処女ではなかったが

セックスをしていたのです

お尻の穴を舐め合った
重さだな。勝手なことを言わないで、うん?喜四郎の指が動いた。揉むのではなく、んんむぅぅ…。さらに繊細にブラウスの布の上から胸をさすって乳房の形状を測定するようになでまわされる。喜四郎に対する怒りと憎しみはおさまることなく、ふつふつと沸きあがりつづけていた。しかし心地よさを感じてしまう。ブラウスとブラジャを二枚重ねた上からなでられているのに、に伝わって、肌を気持ちよく刺激される。指や掌でさすられる感触が絶妙他人から愛撫というものを受けたことのない理紗には、未知の領域だっ。

下着はそのままつけているらしく

なに、この感じは!?変よ。変な感じがするわ!不可解な疑問が浮かぶとともに、喜四郎の両手がさわさわと動く軌跡をより鮮明に感じられる。指が動くたびに、胸の肌に新たな感覚器官が目覚めた。乳房の表面だけではない。何度もさすられるたびに、豊乳の中で小さな火がともったように、じんわりとバストの奥が熱を帯びてくる。痴漢教師の手から、自分の肉体を狂わせる恐ろしいなにかが放射されているようだ。

 

尻を丸出しにして見せる

んふっふううんっむくう…。唇の布の隙間からこぼれ落ちるうめきも、左右の乳房の火に焙られて、じっとりと熱を帯びてきた。ああいったい、いつまで、うう、こんなことをつづけるの。喜四郎の両手は、ブラウスの上でねっとりと這いまわるばかりだ。すぐにも裸に剥かれることを思えば、まだ今の状態のほうがましだが、不気味でしかたがない。でも、ああ。すっかり、ぼくの手で気持ちよくなっているな。

犯されたのはアナルではなかった
:どんどん、お、おかしくなってしまいそう…。無言で胸をなでさすることに専念していた喜四郎が、いきなり口を開い理紗は今までよりもいっそう強く、首を左右に振りたくる。んっーくんんっし。違うっ!違う違う!絶対に、気持ちよくなるはずがないわ!理紗の顔の動きに合わせて、ブラウスの左右の乳球も複雑に揺れ、郎の両手の中で弾んだ。そうするとまた新たな心地よい刺激が湧いて、理紗に望まぬうめき声を吐かせる。

 

子宮が疼くことになってしまうのも仕方のないことだ

なぜ、胸が熱いままなの?わたしの身体はどうなってしまったの?いよいよ、理紗先生のブラウスの中を見せてもらうよ。痴漢教師の顔が、まるではじめて女の服を脱がす若者のように輝く。指ブラウスのボタンがはずされていった。ブラウスが背中へ引きずり下ろされた。が蜘蛛の脚のように動くたびに、たちまちスーツの後を追って、んんんんんうつし薄いブラウス一枚を脱いだだけで、理紗の豊乳の迫力が格段に増した。

えみりんのもうぐるんぐるんと円を描くえみりんのお尻れないよ

オナニーなんかしなかった昔は存在することすら知らなかったオマメちゃんはんぬっ!んつんんん!むふうっ…。理紗先生は、気持ちよくなんかなってない、と言いたいんだろうけど、この大きな胸は気持ちよくて、たまらなくなってきているはずだ。教師が嘘をついてはいけないな普段の喜四郎が学園では見せない、教師が生徒に説教をするときのもっともらしい口説で語りかけ、両手をそっと胸から離した。んん…。乳房を解放されて、理紗は安堵の吐息を洩らす。しかし痴漢教師の手が離れても、バストの内側に点火された炎は、消えようとはしなかった。逆に、新たな刺激もないまま、妖しい炎の勢いが増していくのを感じて、理紗を困惑させる。

一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にして

フェラチオに対しては否定的な姿勢を見せていた

まだ一度も精液を洩らしたことのないペニスは発射待ちのロケットのようにピンと直立し
だから、少しくらいなら。少しくらいなら…。そら、もう口まででかかってる。ほら、言ってしまいなさい。本当の自分に戻るんだ。とっても気持ち良いんだよ、ほら、夢の中で、本当の自分に戻るんだよ。まるで、亜由美の心を見透かしたように、注ぎ込まれる言葉。亜由美は意識することができなくとも、緒方の指は自由に、動き回っている。

調教に着手した所なのだ
人妻らしくないピンクの乳首を時にコリコリと、時に掌で、薄くスリ上げ、さわさわと、形の良い乳房全体を、撫で上げるように絞っていく。手管を尽くした愛撫も、触られていることを意識できない亜由美にとっては。なぜか、身体の底から湧いてくる快感になる。乳首から電流のような甘やかな快感。ほら、亜由美。素直な、亜由美、淫らな亜由美。よくなるよ!本当の自分に戻るんだ、もっともっと気持ち背中を仰け反らす亜由美。

