調教する

人妻である恭子さんを屈服させようと

いじめることで興奮する人。いじめられることで興奮する人私、いじめられて興奮しているのかなあ。違うような気もします。ことや辛い目、汚い目にあって、炎が燃え上がる経験はしています。あれなのかな言葉を調べて、かえってわからなくなりました。体ひとつで来ればいい。と言われて、当日の早朝に男子校へ行くと、がいました。やっぱり。あんたがSM同好会?違うけど、こんなおもしろい話、滅多にないからね。
調教する

痴女に

E人は、なぜ私をやらないの?彼はニヤリを笑いました。なぜ、やってないって思うの?証拠はありません。二十四時間のとき最初は目隠ししていたから。だけど銀香さんとの会話とからすると、参加しているようには思えないのです。こっちだよ。文化祭の飾り付けでも、男子校はゴツイ。

 

エッチなお仕置きを施していると言う

電気自動車が展示され、ロケットだとか、鉄道模型とか。全体的に機械っぽい。吹奏楽とかダ部とか応援部みたいに日頃から女子校と関係している部活は柔らかいけど。それ以外は女を寄せ付けない雰囲気です。現代美術の部屋は、ちょっとしたお化け屋敷でした。暗幕で窓をふさぎ奇怪なオブジェや特殊メイクの道具、アート作品などが乱雑に展示されています。その暗幕の向こう側に行くと、また暗幕。つまり窓と暗幕の隙間のような空間がありました。
ペニスの茎を
乳首は直接見るよりも黒いシースルーブラに透けさせた方が猥褻だった

優香が腰を使わないうちからペニスが疼いてたまらなかった

ヘビメタとかハードロックを流してさ。そこに開人が加わり四人。あとから陸上部もSM同好会はわずか三人。三人ぐらい参加する予定だそうです。建設現場にあるようなパイプを組み合わ。これ開人の用意した通常では使わない体の線がはっきり鋼管とでも言うのでしょうか。やぐらせた櫓があって、それはなにかを支えるためのものかと思ったらがメインの舞台になるのさ。というのです。ジャージを脱ぐと、出る紺のブルマー白い体操着になりました。

下半身全体に甘く広がっていく

白いソックスは履かされます。菜津希をここに縛り付けるんだ。下着はつけていませんが陸上部にがっちりと腕を取られました。開人が笑いながら金属の輪のようなものを顔に押しつけてきます。口を開けて。ひどいことするの?大きな金属の輪を口の中へ入れてしまうと、しゃべることはできません。後頭部でベルトをぎゅっと締められてしまいます。
マニア画像~クリトリスを弄くるとずぶ濡れ~

恥知らずの大開脚で肛門をなめさせながら


顔が変形するほどきっく締められました。うるさいときはこれがある。と蓋があって、輪にはめこむと、完全に口が塞がれてしまいます。すごいぞ。と同好会も盛り上がっています。変態の文字はそのままに、真新しい首輪。より太男女子校生菜津希。い革で、鋲やD環がついています。それを締められると、たちが顔を押さえつけて、それを鼻に入れられました。あがぁぁ。次はフック。叫び声が間抜けです。

クリトリスのあたりを乱暴にこね回す

ペニスの胴の部分を強く握られている

オナニー動画を見られるのは他の生徒より何倍も辛い事でした
し肌寒さを感じて二の腕を擦り返した。美穂は急ぎ足で歩き続けながら、少。さすがに九月末ともなると、深夜は少し冷えるわね。ブルーのシャツに黒のミニスカートという軽装ではこの時期、た。美穂は上着を着てくれば良かったと少し後悔した。この時間帯はやや無理があっ街はいつもの喧騒が嘘のように静まりかえり、美穂の鳴らす靴音だけがやけに大きく響いていた。

奴隷となるよう契約を結んでから

街灯の淡い光が閑散とした街並みを寂しげに照らし出している。人気の無い街って、結構不気味ね。美穂はまるで時間が止まってしまったかのような街の様子に、何か胸騒ぎのようなものを覚えた。そう言えば駅前にあれだけいたタクシーさえ、一台も通りかからない。美穂はふと背後に何かの気配を感じて立ち止まった。後をゆっくり振り返ってみる。そこにはただ駅へと続く歩道が、街灯に照らされて真っ直ぐ伸びているだけだった。雩、気のせい、気のせい。

 

亀頭のあたりから

美穂が向き直り、再び歩き出そうとした時こ寺、プルルルルルプルルルルルすぐ横にあった電話ボックスの電話が鳴り出した。を振り返る。美穂は体をビクッとさせ、電話ボックスプルルルルルプルルルルル美穂は恐る恐る電話ボックスに近づいた。晧々と灯りの灯るボックスの中で、電話は鳴り続けている。美穂はあっけに取られて電話を見つめた。それはあまりに不思議な光景だった。間違い電話かしら…。そう思う一方で、スの中に入る。なんとなく自分あての電話のような気がした。

