎は何の愛撫もしていないのに同時にロングタンクトップの裾を手に持ち、一気に捲り上げて首から抜く。こういうことでグズグズして、余計な罰を貰っても仕方がないからだ。それもよ。乃里子が言ったのは、あら、なに生理なの。有香がパンティを着けていたからだ。ここでは入院着の下にパンティを着けられるのは生理の時だけなので、沙織がズバリ指摘したとて不思議でもなんでもなかった。今朝からね。でも旦那様がいらっしゃるというので、部屋はこのままにしたわ。

乳首が痺れ

この年上の女に対しても、乃里子の言葉遣いは特に変わらない。乃里子が部屋のことを口にしたのは、この病棟では生理の時は、生理の女だけが入れられる特別な病室があり、そこに移されることがあるためだ。既に有香も過去三回の生理の時に入れられたその部屋の管理者はあの恐ろしいエレーナだ。他の病室と違いベッドは1台もなく、その代わりにいわゆる婦人科の内診台のような台が五つ並んでいて、乗せられた女は常時開脚を強いられる。正面にはそれぞれビデオカメラと四十インチほどの液晶モニターがあり、通常は五台のカメラが撮っている映像が数秒ずつで切り替わり、自分の恥ずかしい姿も見なければならないし他の内診台の女の様子も見せられてしまう。

股間が黒々と屹立している

そしてこの部屋の廊下にも同じく五台のモニターがあり、それぞれの女の映像を映しだしており、有香も最初の時に先に入っていた女の様子をまず見せられていた。つまり廊下を通るだけで、中に何人の女が入れられているのかわかり、女として出来れば他人に見られたくない生理中の性器を顔や乳房と一緒に常時そのモニターに公開されてしまうわまた、普段有香たちの居る精神科病棟へはたとえ入院患者の直接の利害関係者といえども立入りは厳しく制限されているらしいのだが、この部屋は病棟へのゲートの外側に隣接して設置されているため、整形科病棟側からもこの部屋の前までは誰でも自由に来ることが出来る。見ず知らずのどんな男性に見られているかわかそのため、らないのだ。この部屋に入れられる時だけは、つまり、生理の女をわざわざ見世物にするための特別な病室。なのだった。しかも廊下で見るだけではなく、エレーナの許可さえあれば、誰でも独特の饐えた匂いのす。

    1. 肛門と一緒にヒクヒク動く粘液でヌルヌルに濡れた
    1. マン汁は垂らし放題で
    1. 愛撫に立ち向かわねばならなくなっていた

肛門や直腸がむず痒くなり

下着の替わりに止まったままの3匹の

射精を経験した貢にとっても屈辱感が大きかったかわいい健一君がどうなってもいいんすか?ホラシンジが立ち上がって私の方に向かい、見せて来たケイタイ画面に、私は強いショックを覚えました。それは健一が恐らく彼らのイジメを受け下半身を露出させられている酷い写真だったのです。な、な、何よ…。健一君は大人しそうなのに結構デカチンなんすよねえ…。それにムッツリスケベで、今日も健一君にAV鑑賞誘われたんっすよ。シコシコしちゃうと、すぐにドッピュンって出しちゃうんっすよね。肛門や直腸がむず痒くなり彼のパジャマと下着は脱がされチンポは着けてこっか

セックスの快感をじっくり楽しむことができた

ヴァギナも子宮も男のペニスもすべて1つに融合してしまうのではないかと心配になっ

ちょうど健一が学校のことを話したがらなくなった頃でした。こんな酷い性的なイジメを受けていたなんて夢にも思いませんでしたが、これでは誰にも話したがらないのも当然でしょう。私は思ってもみなかった種類のイジメを受けている健一の写真でパニックに陥ってしまい、逃げようと思っていた脚も止まって立ち竦んでいました。その時、シンジたちが襲い掛かって来たのです。やっちまいな!どうやら準備万端だったらしく、悲鳴を上げる暇もなく口に何かを詰め込まれ、床に押し倒された私は男の子3人掛かりであっと言う間に拘束されていました。

セックスが分かってくる

両手は後ろに回して手錠が掛けられ、口は丸い大きなボール状の物体で塞がれ、あっと思ったら首を強い力で引っ張り上げられまし。んっつつ。さあ、立った立った!何とまるで犬のような首輪が嵌められてチェーンで引っ張られたのです。あっと言う間の狼藉で、私は完全に狼狽し涙を流していました。もう気の強さなどどこかに吹き飛んでしまい、何をされるのかと言う恐怖で全身が慄えおののきました。そして気が付くと私は、部屋の入口の鴨居から首輪を吊られ、ブレザーの制服のまま立ち縛りになっていたのです。

私のお尻を円を描くように擦りながら

お姉ちゃん、結構いい体してるじゃねえっすか。俺、もうヤリてぇ!ぼ、ぼ、ぼくも…。弟の健一をイジメているらしい3人組の男の子たちにスキを突かれあっと言う間に後ろ手錠、口枷、首輪と言うおぞましいSM道具で立った。まま居間の入口に拘束されてしまった私は、彼らの目的が私の体であることを思い知らされ、必死で逃げようともがきました。何しろ私は大人びて見られますが、まだバージ。なのです。しかしこんなことに慣れているのか彼らの拘束は簡にして要を得ており、すでにどうにもならない状態でしところがリーダー格のシンジは、ように言ったのです。
股間のものが激しくズボンを突きあげてくる拒めないのだ

クンニのお返しをしたかったのかもしれない

興奮してはやる後の2人をたしなめる。慌てなくてもお姉ちゃんは。待て待て、そんなにガッツクもんじゃねえ。ちっとも動けやしねえよ。健一はどうする?仲間に入れちまうか。んーっっ!!恐らく私にえっちな悪戯を仕掛けようとしているシンジが、弟まで仲間に入れようかととんでもないことを言い出したので、私は言葉にならない呻きを口枷の下から洩らしました。冗談ではありません。そんなことをされるくらいなら、死んだ方がましでした。

セックスをするのよ

へえ、お姉ちゃん、弟とヤリたくねえっすか?んんっ!当たり前です。私は大きくガクガクとうなづいて見せました。けど健一の奴そろそろ帰って来るかも知れないよ。そんなっ!それまでにこんな酷いこと、やめて、お願い。お姉ちゃん、ぼろぼろ泣き出しちまったすよ。