弾きでるように肉棒が露わになる

さわさわと、クリトリスの周りからの鋭い快感。だが、クリトリスそのものには、けっして触れてこないから、それは身体を突き抜けてはくれないのだ。出口がないまま、亜由美の子宮の中で、ただ暴れ回る快感のマグマは、ひたすらな焦燥感だ。けをもたらしている。ああ、ほしい。イキたい。夫一人しか、男を知らない貞淑な亜由美だって人妻だ。

してエオマンコ私にハードな調教は無理なのでちゃんと、性の味だって知っている。焦らしに焦らされれば、オーガズムを求めて当然なのだ。ああ、おねがい、イカせて。だめえ、エッチになっちゃだめぇ。さ、ね。ちょうだいって、ためらいは、しかし、まだあった。その時、僅かにかすめた乳首の先端への刺激が、また、亜由美を仰け反らす。-うん!その一声が、亜由美の口を突き動かしていた。

肛門鏡で開いた貢の洞穴を差して

ああ!ちょ、ちょうだい…ああ!亜由美のいけないおねだりの瞬間、ク0-0スにとうとう指が届いたのだ。亜由美の白い背中が、快感に大きなブリッジを描く。白い電流が、亜由美の子宮から脳に、突き抜けていた。うぅぅう!太い快感が、膣をかき分けてくる。焦らされた美肉がトロトロになって男を迎えて喜びの声を上げている。

調教師の質問に

はううう。白い背中が仰け反った。ああ、私、こんなことをおああ、だけどお、いい…信じられない快感だった。だが、相手はリキではない。ああ、だれえ?いったい、わたし、だれとぉ。良いんだよ。お前は夢の中で交わっているんだ。本当のお前に戻ったんだ、るんだよ。ほら、気持ち良いだろう?スケベな亜由美は気持ち良いはずだ。ああ、あ、だめえ、あ、あ、あ、だ、めぇ、ああ。

    1. 露呈しているクレバスの膣口のあたりが生々しく収縮しているのに沢崎は幸音の内腿に手
    1. アソコの中に仕込まれたイボイボのおちんちん型
    1. お尻を振りたくって悶絶しました

下着なんか着けられないわね

奴隷となって私の部屋に住むというか私の部屋で飼うといったことも可能です

エッチな女の子なんだから苦しさに離そうとしても強く髪の毛を掴んで許さない。息子の雄介の方がよほどかもしれない。四つん這いにされ、貫かれてしまうと。はぁああぃぃぃぃい気持ちいいと思わず声をあげてしまった。その時、玄関のチャイムが鳴った。はじかれたように悠子が起き上がりドアホンを。僕だよ。仕事の途中だけど、大事な書類を忘れた。開けてくれ。ついに与えられた村上の肉棒だった尻を再び剥き出しにするペニスを凝視したままの顔は欲情して強張っている感じだ

仰向けになった巨乳娘のアイマスクの下から

チンチンの犬真似をすると

急いでるんだ。悠子はうろたえた。全裸で、しかもたった今、雄介に貫かれていたばかり。震える手でブラやショーツを付けようとしたが、上手くホックが留まらない。上半身裸の雄介が玄関に走りドアを開けてしまった。浩介がほぼ全裸の妻の姿に目を見張る。息子の方も上半身裸だ。お…お前達いったい何してたんだ。違うの…これは…私が着替えしようとしてたら…急に雄介さんが降りてきて…。

コックを挿入しようとしました

へぇ、リビングで全裸で着替え?ずいぶん不自然なことするんだな。浩介の声は怒りで震えている。父さん、お察しの通り、悠子さんを抱いたばかりだ。そう言い放った雄介を怯えた顔で悠子は見て、浩介は開いた口が塞がらないようだっ。今までも、時々悠子さんを抱いてた。仕方ないだろ。ようと思ってたのに、父さんが奪ったんだ。僕も悠子さんが好きで、結婚し浩介は雄介を殴り倒し、悠子の頬を張り、階段を駆け上がって書類を手にすると。

挿入の様子を見ようとする

今は急いでる。帰ったら話し合おう。悠子は出て行くつもりで支度しておくんだな。雄介、お前の顔など見たくない。お前も出て行けそう言い捨て、出て行った。悠子は泣きじゃくり、雄介は殴られた痕を撫でながら、ある事を考えていた。悠子さん、泣かないで。おやじに離婚届突き付けてやれよ。これで一緒になれるじゃなしカ。そんなことできない…わたし…浩介さんを愛してるもの。
ファックをしようとしていることが分かりました

