柔らかくて綺麗なオッパイだ

おれは腹ごなしにピストン運動をしたいって言ってるだけだぜ

アナルを貫いた教頭先生も一緒に後ろから付いて来て
なので、貴女が残る三本の仕事をきちんとこなさなかった場合、貴女のママ友梨がまたされる。ことになってた電気チンポのおまんこ責めは、身代わりに貴女のかわいい妹さんが受ける。ということに決まったわ。ま、今のところの二本はよく頑張ったようだし、売上も上々らしいじゃない、えらいわね。三本目のビデオに向けてお尻の穴の開発も素直に受けてて、順調みた。いだしね。とげとげあのエレーナというロシア女が、実際に容赦なくあの針を出してさらにそこに電気を流せる。

私はコックの愛撫をくり返しながら彼のコックはより一層大きさを増して
という残酷で凶暴な擬似男根を、脅しではなく、実際に本当に使うのだということを梨乃と白分に見せたことで、梨乃の母親はその役目を果たし終えたということかステージママとして、娘をトップアイドルにまで育てあげたにも関わらず、夫に裏切られたったの三百円で売られたという哀れな女は、見せしめに使われた上に、どこか外国に性奴隷として売られてしまうのだという。梨乃が一瞬絶句してしまったのも、無理のない話だ。やや間があって、ようやく梨乃が。沙織様…。と、再び女の名を呼んだが、沙織は、無理よとばかりに首を横に振って見せただけだった。さて、感激のご対面と、事務連絡はそんなもんでいいかね。

股間をわたしの顔に押しつけてきました

五十嵐会長、今少しだけお待ちください。それには、乃里子が答える。みゆきさんが見ておけるうちに、そして奥様がお乱れにならないうちに、病棟のルールのお手本だけでも見ておいて貰ったほうが後々楽なのでもう少しだけお時間下さい。隣のアイドルさんにも一緒にやらせて会長のお目にもお楽しみいただきますし、なんならウォーミングアップをうちで一番若い杏奈の口を使っていただきながらで構いませんので、今少し時間を下さい。そしてこちら側に向き直った乃里子は。さ、二人とも、裸になりなさい。と、有香と梨乃に命ずる。有香もそして隣の梨乃もさっと反射的に立ち上がった。

射精の余韻を楽しんでいる家元に光太郎は何の愛撫もしていないのに同時にロングタンクトップの裾を手に持ち、一気に捲り上げて首から抜く。こういうことでグズグズして、余計な罰を貰っても仕方がないからだ。それもよ。乃里子が言ったのは、あら、なに生理なの。有香がパンティを着けていたからだ。ここでは入院着の下にパンティを着けられるのは生理の時だけなので、沙織がズバリ指摘したとて不思議でもなんでもなかった。今朝からね。でも旦那様がいらっしゃるというので、部屋はこのままにしたわ。

乳首が痺れ

この年上の女に対しても、乃里子の言葉遣いは特に変わらない。乃里子が部屋のことを口にしたのは、この病棟では生理の時は、生理の女だけが入れられる特別な病室があり、そこに移されることがあるためだ。既に有香も過去三回の生理の時に入れられたその部屋の管理者はあの恐ろしいエレーナだ。他の病室と違いベッドは1台もなく、その代わりにいわゆる婦人科の内診台のような台が五つ並んでいて、乗せられた女は常時開脚を強いられる。正面にはそれぞれビデオカメラと四十インチほどの液晶モニターがあり、通常は五台のカメラが撮っている映像が数秒ずつで切り替わり、自分の恥ずかしい姿も見なければならないし他の内診台の女の様子も見せられてしまう。

股間が黒々と屹立している

そしてこの部屋の廊下にも同じく五台のモニターがあり、それぞれの女の映像を映しだしており、有香も最初の時に先に入っていた女の様子をまず見せられていた。つまり廊下を通るだけで、中に何人の女が入れられているのかわかり、女として出来れば他人に見られたくない生理中の性器を顔や乳房と一緒に常時そのモニターに公開されてしまうわまた、普段有香たちの居る精神科病棟へはたとえ入院患者の直接の利害関係者といえども立入りは厳しく制限されているらしいのだが、この部屋は病棟へのゲートの外側に隣接して設置されているため、整形科病棟側からもこの部屋の前までは誰でも自由に来ることが出来る。見ず知らずのどんな男性に見られているかわかそのため、らないのだ。この部屋に入れられる時だけは、つまり、生理の女をわざわざ見世物にするための特別な病室。なのだった。しかも廊下で見るだけではなく、エレーナの許可さえあれば、誰でも独特の饐えた匂いのす。