処女強奪の記憶がフラッシュバックした
美穂は扉を開けるとボックプルルルルルプルルルルル依然として鳴り続ける電話の受話器を美穂のほっそりとした指が持ち上げる。ガチャリフックが上がり、鳴り続けていたベルの音が止む。美穂は頭を振ってやや赤みがかったセミロングの髪を背中にどけると、ゆっくり受話器を耳に近づけた。も、もしもし。少し躊躇いがちに話しかける。相手は沈黙している。美穂が電話に出たので驚いているのだろうか。

 

ぷるんと大きく弾んでいきり勃った美和子は松尾のペニスに眼を奪われている

頭の中を訳も無く不吉な予感が走り抜ける。美穂は急に心臓の鼓動が速まるのを感じた。一瞬受話器を取るべきではなかったという後悔の念がよぎる。怖いおじさんとか、い屎いいるからね。男の言葉にいよいよ美穂の恐怖心は膨れ上がり、全身が震え出した。受話器を放り出し、今すぐに逃げ出したいと思うのだが、体が何か得体の知れない呪縛を受けたように竦んでしまい動き出せない。あ、あなたは誰?美穂は情けないほど震える声で男に訊いた。

レイプか

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます…あの…。再び話しかけようとした美穂の声を遮るように、お嬢さん。ひどく嗄。しわが。男の声が聞こえてきた。なった。男の声はそれほど不気味だった。美穂は驚いて受話器を取り落としそうにこんな夜更けに一人で出歩いてちゃ危ないよ。男の声はあまりにも擦れているため、若い声とも年老いた男の声とも判別がつかなかった。いや、それよりも自分の様子をどこかで見ているような口調が美穂には気になった。

柔らかくて綺麗なオッパイだ

おれは腹ごなしにピストン運動をしたいって言ってるだけだぜ

アナルを貫いた教頭先生も一緒に後ろから付いて来て
なので、貴女が残る三本の仕事をきちんとこなさなかった場合、貴女のママ友梨がまたされる。ことになってた電気チンポのおまんこ責めは、身代わりに貴女のかわいい妹さんが受ける。ということに決まったわ。ま、今のところの二本はよく頑張ったようだし、売上も上々らしいじゃない、えらいわね。三本目のビデオに向けてお尻の穴の開発も素直に受けてて、順調みた。いだしね。とげとげあのエレーナというロシア女が、実際に容赦なくあの針を出してさらにそこに電気を流せる。

私はコックの愛撫をくり返しながら彼のコックはより一層大きさを増して
という残酷で凶暴な擬似男根を、脅しではなく、実際に本当に使うのだということを梨乃と白分に見せたことで、梨乃の母親はその役目を果たし終えたということかステージママとして、娘をトップアイドルにまで育てあげたにも関わらず、夫に裏切られたったの三百円で売られたという哀れな女は、見せしめに使われた上に、どこか外国に性奴隷として売られてしまうのだという。梨乃が一瞬絶句してしまったのも、無理のない話だ。やや間があって、ようやく梨乃が。沙織様…。と、再び女の名を呼んだが、沙織は、無理よとばかりに首を横に振って見せただけだった。さて、感激のご対面と、事務連絡はそんなもんでいいかね。

股間をわたしの顔に押しつけてきました

五十嵐会長、今少しだけお待ちください。それには、乃里子が答える。みゆきさんが見ておけるうちに、そして奥様がお乱れにならないうちに、病棟のルールのお手本だけでも見ておいて貰ったほうが後々楽なのでもう少しだけお時間下さい。隣のアイドルさんにも一緒にやらせて会長のお目にもお楽しみいただきますし、なんならウォーミングアップをうちで一番若い杏奈の口を使っていただきながらで構いませんので、今少し時間を下さい。そしてこちら側に向き直った乃里子は。さ、二人とも、裸になりなさい。と、有香と梨乃に命ずる。有香もそして隣の梨乃もさっと反射的に立ち上がった。

射精の余韻を楽しんでいる家元に光太郎は何の愛撫もしていないのに同時にロングタンクトップの裾を手に持ち、一気に捲り上げて首から抜く。こういうことでグズグズして、余計な罰を貰っても仕方がないからだ。それもよ。乃里子が言ったのは、あら、なに生理なの。有香がパンティを着けていたからだ。ここでは入院着の下にパンティを着けられるのは生理の時だけなので、沙織がズバリ指摘したとて不思議でもなんでもなかった。今朝からね。でも旦那様がいらっしゃるというので、部屋はこのままにしたわ。

乳首が痺れ

この年上の女に対しても、乃里子の言葉遣いは特に変わらない。乃里子が部屋のことを口にしたのは、この病棟では生理の時は、生理の女だけが入れられる特別な病室があり、そこに移されることがあるためだ。既に有香も過去三回の生理の時に入れられたその部屋の管理者はあの恐ろしいエレーナだ。他の病室と違いベッドは1台もなく、その代わりにいわゆる婦人科の内診台のような台が五つ並んでいて、乗せられた女は常時開脚を強いられる。正面にはそれぞれビデオカメラと四十インチほどの液晶モニターがあり、通常は五台のカメラが撮っている映像が数秒ずつで切り替わり、自分の恥ずかしい姿も見なければならないし他の内診台の女の様子も見せられてしまう。