マンコだろう

僕のことは好きじゃないの?そうか…でも、僕は諦めない。必ず僕のものにするよ。その夜、浩介が帰宅する前に雄介は無理やり悠子を全裸にし、リビングの柱に縛りつけ足はM字に大きく開かせた状態で縛り上げ、口には厳重に猿轡をした。こんな姿に雄介の手でされ、怒り狂ってる夫の目に晒される事に怯えて抗ったが、雄介は強引で手荒だった。やがて浩介が帰宅して、妻の姿に絶句した。なんの真似だ。お前はまだ悠子にこんなことを…。父さん、まあ落ちついて僕の話を聞いてよ。解ってたんだよ。

10代ののころの肉欲だけをむさぼるセックスを

父さんの性癖、中学生の頃からね。悠子さんを手に入れて、プレイしてたことも知ってた。僕もしたくてたまらなかったのに、父さんが奪ったんだ。ほら見ろよ。悠子さん綺麗だろ。縛られると一段と綺麗になる。身体がピンクに染まって艶っぽくなる。もっと虐めてやりたくて仕方なくなる。父さんもそうだろ?俺もそうなんだ。父さんの子だもの。何、理屈捏ねてる。悠子は私の妻だ。

下着姿を披露している相手は男性だった

股間で急角度にそそり勃ったモノに燃えるような視線を送りキチンと頭を下げる

そのため左肩が肩甲骨全体と右の尻たぼは全くの。で残されていた。まと白い部分が大胆に残っていることで、後ろから見るとまるで高級な着物でも身に纏っている。かのような艶やかさだった。これはこれは、見事な仕上がりになったものだな。四つん這いの、左にいくつもの花、右は真っ白という尻が見事だ。見事過ぎるほどだ。あで隼人もしきりに感心している。
痴漢の指が的確に動かされるたびに

尻を着けて座りこみ

この四ヶ月でだいぶ痩せた割には、お尻は大きいままだし、四つん這い歩きを後ろから見た。なんともエロティックな眺めすぽ時に、その狭間で窄まったお尻の穴が見え隠れしてるのがまた、六--六そうなのだ。友梨の願いを聞いて最後に娘たちに会わせてやりたいという気持ちもあるにはあったが、むしろ会長にこの出来栄えを披露するに絶好の機会だと思って、乃里子と相談してセッティングしたのだ。尻たぼの白さを損なわないために、二ヶ月以上鞭打ちの刑も封印してきた。友梨は、開脚台に乗せられた自分の娘二人を含む四人の女達に見せつけるように、入口の反対の壁際まで麻衣に牽いて行かれ、そこでUターンをさせられ、再びこちら側に向かって歩かされてくると、乳首を残忍に引っ張るチェーンが、麻衣から三角木馬の前で待っていたエレナに引き継がれた。

 

すでに硬く勃起していた分身が

タチナサイ。アッチヲムイテ-四人の女達の方に顔を向けて直立するように命じられる。エレーナは、いつの間にか手にしていた赤い大型犬用の首輪を麻衣に手渡して友梨の首に巻かせると、手渡されたチェーンの先端を首輪の金具に取り付けた。じゃらりと音を立ててチェーンがちょうど友梨の股間のすぐ上で二つ折りになってぶら下がり、乳首の釣り針を今度は斜め下に無残にも引っ張る。それを一瞬だけ目で確認した友梨は、それでもすぐに再び顔をまっすぐにし正面を見て、時に手を頭の後ろで組む躾け通りのポーズになった。同まっすぐ前を向いてはいるが、木馬の両隣が懐かしくて可愛い自分の娘達が目に入るだろう。
調教に乗ることもあるが
熟女ですが

張り詰めた亀頭を舐め回し

娘たちは哀れにも、M字開脚を強いられ、露骨なまでにその性器を晒し、母親は奴隷のポズで正対している。同部屋で。していた姉の梨乃のはともかく、見るのは多分初めてだろう。妹の友乃の性器など年頃になって以降になんとも惨めな再会シーンではあるが、望んでいた友梨は急にこみ上げてきたか、した。こうなることはわかっていて、それでも会いたいと真っ直ぐ前を見据えた目からひと筋ふた筋と涙を零それを見て隣で乃里子が口唇を噛んでいる。運命とはいえ、マゾの女たちのなんと哀れなことか。

クリトリスだった

拾ってくれたのが隼人だか今頃はどこかに売られて惨自分とて、らよかったが、それがたまたまここのただの会員だったりしたら、めに暮らしていたかもしれないのだと、加奈は思う。それくらい日本人の奴隷妻や奴隷女は今や海外で需要があるのだ。四十歳くらいまでで容姿がある程度端麗であれば、あっという間に買い手がつく。まあそれも、真性のマゾである自分はきっと受け入れたことだろうと思いはするのだが。エレーナ、足上げさせて会長にアレもお見せして。
達也が軽いピストンを始めただけで