    1. 肛門と一緒にヒクヒク動く粘液でヌルヌルに濡れた
    1. マン汁は垂らし放題で
    1. 愛撫に立ち向かわねばならなくなっていた

肛門や直腸がむず痒くなり

下着の替わりに止まったままの3匹の

射精を経験した貢にとっても屈辱感が大きかったかわいい健一君がどうなってもいいんすか?ホラシンジが立ち上がって私の方に向かい、見せて来たケイタイ画面に、私は強いショックを覚えました。それは健一が恐らく彼らのイジメを受け下半身を露出させられている酷い写真だったのです。な、な、何よ…。健一君は大人しそうなのに結構デカチンなんすよねえ…。それにムッツリスケベで、今日も健一君にAV鑑賞誘われたんっすよ。シコシコしちゃうと、すぐにドッピュンって出しちゃうんっすよね。肛門や直腸がむず痒くなり彼のパジャマと下着は脱がされチンポは着けてこっか

セックスの快感をじっくり楽しむことができた

ヴァギナも子宮も男のペニスもすべて1つに融合してしまうのではないかと心配になっ

ちょうど健一が学校のことを話したがらなくなった頃でした。こんな酷い性的なイジメを受けていたなんて夢にも思いませんでしたが、これでは誰にも話したがらないのも当然でしょう。私は思ってもみなかった種類のイジメを受けている健一の写真でパニックに陥ってしまい、逃げようと思っていた脚も止まって立ち竦んでいました。その時、シンジたちが襲い掛かって来たのです。やっちまいな!どうやら準備万端だったらしく、悲鳴を上げる暇もなく口に何かを詰め込まれ、床に押し倒された私は男の子3人掛かりであっと言う間に拘束されていました。

セックスが分かってくる

両手は後ろに回して手錠が掛けられ、口は丸い大きなボール状の物体で塞がれ、あっと思ったら首を強い力で引っ張り上げられまし。んっつつ。さあ、立った立った!何とまるで犬のような首輪が嵌められてチェーンで引っ張られたのです。あっと言う間の狼藉で、私は完全に狼狽し涙を流していました。もう気の強さなどどこかに吹き飛んでしまい、何をされるのかと言う恐怖で全身が慄えおののきました。そして気が付くと私は、部屋の入口の鴨居から首輪を吊られ、ブレザーの制服のまま立ち縛りになっていたのです。

私のお尻を円を描くように擦りながら

お姉ちゃん、結構いい体してるじゃねえっすか。俺、もうヤリてぇ!ぼ、ぼ、ぼくも…。弟の健一をイジメているらしい3人組の男の子たちにスキを突かれあっと言う間に後ろ手錠、口枷、首輪と言うおぞましいSM道具で立った。まま居間の入口に拘束されてしまった私は、彼らの目的が私の体であることを思い知らされ、必死で逃げようともがきました。何しろ私は大人びて見られますが、まだバージ。なのです。しかしこんなことに慣れているのか彼らの拘束は簡にして要を得ており、すでにどうにもならない状態でしところがリーダー格のシンジは、ように言ったのです。
股間のものが激しくズボンを突きあげてくる拒めないのだ

クンニのお返しをしたかったのかもしれない

興奮してはやる後の2人をたしなめる。慌てなくてもお姉ちゃんは。待て待て、そんなにガッツクもんじゃねえ。ちっとも動けやしねえよ。健一はどうする?仲間に入れちまうか。んーっっ!!恐らく私にえっちな悪戯を仕掛けようとしているシンジが、弟まで仲間に入れようかととんでもないことを言い出したので、私は言葉にならない呻きを口枷の下から洩らしました。冗談ではありません。そんなことをされるくらいなら、死んだ方がましでした。

セックスをするのよ

へえ、お姉ちゃん、弟とヤリたくねえっすか?んんっ!当たり前です。私は大きくガクガクとうなづいて見せました。けど健一の奴そろそろ帰って来るかも知れないよ。そんなっ!それまでにこんな酷いこと、やめて、お願い。お姉ちゃん、ぼろぼろ泣き出しちまったすよ。

調教に乗ることもあるが

尻を差し出す姿勢

三十万円と指定していた慰謝料の支払いがまだでは、立場上俺を拒否する事も出来まい。和室に通された俺に折りたたみ式の小テーブルを出して座らせた恭子さんは、しばらくお待ち下さい。と部屋を出て行く。どうやらじっくり話をする覚悟を決めたらしい。俺は外見こそみすぼらしいが、町内会長として隣人として彼女との信頼関係を築いて来たつもりなので、恭子さんもまだ安心している。事だろう。だがとうとうここで俺は隠していた調教師としての淫らな牙を剥き出し、彼女に襲い掛かるのである。
下着なんか着けられないわね

射精してやや硬直が弱った

もちろんいきなりレイプするわけではないが。この部屋、扇風機しかないんか。やっぱり亭主がアレではな恭子さんを待つしばらくの間、俺は持ち込んだアタッシュケースの中のいかがわしい物品を確認すると、かなり使い込んだ古い扇風機が回っている殺風景な部屋の中を見回し、客を通す部屋に空調設備がない事などから裕福な暮らしではない事を推察した。恭子さんはそれなりの収入がある。ナースだから、前回俺が提示した慰謝料の三十万円を払えぬ事はない筈だ。が、すぐには用意出来ないようであるし。彼女にとっては不幸な事だが俺はこの後の話がうまく運ぶに違いないと期待してしまう。粗茶でございます。ごゆっくりどうぞ。良い所の若奥様のような見事な礼儀正しさでお茶と菓子を運んで来た恭子さんを見て、俺は又少し胸の高鳴りを覚えた。