股間が黒々と屹立している

そしてこの部屋の廊下にも同じく五台のモニターがあり、それぞれの女の映像を映しだしており、有香も最初の時に先に入っていた女の様子をまず見せられていた。つまり廊下を通るだけで、中に何人の女が入れられているのかわかり、女として出来れば他人に見られたくない生理中の性器を顔や乳房と一緒に常時そのモニターに公開されてしまうわまた、普段有香たちの居る精神科病棟へはたとえ入院患者の直接の利害関係者といえども立入りは厳しく制限されているらしいのだが、この部屋は病棟へのゲートの外側に隣接して設置されているため、整形科病棟側からもこの部屋の前までは誰でも自由に来ることが出来る。見ず知らずのどんな男性に見られているかわかそのため、らないのだ。この部屋に入れられる時だけは、つまり、生理の女をわざわざ見世物にするための特別な病室。なのだった。しかも廊下で見るだけではなく、エレーナの許可さえあれば、誰でも独特の饐えた匂いのす。

    1. 肛門と一緒にヒクヒク動く粘液でヌルヌルに濡れた
    1. マン汁は垂らし放題で
    1. 愛撫に立ち向かわねばならなくなっていた

肛門や直腸がむず痒くなり

下着の替わりに止まったままの3匹の

射精を経験した貢にとっても屈辱感が大きかったかわいい健一君がどうなってもいいんすか?ホラシンジが立ち上がって私の方に向かい、見せて来たケイタイ画面に、私は強いショックを覚えました。それは健一が恐らく彼らのイジメを受け下半身を露出させられている酷い写真だったのです。な、な、何よ…。健一君は大人しそうなのに結構デカチンなんすよねえ…。それにムッツリスケベで、今日も健一君にAV鑑賞誘われたんっすよ。シコシコしちゃうと、すぐにドッピュンって出しちゃうんっすよね。肛門や直腸がむず痒くなり彼のパジャマと下着は脱がされチンポは着けてこっか

セックスの快感をじっくり楽しむことができた

ヴァギナも子宮も男のペニスもすべて1つに融合してしまうのではないかと心配になっ

ちょうど健一が学校のことを話したがらなくなった頃でした。こんな酷い性的なイジメを受けていたなんて夢にも思いませんでしたが、これでは誰にも話したがらないのも当然でしょう。私は思ってもみなかった種類のイジメを受けている健一の写真でパニックに陥ってしまい、逃げようと思っていた脚も止まって立ち竦んでいました。その時、シンジたちが襲い掛かって来たのです。やっちまいな!どうやら準備万端だったらしく、悲鳴を上げる暇もなく口に何かを詰め込まれ、床に押し倒された私は男の子3人掛かりであっと言う間に拘束されていました。

セックスが分かってくる

両手は後ろに回して手錠が掛けられ、口は丸い大きなボール状の物体で塞がれ、あっと思ったら首を強い力で引っ張り上げられまし。んっつつ。さあ、立った立った!何とまるで犬のような首輪が嵌められてチェーンで引っ張られたのです。あっと言う間の狼藉で、私は完全に狼狽し涙を流していました。もう気の強さなどどこかに吹き飛んでしまい、何をされるのかと言う恐怖で全身が慄えおののきました。そして気が付くと私は、部屋の入口の鴨居から首輪を吊られ、ブレザーの制服のまま立ち縛りになっていたのです。

私のお尻を円を描くように擦りながら

お姉ちゃん、結構いい体してるじゃねえっすか。俺、もうヤリてぇ!ぼ、ぼ、ぼくも…。弟の健一をイジメているらしい3人組の男の子たちにスキを突かれあっと言う間に後ろ手錠、口枷、首輪と言うおぞましいSM道具で立った。まま居間の入口に拘束されてしまった私は、彼らの目的が私の体であることを思い知らされ、必死で逃げようともがきました。何しろ私は大人びて見られますが、まだバージ。なのです。しかしこんなことに慣れているのか彼らの拘束は簡にして要を得ており、すでにどうにもならない状態でしところがリーダー格のシンジは、ように言ったのです。
股間のものが激しくズボンを突きあげてくる拒めないのだ

クンニのお返しをしたかったのかもしれない

興奮してはやる後の2人をたしなめる。慌てなくてもお姉ちゃんは。待て待て、そんなにガッツクもんじゃねえ。ちっとも動けやしねえよ。健一はどうする?仲間に入れちまうか。んーっっ!!恐らく私にえっちな悪戯を仕掛けようとしているシンジが、弟まで仲間に入れようかととんでもないことを言い出したので、私は言葉にならない呻きを口枷の下から洩らしました。冗談ではありません。そんなことをされるくらいなら、死んだ方がましでした。

セックスをするのよ

へえ、お姉ちゃん、弟とヤリたくねえっすか?んんっ!当たり前です。私は大きくガクガクとうなづいて見せました。けど健一の奴そろそろ帰って来るかも知れないよ。そんなっ!それまでにこんな酷いこと、やめて、お願い。お姉ちゃん、ぼろぼろ泣き出しちまったすよ。