股間を撫でてきました


もらい泣きしそうになるのを何とか堪えて、買い手側の三つ目の要望を披露するように命じる。言われたエレーナは、横の方まで美しく花模様がいくつも描かれた尻の左側をバシンと平手で-き。コツチノアシ、タカクアゲテ、オマンコ、カイチョウニオミセ。友梨も、ステージママにはよくありがちな結婚するまでは自身もバレエを続けていたというパターンのため、今も脚を曲げずに高く上げられることがわかっているための命令だ。高く上げた足首をひと回り大きいエレーナが持つ。

オナニーなんかしなかった昔は存在することすら知らなかったオマメちゃんは

尻の穴もばっちり拡げられてるんだろ

拘束から解放された右胸は
ああ、嬉しいーザーメ。って本当はこんなあったかいのね町田先生の悪魔が出したような冷たい精液とはまるで感触が違いました。私は一度出して貰ってもなお正ちゃんにしがみ付き、柔らかくなってしまいそうなペニスとの合体を維持して余韻を楽しみます。千寿ちゃん。駄目えっ!いかないで、もっとちょうだい、もっとおし。でも、もう2回も出しちやったから、さすがに無理だよ。離れていこうとする正ちゃんにしがみ付き逃すまいとペニスを締め付けて。

股間の毛を剃られたり

もっともっと。とおねだりしてしまった私は、彼の言葉で恥ずかしくなっちゃいました。薬の効果で人間離れした回数の射精が可能な町田先生じゃないんです。普通の男性は限界があるんだと当たり前の事実を知らされた私はしかし、それでもしばらく正ちゃんとの繋がりを保とうと必死でした。正ちゃんはこんなはしたない私にヤレヤレと苦笑しながら抱いてくれてるんですけど、その時私は嫌らしい悪魔の囁きを聞いてしまいます。あんなに幸せな気持ちになって、中出し射精までされたのに、私の体全然満足していない!もっと欲しいの、正ちゃんお願いだけど仕事を果たした正ちゃんのペニスはどんどん萎れてしまい、私がいくらはしたなく繋がっていようとしてもポロリと出てしまいました。もっと欲しい。

 

拘束されていたのだ

と言う気持ちを殺して、彼と離れます。何度も極めた。挙げ句に失神までしてしまう町田先生との激し過ぎるセックスの後遺症なんだと思いました。さっきタップリ精子を膣内に浴びて、解毒された筈です。まともな女の子に戻るため、我慢しなくちゃいけません。こうして正ちゃんとの初体験、そして中出し射精を施して貰った私はとても満ち足りた気持ちで家路に付きました。

視線はあゆみのオマンコに...
もう町田先生に怯える事もなく、明日になったらあの男の処遇について正ちゃんに相談するつもりでした。初体験をすませた直後でしたから、今日あんな男の事を彼に相談す。るのはとても億劫だったんです。でもそれは大きな誤りでした。町田先生の事を相談するのが億劫だった。んじゃなく、本当はしたくても出来なかったんです。そして体のモヤモヤは解消されず、気が付けば私は寝床の中で指を使っていました。

 

もう一度優しくフェラをして

こんな夜中に非常識な電話はあの男からに違いありません。でも、もう操られる事のない私はこんな電話は無視する一手です。ところが。…もしもし。私の体が勝手に携帯を取り、解毒されてる筈なのに、口がそう話した時、私は愕然としました。1-1角どうして~でももう体の動きは止まりません。真夜中に声を潜めながら忌まわしい男と勝手に応答してる操り人形の私がいました。

苦悶のなかに陶酔の色が表われてきた上等兵が濡れたバイブレーターを抜き取った

クリトリスを晒リクエストに応えて美由紀が初めて正ちゃんに抱いてもらって精神的には満たされてるのに、体の方が肉欲に負けてしまうのはとても恥ずかしく、イケない事だと思いながらウトウトす。ると自然に指が胸と股間にいってしまうようでした。これは解毒されてもなお私の体に残る町田先生の悪影響でしょう。やはり一刻も早くあの男を警察に突き出し、私の目の前から去って貰わねばなりません。こうして夢うつつにどうしても指で秘所を弄ってしまう口惜しさにたゆたっていると、携帯電話の呼び出し。

下着のことをおききしているんです

羞恥にまみれたオナニーは

肉槍の攻撃を迎これが先ほどまで良妻賢母の顔をしていた人妻かと驚くほど
強烈な快感を生み出してくる。ている。ダイレクトに、和花の脳髄からふつふつと快感の泡が、煮え立ち、弾け、満たしてくる。たまらない。だめえ。巧妙な刺戟にあっけなく、和花の我慢ただでさえ、限界近くまでこらえている快感だった。は崩壊する。ああ、あうう、ああ、いい!高々とまっすぐ持ち上げた右脚を抱え込みながら、和花の唇からハッキリとした淫声が漏れ始める。指先が、クニュリとローターを弄び、引っ張り出しかけては、和花自身の締め付けで、奥へと戻る動きを、楽しんでいる。強烈な摩擦感が、和花の子宮を振るわせる。こうなってしまえば、快感に目覚めさせられた女体に、時間は、いくらもかからない。

