一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にして

フェラチオに対しては否定的な姿勢を見せていた

まだ一度も精液を洩らしたことのないペニスは発射待ちのロケットのようにピンと直立し
だから、少しくらいなら。少しくらいなら…。そら、もう口まででかかってる。ほら、言ってしまいなさい。本当の自分に戻るんだ。とっても気持ち良いんだよ、ほら、夢の中で、本当の自分に戻るんだよ。まるで、亜由美の心を見透かしたように、注ぎ込まれる言葉。亜由美は意識することができなくとも、緒方の指は自由に、動き回っている。

調教に着手した所なのだ
人妻らしくないピンクの乳首を時にコリコリと、時に掌で、薄くスリ上げ、さわさわと、形の良い乳房全体を、撫で上げるように絞っていく。手管を尽くした愛撫も、触られていることを意識できない亜由美にとっては。なぜか、身体の底から湧いてくる快感になる。乳首から電流のような甘やかな快感。ほら、亜由美。素直な、亜由美、淫らな亜由美。よくなるよ!本当の自分に戻るんだ、もっともっと気持ち背中を仰け反らす亜由美。

弾きでるように肉棒が露わになる

さわさわと、クリトリスの周りからの鋭い快感。だが、クリトリスそのものには、けっして触れてこないから、それは身体を突き抜けてはくれないのだ。出口がないまま、亜由美の子宮の中で、ただ暴れ回る快感のマグマは、ひたすらな焦燥感だ。けをもたらしている。ああ、ほしい。イキたい。夫一人しか、男を知らない貞淑な亜由美だって人妻だ。

してエオマンコ私にハードな調教は無理なのでちゃんと、性の味だって知っている。焦らしに焦らされれば、オーガズムを求めて当然なのだ。ああ、おねがい、イカせて。だめえ、エッチになっちゃだめぇ。さ、ね。ちょうだいって、ためらいは、しかし、まだあった。その時、僅かにかすめた乳首の先端への刺激が、また、亜由美を仰け反らす。-うん!その一声が、亜由美の口を突き動かしていた。

肛門鏡で開いた貢の洞穴を差して

ああ!ちょ、ちょうだい…ああ!亜由美のいけないおねだりの瞬間、ク0-0スにとうとう指が届いたのだ。亜由美の白い背中が、快感に大きなブリッジを描く。白い電流が、亜由美の子宮から脳に、突き抜けていた。うぅぅう!太い快感が、膣をかき分けてくる。焦らされた美肉がトロトロになって男を迎えて喜びの声を上げている。

調教師の質問に

はううう。白い背中が仰け反った。ああ、私、こんなことをおああ、だけどお、いい…信じられない快感だった。だが、相手はリキではない。ああ、だれえ?いったい、わたし、だれとぉ。良いんだよ。お前は夢の中で交わっているんだ。本当のお前に戻ったんだ、るんだよ。ほら、気持ち良いだろう?スケベな亜由美は気持ち良いはずだ。ああ、あ、だめえ、あ、あ、あ、だ、めぇ、ああ。

    1. 露呈しているクレバスの膣口のあたりが生々しく収縮しているのに沢崎は幸音の内腿に手
    1. アソコの中に仕込まれたイボイボのおちんちん型
    1. お尻を振りたくって悶絶しました

下着なんか着けられないわね

奴隷となって私の部屋に住むというか私の部屋で飼うといったことも可能です

エッチな女の子なんだから苦しさに離そうとしても強く髪の毛を掴んで許さない。息子の雄介の方がよほどかもしれない。四つん這いにされ、貫かれてしまうと。はぁああぃぃぃぃい気持ちいいと思わず声をあげてしまった。その時、玄関のチャイムが鳴った。はじかれたように悠子が起き上がりドアホンを。僕だよ。仕事の途中だけど、大事な書類を忘れた。開けてくれ。ついに与えられた村上の肉棒だった尻を再び剥き出しにするペニスを凝視したままの顔は欲情して強張っている感じだ

仰向けになった巨乳娘のアイマスクの下から

チンチンの犬真似をすると

急いでるんだ。悠子はうろたえた。全裸で、しかもたった今、雄介に貫かれていたばかり。震える手でブラやショーツを付けようとしたが、上手くホックが留まらない。上半身裸の雄介が玄関に走りドアを開けてしまった。浩介がほぼ全裸の妻の姿に目を見張る。息子の方も上半身裸だ。お…お前達いったい何してたんだ。違うの…これは…私が着替えしようとしてたら…急に雄介さんが降りてきて…。

コックを挿入しようとしました

へぇ、リビングで全裸で着替え?ずいぶん不自然なことするんだな。浩介の声は怒りで震えている。父さん、お察しの通り、悠子さんを抱いたばかりだ。そう言い放った雄介を怯えた顔で悠子は見て、浩介は開いた口が塞がらないようだっ。今までも、時々悠子さんを抱いてた。仕方ないだろ。ようと思ってたのに、父さんが奪ったんだ。僕も悠子さんが好きで、結婚し浩介は雄介を殴り倒し、悠子の頬を張り、階段を駆け上がって書類を手にすると。

挿入の様子を見ようとする

今は急いでる。帰ったら話し合おう。悠子は出て行くつもりで支度しておくんだな。雄介、お前の顔など見たくない。お前も出て行けそう言い捨て、出て行った。悠子は泣きじゃくり、雄介は殴られた痕を撫でながら、ある事を考えていた。悠子さん、泣かないで。おやじに離婚届突き付けてやれよ。これで一緒になれるじゃなしカ。そんなことできない…わたし…浩介さんを愛してるもの。
ファックをしようとしていることが分かりました

マンコだろう

僕のことは好きじゃないの?そうか…でも、僕は諦めない。必ず僕のものにするよ。その夜、浩介が帰宅する前に雄介は無理やり悠子を全裸にし、リビングの柱に縛りつけ足はM字に大きく開かせた状態で縛り上げ、口には厳重に猿轡をした。こんな姿に雄介の手でされ、怒り狂ってる夫の目に晒される事に怯えて抗ったが、雄介は強引で手荒だった。やがて浩介が帰宅して、妻の姿に絶句した。なんの真似だ。お前はまだ悠子にこんなことを…。父さん、まあ落ちついて僕の話を聞いてよ。解ってたんだよ。

10代ののころの肉欲だけをむさぼるセックスを

父さんの性癖、中学生の頃からね。悠子さんを手に入れて、プレイしてたことも知ってた。僕もしたくてたまらなかったのに、父さんが奪ったんだ。ほら見ろよ。悠子さん綺麗だろ。縛られると一段と綺麗になる。身体がピンクに染まって艶っぽくなる。もっと虐めてやりたくて仕方なくなる。父さんもそうだろ?俺もそうなんだ。父さんの子だもの。何、理屈捏ねてる。悠子は私の妻だ。