調教に乗ることもあるが

尻を差し出す姿勢

三十万円と指定していた慰謝料の支払いがまだでは、立場上俺を拒否する事も出来まい。和室に通された俺に折りたたみ式の小テーブルを出して座らせた恭子さんは、しばらくお待ち下さい。と部屋を出て行く。どうやらじっくり話をする覚悟を決めたらしい。俺は外見こそみすぼらしいが、町内会長として隣人として彼女との信頼関係を築いて来たつもりなので、恭子さんもまだ安心している。事だろう。だがとうとうここで俺は隠していた調教師としての淫らな牙を剥き出し、彼女に襲い掛かるのである。
下着なんか着けられないわね

射精してやや硬直が弱った

もちろんいきなりレイプするわけではないが。この部屋、扇風機しかないんか。やっぱり亭主がアレではな恭子さんを待つしばらくの間、俺は持ち込んだアタッシュケースの中のいかがわしい物品を確認すると、かなり使い込んだ古い扇風機が回っている殺風景な部屋の中を見回し、客を通す部屋に空調設備がない事などから裕福な暮らしではない事を推察した。恭子さんはそれなりの収入がある。ナースだから、前回俺が提示した慰謝料の三十万円を払えぬ事はない筈だ。が、すぐには用意出来ないようであるし。彼女にとっては不幸な事だが俺はこの後の話がうまく運ぶに違いないと期待してしまう。粗茶でございます。ごゆっくりどうぞ。良い所の若奥様のような見事な礼儀正しさでお茶と菓子を運んで来た恭子さんを見て、俺は又少し胸の高鳴りを覚えた。

 

疼く子宮が

急に訪問したので、彼女も淡い色の薄手のシャツに黒いズボンと言うラフな格好だったが、バンと張った胸はこんな長身でスタイルの良い女性には不釣り合いなくらいの巨乳だ。背が低く貧相な体付きの俺は、こんな大柄で肉感的な女性がタイプなのである。いい女にムスコは正直、とは良く言ったもので、俺の股間はずっと痛いくらいの勃起を保っていた。今年はなかなか涼しゅうなりまへんなあ。そうですね。クーラーがなくて申し訳ありません。何、この方が体にええわ。
股間の臭いが
と紡ごうとしても下半身の戸惑いのせいで

尻には

そんな他愛のない言葉を交わしながら、俺はのんびりとお茶をすすった。熱過ぎずぬる過ぎず、ちょうど良い加減の温度で、出された甘い和菓子と一緒に口に入れると、幸せな気分になるくらい旨い。俺は夫の達也が帰って来るまで十二分に時間がある事がわかっていたので、実に麗しい茎の姿態をとっくりと鑑賞してドキドキしながら、茶のおかわりまでしてしまった。今日はそこまで行かないが、こんな素晴らしい美女を性調教出来るとは。アカンアカ。この立派な人婪を愛する夫から引き離す調教など悪魔の所業やで。

一気にいきり立っているコックを挿入しました

俺はボンに脅されて、泣く泣く仕事を請け負っただけや。あいつと同レベルになったら、神様のバチが当たるで俺は調教師だから、人間の下半身は人格とは別物だと、よくわかっている。俺に肉棒調教された女性が、心ではどんなに抵抗しても、快楽を刻み込まれた身体が男になびいてしまうのと同様に、男の俺も頭ではいかに許されない不道徳な事だとわかっていても、こんないい女に下半身は黙っていないのである。今披露された完璧な礼儀作法と言いお茶の入れ方と言い、恭子さんは彼女の上司である、旧家の血を継ぐ淑女久美を想起させる:い女。全く何でこんな女が、あんな駄目夫を選び所帯を構えているのか、守男ならずとも不思議である。だが、男女の仲に勘ぐりを入れるなど無粋の極みであるし、それで2人を別れさせても良い、などと自分勝手な守男の理論を是としてはならない。
チンチンをめちゃくちゃ感じさせる薬なんでしょう

あゆみのクリトリスも充血し


それは人の道を外れた考え方である。ところで、奥さん!今日参りましたのは、例の示談金の事ですのやが…。三十万円でしたら、必ず来週までには用意致します。もう少し待っては頂けませんか。いや、それが、誠に申し上げにくいのやが…三倉さんに山田さんが三十万円払う事を承諾された事を連絡した所、あのお母さんが火ぃ吹いて怒られましてな。ど、どう言う事でしょう?お母さんが言うには、三十万などと言う端金で示談に同意した覚えはない、三百万のつもりやった、と。

健太にすがりつくように尻を差し上げたまま一瞬驚きます

膣に指を入れて

ゆっくりと動いた味わってしまった肉棒をそれにしても何て気持ちいいんでしょう。アソコも、クリちゃんも、そして羞ずかしいアナルさえもが際限なく強烈な快楽を産み続け、私はあり得ないアクメの数を数えていました。何回イッテしまわれたのですか?とうとう私は気が狂っちゃつたみたいです。アイコさん、メールでなく生身の男性の声で。タクヤ様。の問い掛けが聞こえました。真っ昼間から家のリビングで全裸になり色きちがいのようにバイブを使ってイキ続けていた私は、なぜだか猛烈な羞恥に襲われながらうっすらと目を開け、そのえっ!?生々しい幻聴に答えていました。に、にじゅうよんかいですわ、タクヤさま…。オナニーで私が極めてしまうのを恐らく察知した先生が流れ生島がゆっくりとしたピストン運動を開始したお尻もご使用下さい