充血したクリトリスはものすごく敏感になり当たるたびに
ああ、あうう、うぅぅ。嗚咽に近い淫声が広間に響き渡っていた。和花にすれば、半ば、苦しさから来るうめきも混ざっているのだが、誰もそうは受け止めな男達に取り囲まれ、好き放題に弄ばれながら、淫靡そのものの上げる声なのだから、当然のことかもしれない。和花は、湧き上がる快感に、もはや、戒めるべき余裕を無くしてしまった。バランスを取ることさえおぼつかないが、男達の手は、倒れることも、脚を降ろすことも許さない。さほど苦しい姿勢ではないが、オーガズムにまで逝けそうで逝けない中途半端な快楽の渦は苦痛を生み出す。

調教撮影の日時を決めるのです

ああ、いやあ、もうああ。和花は、また一つ、嗚咽を漏らしていた。その声は、快楽にとらわれた女の婬声そのものだと、夫の耳に届いていた。中央の喧噪を横目に、家元は、山鹿に忍び寄っている。そっと耳打ちした。先生、どうぞ、このあと…ニヤリと笑った山鹿は、そっと周りの様子をうかがう。注目は中央に集まっていた。亜由美、お前と遊ぶのはまた今度だ。

週に何回セックスしてるんだ気仕掛の肉棒にたっぷりとまた可愛がってやるからな。狒々爺とは、このことだろう、という好色な笑いを唇に乗せてから、隙を見て、スルスルと、広間から出て行った。ぽつんと取り残された亜由美に、家元は命じる。さ、あの横に行く。あ、ちょっと待って。全部脱いでからよ。ついさっきまで、山鹿の男根を喉の奥にまで受け入れていたのだ。口の端によだれの跡がぁる。それを、しかし、のでしかない。

下半身が勝手に疼きだしているしかも

家元は、袂から出した手巾で、さっと拭き取る。その仕草は、優しげだ。その優しさは、人へのものではない。子どもが見せる、飼い犬への優しさに近いもはかなさを感じさせる小さいアゴをくっとぬぐうと、家元は中央に向けて顎をしゃくるのだ。一度正座してから、しどけなく左側に足を崩して帯を解いていく。横にいるわずかばかりの男達も、その姿をチラチラと見ながら、にやついている。

それは覗き見たセックスがこれまで経験してきたセックスとはあ結婚して5年.....

そのくせ、そのニヤつく男は、別のオンナの尻を抱え腰を使っているのだ。尻を差し出しているそのオンナは、亜由美と同じ年だった。このオンナも、美しかった。さすがに、亜由美ほどの細く、プロポーションの良いオンナは少なかったが、それでも、駄な肉一つ無い、そのくせ男をそそる肉をたっぷり詰め込んで丸い尻は、抱えられたまま、ねうねと快感にうねっている。あん、あん、あんつん。無う尻を突かれる度に、短い声を上げながら、その美しい顔は快感にゆがむ。時折、開くその切れ長の目には、帯を解き、襦袢を外していく亜由美が映っているはずだった。

    1. 下着を脱いで差し出す中年女の悩ましさに俺は満足し
    1. 調教部の太さに驚かれながら
    1. ベッドの上の涼子の股間に顔をもとより女の局部を間近で見たこともない

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます

調教師としてのテクニックが最も発揮される所だ

あっという間に、そのまま二人がかりで床に取り押さえられたのだ。玄関の男達も、あっという間に加勢して、牧野は身動きもとれない。放せ、止めろ!後ろにギュッと固められた腕が、何かで縛められていく感触が伝わってくる。申し訳ない。少々、手荒になってしまいました。この結び目は、ゆっくりと、ほら、こを引っ張れば、ほどけます。
尻を振ることしか抵抗手段のないもどかしさ

オッパイは母ちゃんの方がでかい

この端っ指先に、ヒモが当たるような感触が一瞬。次の瞬間には、パッと取り除かれてしまう。あっ、こら、放せ!放せ!くそっ!落ち着いてください。端っこは落ち着けばすぐに見つけられます。ご主人が冷静になって、様の承諾が得られたら、こちらにご連絡ください。置いておきます。奥ダイニングテーブルに、家元が紙片を置いているのが見えた。それでは、手荒になってしまったご無礼の段、平にお詫びいたします。

 

調教師としての

それでは、また。後ろ手に縛られて、這いつくばったまま見上た牧野の目に映ったのは、ガチャリと閉まった。扉だけだった。なるほど、ちょっと冷静になれば、なんてことのない結び目だ。結んだ端を引っ張れば、ぐるぐる巻きになったロープはいともあっさりと解ける。しかし、そんな簡単なことに10分以上の時を過ごして、ようやく取り戻した自由だった。もちろん、家元達は、とっくに立ち去っているはずだ。
肉棒が抽送されるたび
尻から太腿にかけての一本鞭の痕と思しき薄い傷や

膣からどろどろに濡れた

それを追いかけるより、今は、まず妻だった。リビングの明かりが漏れて部屋の明かりは、天井の小さな豆球一つ。妻の白い顔を横から照らしていた。開け放したドアから、よく寝ている。叫ぶ必要もないのに、妻の名を口にしながら、妻の寝かされている部屋に飛び込んでいた。この腕で掻き抱きたい気持ちを懸命に抑えた。

先端はペニスのように少し膨らんでいます

白い頬が気のせいか、少しこけている。疲れたのか?すやすやと寝ているはずの妻の顔が、ひとつも安らいで見えない。呆然と妻の顔を見つめたまま、牧野はしばし動けなくなる。後悔と安堵。自然と目頭が熱くなっていた。ごめん。俺があの時。熱いものがポタポタと、自分の手に落ちている。ぬぐうこともできず、ごめんな、ごめんなと繰り返すことしかできぬまま、しばし、妻の顔ばかりを見つめていた。
愛撫してくれている間

二人はフェラチオだけでなく


しかし、牧野は不思議なことに気がついた。ときおり、妻の頬がゆがむのだ。苦悶の表情に見える。夢~~かすかに、顔が横に振られるのも、あるいは、夢の中の何事かを拒否している姿にも見える。がっくりと妻の布団の横に膝を突く。その膝が布団の端を踏んだのか、その拍子に妻の身体にかけられている布団が少しだけ動いた。チラリと白く覗いたのは、剥き出しの薄い肩。え?おい、まさか。気がついた時には、妻の布団をはぎ取っていた。

チンチンをめちゃくちゃ感じさせる薬なんでしょう

チンポをおっ勃てちまうとはな最愛の妻が寝取られる場面で興奮してしまい

尻を高く掲げ
いや、キャリアにとっては、ノンキャリの課長など、道具に過ぎない。己の意志を持って動き回る虫以下の、ハサミや鉛筆並みの、単なる。に過ぎない。だが、どれだけの巨悪であっても、いや、巨悪であるからこそ、己が身を振り返ることなく挑む魂は、誰にもつぶせはしない。やってやる。この決心は、若手の山口には、想像すらつかないだろう。部下だけで。と約束をした。それこそが山鹿の決済を通すトリック。部下だけ。

乳首を縛っている紐と結びつけた
と言えば、通常は捜査一課の直属の20人足らず。生活安全課の村上の部下を入れても、全部で30人にも満たないだろう。ふん、一寸の虫の魂を見て見ろよ。県警本部長の巨大な権力の前では一課長も虫ケラ以下。だが、その。は、捨て身だった。捜査課には3課まである。三つの課が合同捜査をする場合、管理官が指名されぬ限りは、第一課長が指揮を執るのが暗黙の了解だった。

アナル快感が交互に押し寄せて

その上、それぞれの課に臨時の助っ人を入れる編成にしてやれば、予備部隊まで入れて、優に100人体制がとれるのだ。その権限は、非公式ではあるが、非合法ではない。山鹿には、確かに。部下だけで。と約束した。そして、確かに、使うのは。部下だけ。なの横転して以来、中央にばかり目を向けた接待と派閥政治ばかりに気を遣うキャリアがこの不文律を知るわけはなかった。もちろん、そんなのはペテンに過ぎない。だが、石松は本気で、ペテンをやろうとしていた。

エッチなんて何も知りません尻を振ることしか抵抗手段のないもどかしさイチ課長は、断じて、単なる。捜査第一課の長。ではない。自他共に認める重犯罪捜査の総元締めなのだ。二課と三課の課長は、頭を下げる石松の決意に、心から従うと決めてくれていた。課長席に戻った石松は、決意を込めて、居並ぶ。達に宣言する。たった一言で、捜査課すべての人間が極度に緊張した。石松の声は、いつにない緊張感を漂わせている。

片桐が膣の中に指を捻じ込む

この瞬間から、石松の。ご苦労様でした。があるまで、一課の、いや、捜査課のすべての人間が、事実上、石松の指揮下になったのだ。既に居並ぶ全員に伝わっている。石松が、いつにない覚悟と決意を持っていることは、誰もが、息をするのも忘れて石松を見つめていた。石松は断固たる声で宣言した。大規模な抗争の恐れがある。ヤクとオンナが絡んでいる。もちろん、ウソだ。そして、課内の多くの者が、ウソだと、いや、その本当の目的を、うす。