下着とパンストは脱ぐほかなく

下着の中に手を入れ

私の年齢と同じだわと下らない事を考えながら、人間業とは思われないアクメの回数を報告した私は、幻覚ではない本物の。タクヤ様。見つめていらっしゃるのを見てワッと泣き出してしまいました。が優しくそれは鍵の掛かった家に入って来る事の出来る唯一の人、タクヤ様。こと、私の最愛の主人だったのです。メールの時の、普段聞いた事もない丁寧な口調で。でもその格好はエリートサラリーマ。ではなく、むさ苦しい作業着の、いつもの仕事帰りの主人でした。

オナニーを認めるのか

あなた、ごめんなさい!泣きじゃくりながら必死で抱きついた私を、主人は何も言わずすぐに抱いてくれました。25回目の、始めて生身のおちんちんによるセックスは、サイズではかないませんでしたが、幸福感に満ち足りた、比較するのもおかしいくらい最高に気持ちの良いものでした。あなたあっついい、いい、気持ちいいのおつついっちゃう!いちゃうううつつつ!私はこれまで主人には見せた事のなかった、初めての素直な歓びを表しながらの絶頂を迎えると、もう離さないわ、とばかりに愛しいおちんちんを強く締め付けて、もっと、もっとおーとはしたなくおねだりしていました。するとこれまで性的には淡泊だとばかり思っていた主人も逞しいぺニスの力を発揮して、私を愛し続けてくれました。そろそろ子供達が帰って来るから…。そんな事を呟いた主人が、何度も私をイカせてくれたおちんちんからぷしゃあっ!と私の中にザーメ。

け入れるオーガズムを知っている女体として

をぶちまけてくれた時、私は30回目で最大の歓びに満ちたアクメに昇り詰めて、固く主人の背中に回した手でしがみっくと熱烈なディープキスを交わし、子供達の帰りを待つ支度をする。ため主人から離れる前に、こうつぶやいたのです。ね、ね、今晩また、えっちしよ。私の初めてのえっちなお誘いでしたが、主人はニッコリ笑ってくれまし姉ちゃんが叩いた。男の子のくせにメソメソするんじゃありません!えん、大樹!アンタももうすぐお兄ちゃんになるんだから…他愛もない姉弟のケンカでベソをかいてしまった泣き虫の大樹を叱りながら、私は乱暴者のお姉ちゃんをとっつかまえ、お尻をペンペソと叩いてお仕置きします。
真菜の子宮にダイレクトに届く気がする

バイブを支点にして

愛も、お姉ちゃんなんだから、叩いたりしないの!だって、大ちゃんが悪いんだもん…小学校から帰って来てさっそくケンカを始めた2人を、ヤレヤレと思いながらも幸せを感じていた私でしたが、しゃがみ込んでいました。次の瞬間、ウッとお腹を押さえて。大丈夫よ。ホラ、触ってごらん。赤ちゃんが足をバタバタさせたのよ。ホントだ。妊婦である私を気遣う愛に大きなお腹を触らせ、私は大ウソを付いていました。

光輝のお尻を広げ

赤ちゃんが原因ではないんです。主人に着けられた前後バイブ付き字ベルト形貞操帯の、アナルバイブが主人の持つ強力なリモコ。で激しく振動して来ちゃつたんです。あの日私達はお互いのすれ違いの性生活についてしっかり話し合いました。私は彼に嫌われないように、大人しく言われた通りのセックスしかしなかったんですけど、実は彼も同じだった。んです。外見と大違いで実は小心者の主人も、私に嫌われるのではないかと恐れて、通りいっぺんのセックスしか出来ず、でも本当はSMプレイに興味があって試してみたかったらしいんですね。ああっ!ママ…。元気な赤ちゃんだわ…今私のお尻の中で暴れているバイブは前と同じ太さのある、何と主人のおちんちんで型取りしたモノなんです。

アナルで絶頂を楽しむ事も出来るようになりましたが

調教をくわえているが

溶岩が溶けているかのように熱い子宮が激しい雨の中、ずぶ濡れになっていました。誰に見られたのかわかりません。そんな余裕はまるでなかった。のです。私が排泄させられた穴に連丘に戻り、再び下っていくと、彼らは毎日、れていきました。これがおまえのクソだぞ。強烈なニオイ。こんなところに出しやがって。すまないと思わないのかよ。ごめんなさい。とやっと言えました。少しは反省しろお尻を蹴られて、頭からその穴に落とされました。人妻の健全すぎるほどの股間を動かし押し黙ったまま指1本触れてくれない雅之さんに必死で置時計の針を放心した表情で眺めている佐伯に下半身を辱しめられてからというもの

挿入した

村上にセックスで支配されている女の証だった

ぐああ。なんていうこと。それほど大きくはないと思った穴ですが、かなり深く、頭からズッポリと汚物の中にはまってしまったのです。息ができません。目にも、鼻にも、口にも、耳にも入ってきます。助けて。殺される…。足を持たれて、引っ張りだされました。自分の汚物にまみれて死ぬなんて。むせています。死にそうです。てみじめで、悲しいの燃えているのがわかります。