尻の部分を食い破り

うすながらも知っていた。もちろん、石松が、そのウソを山鹿に通したことも、既に周知の事実だった。自分たちに分からぬ、よほどの事情があるに違いない。課員たちが見つめる石松の表情は、いつにもまして厳しいのが、その証拠だった。全ての人間が、緊張の面持ちになるのも当然だった。石松の言葉が続いている。全員、防刃衣着用のこと。

    1. レイプさせてそれをネタに未成年の娘を
    1. 股間を合体されてしまっていた
    1. 奴隷に落されたため

尻を松戸の足先へ向ける形で

チンポがヌルヌルして

このお姉様たちにおまえをみっちり調教してもらううおおおつ男が、彩子の中にザーメンをぶちまけた。ああ彩子のしなやかな身体が、官能に震える。すぐ続いて、別の男が彩子に埋め込んだ。わああ次々に肉棒を突っ込まれた彩子の身体は歓喜に包まれ、悦びに震え続けていた。イク!イク!美樹、イッちゃうー!右側では、美樹が両脚を持ち上げられて大きく開かされ、男たちに肉襞を掻き回されきれいな両脚を男の腰に巻きつけていた。イク!イク!イクぅぅう。ふたりの女捜査官は、男たちに何度も何度も蜜壷を貫かれ、肉襞を陵辱された。調教する調教時に戻って従順な姿を見せる麻里に安心した俺は射精されたらしい菜穂さんが名残惜しそうに離れて行くと

痴漢教師の手が離れても

クタクタになっていますお尻を上げようにも

ビクンビクンビクンビクン…。ああ嬌声が部屋にこだまし、魅力的なふたりの女の腰は休むことなく震え続けていた。転落した人質アフガンの冬は寒さが厳しく、山岳地域からかなり離れた、でも、三月までは雪に閉ざされている。都市周辺のなだらかな丘陵地帯幾つかの日本の商社が進出している、こアフガニスタンの首都カブールでは、規軍が撤退した後、新たな経済活動を期待して、人の動きが激しくなりつあった。ソ連の正雪解けが始まり、春の訪れが肌で感じられる様になると、ビジネス街も一斉に活気を帯びて来る。堰を切った様に人の往来が増え、先月、この地に支店長として赴任して来たばかりの商社マン、遠山一郎は、継ぎもそこそこに、このところ関係先への挨拶回りに忙殺されていた。

バイブをゆっくりと動かします

前任者との引き彼の勤務する商社は、日本では大手に続く中堅どころだが、昔からアフガニスタンの市場では、羊毛を主とした原材料を手広く取り扱っていて、日本より進出している現地会社の規模としては、カブールでナンバーワンの位置にある。しかし、ソ連軍の進駐以来、アフガン市民のレジスタンス運動が地下に潜り、山岳地帯を根城にしたゲリラ活動に発展すると、治安面での不安が拡がって、カブールでの民間外国人の数は激減した。最後まで残ったのが、仕事熱心な日本人だったわけだが、戦時体勢のもとでは居心地も悪く海外勤務がつきもの。商社マンにとっても、アフガン駐在は貧乏籖とされている。遠山一郎が、自ら進んでこの地に身を投じたのは、三十代の若さで支店長のポストを占める。

股間がこぼれ

魅力もあったが、昨年、妻を交通事故で亡くしたショックで、や捨鉢になっていたせいもオフィスのあるビルの屋上で一服しながら、から、明るい若い女の声が響いた。ぼんやりあたりの景色を眺めていた遠山の背後同じオフィスで、彼の秘書役を勤める木下敬子である。11年程前に、通訳として現地採用で入社した彼女は、今では、支店長秘書も兼ねていた。あの茂子そっくりだ。遠山の横に立って、子の面影を見ていた。新緑に目を馳せる敬子の横顔に、遠山は、かつての恋人であった進藤茂鼻筋の通った端正な顔立ちだが、潤んだ大きな目と、ぽってりとや厚めの赤い唇が男の官能をそそる。
バイブを動かしながら

挿入を必死で阻止したのです

形の良い胸が大きく息づき、がスカートを膨らませていた。くびれたウエストの下に、はち切れんばかりに発達したヒップ五年前、遠山が未だ新入社員だった頃、を専攻する女子大生だった。ふとしたことで知り合った進藤茂子は、ロシア文学熱烈な恋愛関係にあった二人の間を裂いたのは、当時、急速に過激化の度を加えていた学生運動だった。理想に燃える彼女は、反体制派の中心である革新グループに所属し、その頃、女ながらも既に左翼学生運動のリーダーの一人になっていた。当然、警察にも目を付けられる。遠山の再三の忠告にも耳を貸さず、茂子は次第に彼から遠ざかって行った。