クリトリスを摘まんだ指を微妙に慄わせて刺激を強めて来ると

まだ消えていないなんて。いいか。女子校生はこんなことはしてはいかんのだ。ふああ。反省します、だから許して。だめだ。態度が悪すぎる。その穴に正座しろ。いやああ。やらなければ、もう一度、頭から漬けるぞ。だめ、だめ、やります。反省します。なん下半身の炎がメラメラと。ああ、それなのに、反省しろ。自分からその穴に入りました。汚物がその分悲しいほど燃えている私。

ヌルヌルのローションみたいなやつだ

男たちが次々と私に向かっておしっこをします。そのまま放置されて、あふれて肩まできます。おーい、本当の便所だぜ。許して許して…。男たちは帰ってしまいました。激しい雨に打たれながら、すげぇな。あっちの沼へいけよ。いつになったら許されるの。暗くなっていおじさんたちがやってきて、と言いました。出て来い。あいつらはいないから。自分で這い出しました。
よく知っている妻のオーガズムの姿であり

オーガズムだ

う、おれたちの家の外を丘の上にもし誰かがいたらまだマシ。うわっ、くせぇー。ひでぇな、回れって。丸見えだったでしょう。汚物まみれの菜津希です。髪から顔から、体から、とにかく洗い流していきます。ブルーシートのない野原を這いずりました。雨で増えている沼の水はものすごく冷たくて、とんでもないことをしていたんだ、汚いのですが、爪の間れませんこの炎は消えないのだと。したという気持ちが大きくなっていきます。感触と思っていたのです。

調教師はふんふんとうなづきながら聞いていました

走りながらなびく髪もいいな、絶望的な気持ちという反省にはなりました。確信したのです。なにをされても、だけど、炎は消えないのです。これだけのことをして、されて。でももっと、口の中に残っている精液や汚物の味を確かめます。髪の毛は幼い頃から短くしていましたが、女子校生らしく長くしようかもうこれ以上のスゴイことをズンと全身に染みる。でも、伸ばすのはやめることにしました。すっかり暗くなるまで水を使って洗い続けましたが、落ちたかどうかはわかりません。

アソコの中に出されたら私はどこまで狂わされてしまうことでしょう

尻はその一番隅のを使うのよ

しかもお尻を刺激されてーしようとする自分の身体が信じられない言われたことを復唱させられるのではなく、本人が積極的に口にするよう仕向けるというか、そう命令しておくことが大事なのです。客席に向かって平然と説明しながらも瑞花はサーシャを追い詰める。さあ、イキなさい。失神しなさい。人間の男根が入るべきところに、それよりも何まわりも太いものがねじ込まれ出し入れされているため、そこも引き攣り、サーシャがイク瞬間本来は噴き上げたかもしれない大量の女の汁が、だらだらとその胴部を伝って溢れだしてきた。オ、オマ、ソコ、イグうっ!イク時には言えと命じられている言葉を三度目にして初めてその瞬間に口にしたサーシャは、次の瞬間にへなへなと力が抜け、自ら手にしてクリトリスを責めていたものを落とし、腰砕けに崩れ落ちた。おという声が客席のいたるところからあがり、増殖していく。下着なんか着けられないわね尻を叩かれながら繰り返し強烈な絶頂を味わわされるとアソコを

そうしてフェラされている間も

オナニーは11時間

ついで拍手が自然発生的に瑞花がそちらに向け頭を下げると、言いながら拍手をしている。隣に居たエレーナも。ブラボー。と数分後右側でその様子をさらにアップで映し出していたモニターが消え、ステージ全体の照明も落とされ、瑞花とエレーナの姿は暗闇に没し、スポットライトがふたつの白い肉塊だけを照らしたが、やがてその照明もゆっくリと照度が落とされていき、ステージは暗闇になった。バチーンツ。暗闇の中に突然響き渡った激しい音が、人間の体に炸裂した一本鞭の音だとわかったのは、リサと向井、それに客席のどこかに座っている香坂の三人だけだろうか。わざわざ興味を持ってこの招待にのこのことやってきているわけだから、他にも何人かはそういった経験があって、聞き分ける。ことが出来たかもしれないが。続けざまに鞭の音が炸裂し共鳴するのは、を示している。

膣襞を擦っていく

そこに二人の生贄が居ること事実、再び、ふたつの悲鳴が同時にあがっていた。上からの二本のスポットライトがロシア人姉妹をステージ中央に浮かび上がらせた。途端に、左右外側の暗闇から、赤と白の長い鞭がふたりの身体に巻き付くようにして打ち据えられ、激しい音をたてた後に再び暗闇へと引かれて妹のソフィアへの鞭の方が厳しいのか、痕は、あきらかに色が濃かった。白い身体に赤黒く残る数本の鞭鞭責めは間髪をいれず続くふたりとも手を頭し高く縛られ吊り上げられているため、まったくその凶暴な武器に白い身体を無防備に晒す以外、どうすることも出来ない。足も開かされ、足首に巻かれた縄で固定されているため、苦痛に身を捩ることさえままならないのだった。