最初こそ飢えた獣の眼で真菜の美乳を見つめていたクセに

支店長、ん様に今日は、建設局の幹部の方達と昼食の予定になっておりますので、お忘れになりませ。木下敬子の声に、五年前の想い出からハッと現実に戻った遠山は、黙って頷くと、背を返してオフィスに戻る。上着の裾を持ち上げ、折から一陣の強風が屋上に渦巻き、て、今迄の暖かいムードを吹き飛ばしゾクッとする不吉な冷たさを背中に送り込んだ。何とか官辺に、昼食は、いわばビジネスランチで、の一環でもある。最近の新倉庫の入札を認許して貰う工作無事、ランチを終えた遠山は、向かった。

巨乳ちゃんで

キスをつづけながら桃井が下着越しに股間をまさぐってきた

しかしこれにも、夫や、家に呼んだ客の小水も要求されたら飲むこと。との、おまけがついてしまったのです。まるで公衆便器ね。それじゃ、今迄、色んな人の小水を飲まされたでしょうね。啓子に頼み込んで、オーケーして貰った様です。そして、生理の汚れを口で受けるおぞましい作業は、麗花に舌奉仕中に生理になったから、ついでに吸わせてしまったと、麗葉ら事後承諾を求める形で啓子も了承し、以来、啓子自身も生理になると私の顔の上に座り込む様になりました。
34歳の熟女のものだそのヒップ

男根が母親有香の性器にずぶずぶと入っていく露骨な場面が映し出されていた

それより、長時間、小水よりもっと塩辛い味ですが、たまらない程生臭いんです。に敷かれ続けたり、首を股間に挟ほれつばなしになるので、みじめさは舌奉仕の時より強く感じます。二人同時に生理になったら、どうするんですの?幸か不幸か、二人とも時期がずれていて重なったことはありませんでした。続で使われたことがあり、1週間近くに及んだので顔に股擦れが出来る程でした。

 

股間がかっと熱くなった

顔を尻もっとも、連すから、朝、啓子は目覚めると、直ぐに私の顔に跨がります。て傍の壷をとって啓子の尻に当てがい、床に据えた壷が倒れない様に、支えます。して、彼女が用を足している間、私は彼女の足裏を舐め清めるのです。小水が終ると跡を舌で清め手でそ仰向けに寝たますると、壷の上に腰を下ろした啓子の足裏が、私の顔を踏み付けます。その後、啓子は褐色の糊で覆われた菊座が迫ってくるのです。
アナルで絶頂を楽しむ事も出来るようになりましたが
すぐにフェラチオを再開する

オマンコの割れ目を擦りつけようとしている

それを、貴方がペロペロとオーいやだ。気持悪いわぁ!最初は唇で糊を挟み込む様にして、吸いとって、それから舌を使うのです。奇麗になるとみ、腸壁まで清めさせます。ウワーッ、それ、アニリングって言うやつね。アニリングは舌奉仕の時に、やらされるもので、行為自体は同じですが目的が違います。でも、バックが感じる人なら、清めの時だって気持良くなるんじゃないの?上に長く、このアニリングまがいの行為を私に強制しました。

美枝がペニスから口を離し

その後、今度は、麗花さんの所へ行くのね。しゃがみ込み、私の目に軽蔑の視線を注いで辱めましたが、麗花は、逆に私の足の方を向いてしゃがみ、アヌスを私の鼻孔に当てがいながら飲ませるのです。じゃあ、アヌスの臭いを嗅ぎながら飲むわけね。どんな気持がするの?臭覚と味覚とを同時に辱められるのですから、刺激は強いのですが、啓子の時の様に、みじめな姿を女の軽蔑の視線に曝しながら飲まされるのも強烈で、時々、ペッと唾を何度も顔に吐き掛けられることもあって、めくるめく転落感で気が遠くなります。と言うことは、陶酔状態になるってことかしら?…屈辱の極に達すると、そんなものかしらですの?それはそうだけど、本当だと言う証拠は何も無いわけねだり、ウンコの付いたお尻を舐めたり出来るかしら?
調教に乗ることもあるが

ファックでもしたらよかったかしらノゾミは追い打ちをかけるような言葉を言いつつ


と言うことは、見ず知らずの私の小水を飲めるって言うの?そうです。必要なら、それ以上のこともします。こで録音テープのB面が終っている。その後、小泉佐知子の告白によれば、彼女は屋代澄夫なる老人を車椅子から降ろして床に寝かせ、その顔面に跨がったと言う。かなりの量の奔流を、老人は一滴も零さずに飲み干し、跡をその分厚い舌で舐め続けた。その余りの心地良さに、佐知子は、何時しか男の顔の上で尻を前後に揺すり、その巧みな舌奉仕を長時間にわたって満喫したのだった。