勃起させた男子高校生3人から逃れる術はありません

やっぱり鞭は、一本鞭だのう。よじ小声で向井がリサに囁きつつ、ついに片手で乳房に触れてきた。リサが拒絶しないのを確認すると、すぐに大胆に手を上から差し入れてきて、ノーブラの膨らみを無遠慮に鷲掴みにしてくる。向井に直接触られるのは実はこれが初めてだ。手の早い男と言われていながら、会長の女であるリサにはこれまで慎重に接してきていた向井だったが、前のステージを一緒に見ていたことで生じたリサ自身の興奮を、インターバルの無言の空気のなかで悟られてしまったのかもしれない。激しい鞭責めが続くが、やはり責め手は暗闇の中だ。
もう一方の手は亀頭冠の下を掴み

片方の膝をついて一方の膝を立てた格好でペニスを手にした

一本鞭の長さがそれを可能にしているのだろう。短い鞭ならばスポットライトの影響で僅かでもその姿は確認出来るはずだが、本当に鞭を手にしているのが、瑞花とエレーナなのかもわからない状況だ。五十発ほどの連続の鞭の間、ふたりとも悲鳴をあげたのは最初だけで、あとはひたすら耐えていた。ふたりとも絶対に気を失っちゃダメよ。ようやく瑞花の声がスピーカーから聴こえる。ハンドセットのスイッチを入れたのだろう。打つ方も体力を使うのか、少々荒い息遣いもマイクは拾って客席に伝えてくる。

愛撫される愉悦はパンティの上からとは比べ物にならないくらい鮮烈だっ男の指が襞の間

エレーナがソフィアを照らす光の中に入ってきて、からふたつの乳房を揉みしだく。背中に回ると、後ろ先ほどまでと違い、エレーナも全裸になっていた。きょうじん軍隊に居たと言われるロシアの女サディストは、見るからに強靭そうな筋肉と、そしてやはり美しい乳房と引き締まっているが見事な盛り上がりの尻をしていた。客席からもその姿にまた拍手が起こる。シッシ。シタラ、マズハミギノチクビ、キリオトスネ。

これが初体験のフェラチオだったのだ

調教する前からとても礼儀正しく

部屋の中は佳代子の想像以上におどろおどろしい雰囲気を持っていた。部屋の中央にでんと据え付けられた、おそらくはそこに座らされた生贄の体をあますところなく開いて晒させるための毒々しいほどの赤い椅子。その前には大きな鏡滑車と鎖。壁につり下げられた手錠やリードのつけられた首輪。無数の洗濯ばさみ。そして数本の鞭と色とりどりの縄タクシーの中で性器を容赦なくまさぐられた余韻もあって、部屋の入口でぼんやりと立ちつくす佳代子に、紺野の厳しい声が飛んできた。なにしてるんだ、さっさと脱いで裸になるんだ。
ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

ツルツルのパイパンよりいやらしく見えるワレメはきれいだったが

女子高校生の頃から、何度他人にこの言葉を言われることを想像したことだろうマスターベーションをするたびに、様々な男女が佳代子に投げかけてきた言葉だ。それもほとんど毎日、会社という日常の中で顔を合わせ、して尊敬すらしている直属の上司である。もっとも信頼悦びが旋律のように足元から頭のてっぺんまで駆け抜けたが、口から出た言葉は少し違っていて、口にした途端自分でも驚いてしまった。ここでですか。あちらで、洗面所で脱いできます。ハッとして紺野をみつめる。了解しないでという懇願の目が、紺野に目の前で脱ぐのは許してという懇願に見えるのではないか、どこか冷静にそう思っている自分を意識して、そのことも佳代子を驚かせた。

 

セックスでも

経験あるのかないのか知らんけれど、新しい男にはじめて裸を見せる時ほどマゾにとって至福な時はなかろうよ。見ててもらえることをありがたいと思いながら、ぐずぐずしないでまっ裸になるんだ。検査というのは裸になるだけじゃ済まんのだから。そ紺野がふっと逸らせた視線の先にはあの赤い椅子があった。その通りだ。私は見て欲しい。脱ぐところを、できる限り不躾なサディストの冷たい視線で。そして脱いだ後の全てを。
アナル棒の抽送と抜去を鵜の目鷹の目で見られてしまった
全神経を射精のみに向けていたためか

普通のセックスじゃ満足できな身体をしてるんだ

ぶしつけ再び佳代子の体を電流が突き抜けた。ワンピースの後ろのファスナーに手をやった瞬間、心からうれしいと思えた。たったひと言だったが、この普段優しい上司の前で裸になるための、自らの行動を正当化してくれる言葉だった。脱がなくちゃいけない。スリップ心の中で何度もつぶやきながら、ワンピースを足元から抜き、を落とし、留め具をはずしてストッキ。グを巻き下ろした。彼の視線を体全体で受け止めながら脱いでいくこと、い快感だった。

いかにも女をレイプするという切迫感があって

胸、サイズは。八十九のEカップです。ブラ、さっさと取って見せてみろ。それ自体がもの凄手を後ろに回してホックをはずして、ご命令だから。と自分に言い聞かせて、手で隠したりをわざとせずに、さっとブラジャーを外して手を下におろして紺野を恐る恐る見た。紺野は目の前の小さなソファに腰をかけて、佳代子を少し見上げるような位置だ。なかなかいい形だ。もっと胸はってみろ、手を頭の後ろに回して組むんだ。
オナニーする彼氏の横で段々興奮してきて、ゆうちゃんの手が

体内に熱いザーメンが飛び散ったのをはっきりと感じていた


言われたとおりにする。佳代子の体に残っているのは、白のガーターべトと同じく白のレースのパンティだけだ。違う、こうだ。もっと肘を真横にシャンとしておっぱい突き出せ。一度立ち上がった紺野が、頭の後ろで組んだ腕の肘の部分をそれぞれ両手で掴んで、ピンと張らせた。紺野が命じた姿勢は、すものだった。普段は仕事上の上司である男に、完全に服従を示再び椅子についた紺野の視線が突き出したバストに刺さる。恥ずかしい。でも心の底の部分は確かな悦びに満たされていたし、それ以上に憧れていた男に、そしてサディストである男性に自分を見て貰うことの性的刺激は想像以上のものがあった。

気仕掛の肉棒に

肛門の受け入れ具合なども検査の対象です

両手でお尻を開きながら
そう思うと、急に感情が昂ってきた。もう、まどろっこしいことはやめて。でっちあげの検査だって分かってる。もん!思わず叫んでいた。貢が声を上げると、きな声で抗ったためか、志摩子たちは皆沈黙してしまった。さすがに気まずい空気が流れた。涙声混じりの大だが、志摩子は平静を装って、えー、これまでの検査の結果ですが、淋菌の感染はまだ確認されていませ今さら何を言い出すのか、淋疾の診断をひっくり返してしまった。やっぱり淋菌感染なんて嘘だったんだ!内心、貢は声を荒げる。

お尻か太腿に押そうということになっていたし
淋疾は嘘の診断だとずっと疑っていた。志摩子は事実上淋菌感染の診断を撤回したが、それは痴女集団による逆レイプのゴーサインでもあった。嘘なんて、何を馬鹿なこと言ってるの。確認されていないだけよ。高校生にもなってわがままはいい加減にすることね。志摩子はあくまで検査は偽ではないと強弁し、ずそそくさと診察室から出ていった。貢を叱ると、理由も言わ志摩子が出ていくと診察室に何か重しが取れたような雰囲気が生まれた。

緒方の肉棒は極限まで硬直していた

沙貴や学生は志摩子があくまで検査の口実を使う以上、それを意識せざる。を得ない。その志摩子がいないと、彼女らによって野放図にエロ行為が行われる危うさを貢は感じた。同時にそれが志摩子の狙いなのではないかとやがて肉棒の奥から快感が熾ってきた。催淫剤の強い効き目で勃起してくる。沙貴が貢の脚の方から診察台に上がってきた。黒縁眼鏡の眼でじっと肉棒を見つめて手を太腿に這わせ、濃厚に口紅を塗った淫らな唇を接近させ。

セックスしちやうなんて一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にしておちんぼ、どんな味かしらあむ、むむぅ…根元を手で捉え、口をあんぐりといやらしく開けて、ペニスを呑み込んだ。ねちょ、にちや、ぬちゆと、亀頭から裏筋までねとつとした舌を這わせていく。唾液で肉棒がヌルヌル。は、??もう、射精させられて、女医さんにオチンチンの先っぽ擦られて、イッちやったから、これ以上しないでぇ!亀頭が変形するほど、沙貴の口で強く吸引された。しないでなんて、してと言ってるみたいだわ。

とろけるようなフェラチオだった

貢を揶揄したのは根本優子だった。彼女は可愛い顔に似合わずいやらしく言い立て、眼で犯してくる。射精直後で刺激に敏感になっていたから、吸われながら舌でねぶられると、快感が急激に昂進してきた。身米優子と万里は診察台の両側にしゃがんで、二人で貢の乳首をねちねちといじり始めた。肉棒はまたしても屹立状態だ。沙貴は前にも一度同じ状況だったが、この診察室を支配している志摩子がいないのをいいことに、ストッキングとショーツをせっかちに脱ぎ捨てると、勃起した貢の肉棒の上に堂々と跨がってきた。僕、まだしたことないから、ダメェ!貢のつぶらな二つの瞳には、騎乗位を取る沙貴の姿が映っていた。

拘束してやった

沙貴はオマンコにペニスの先端を宛がい腰をゆっくりと楽しむように落としてくる。貢と眼を合わせてニヤリと笑いはまぐり体重をかけて、ペニスを黒毛が生えた蛤の中へ深々と挿入させた。はあうっ、ぼ、僕のオチンチンが入ってるぅ。あうつ、ハ、ハメる理由なんてない!貢が蛤マンコの肉内部に埋まっていく自分の肉棒を見ながら哀鳴をしげ。ハメる理由は、本当に淋菌感染がないか、わたしが身を挺して試すためよ沙貴はあり得ないこじつけを言い、腰を上下動させていく。

    1. 乳首を軽く吸われても
    1. M字開脚をさせられているのだから
    1. 彼女の口腔にペニスをねじこみ