 

疼く子宮が

急に訪問したので、彼女も淡い色の薄手のシャツに黒いズボンと言うラフな格好だったが、バンと張った胸はこんな長身でスタイルの良い女性には不釣り合いなくらいの巨乳だ。背が低く貧相な体付きの俺は、こんな大柄で肉感的な女性がタイプなのである。いい女にムスコは正直、とは良く言ったもので、俺の股間はずっと痛いくらいの勃起を保っていた。今年はなかなか涼しゅうなりまへんなあ。そうですね。クーラーがなくて申し訳ありません。何、この方が体にええわ。
股間の臭いが
と紡ごうとしても下半身の戸惑いのせいで

尻には

そんな他愛のない言葉を交わしながら、俺はのんびりとお茶をすすった。熱過ぎずぬる過ぎず、ちょうど良い加減の温度で、出された甘い和菓子と一緒に口に入れると、幸せな気分になるくらい旨い。俺は夫の達也が帰って来るまで十二分に時間がある事がわかっていたので、実に麗しい茎の姿態をとっくりと鑑賞してドキドキしながら、茶のおかわりまでしてしまった。今日はそこまで行かないが、こんな素晴らしい美女を性調教出来るとは。アカンアカ。この立派な人婪を愛する夫から引き離す調教など悪魔の所業やで。

一気にいきり立っているコックを挿入しました

俺はボンに脅されて、泣く泣く仕事を請け負っただけや。あいつと同レベルになったら、神様のバチが当たるで俺は調教師だから、人間の下半身は人格とは別物だと、よくわかっている。俺に肉棒調教された女性が、心ではどんなに抵抗しても、快楽を刻み込まれた身体が男になびいてしまうのと同様に、男の俺も頭ではいかに許されない不道徳な事だとわかっていても、こんないい女に下半身は黙っていないのである。今披露された完璧な礼儀作法と言いお茶の入れ方と言い、恭子さんは彼女の上司である、旧家の血を継ぐ淑女久美を想起させる:い女。全く何でこんな女が、あんな駄目夫を選び所帯を構えているのか、守男ならずとも不思議である。だが、男女の仲に勘ぐりを入れるなど無粋の極みであるし、それで2人を別れさせても良い、などと自分勝手な守男の理論を是としてはならない。
チンチンをめちゃくちゃ感じさせる薬なんでしょう

あゆみのクリトリスも充血し


それは人の道を外れた考え方である。ところで、奥さん!今日参りましたのは、例の示談金の事ですのやが…。三十万円でしたら、必ず来週までには用意致します。もう少し待っては頂けませんか。いや、それが、誠に申し上げにくいのやが…三倉さんに山田さんが三十万円払う事を承諾された事を連絡した所、あのお母さんが火ぃ吹いて怒られましてな。ど、どう言う事でしょう?お母さんが言うには、三十万などと言う端金で示談に同意した覚えはない、三百万のつもりやった、と。

健太にすがりつくように尻を差し上げたまま一瞬驚きます

膣に指を入れて

ゆっくりと動いた味わってしまった肉棒をそれにしても何て気持ちいいんでしょう。アソコも、クリちゃんも、そして羞ずかしいアナルさえもが際限なく強烈な快楽を産み続け、私はあり得ないアクメの数を数えていました。何回イッテしまわれたのですか?とうとう私は気が狂っちゃつたみたいです。アイコさん、メールでなく生身の男性の声で。タクヤ様。の問い掛けが聞こえました。真っ昼間から家のリビングで全裸になり色きちがいのようにバイブを使ってイキ続けていた私は、なぜだか猛烈な羞恥に襲われながらうっすらと目を開け、そのえっ!?生々しい幻聴に答えていました。に、にじゅうよんかいですわ、タクヤさま…。オナニーで私が極めてしまうのを恐らく察知した先生が流れ生島がゆっくりとしたピストン運動を開始したお尻もご使用下さい

下着とパンストは脱ぐほかなく

下着の中に手を入れ

私の年齢と同じだわと下らない事を考えながら、人間業とは思われないアクメの回数を報告した私は、幻覚ではない本物の。タクヤ様。見つめていらっしゃるのを見てワッと泣き出してしまいました。が優しくそれは鍵の掛かった家に入って来る事の出来る唯一の人、タクヤ様。こと、私の最愛の主人だったのです。メールの時の、普段聞いた事もない丁寧な口調で。でもその格好はエリートサラリーマ。ではなく、むさ苦しい作業着の、いつもの仕事帰りの主人でした。

オナニーを認めるのか

あなた、ごめんなさい!泣きじゃくりながら必死で抱きついた私を、主人は何も言わずすぐに抱いてくれました。25回目の、始めて生身のおちんちんによるセックスは、サイズではかないませんでしたが、幸福感に満ち足りた、比較するのもおかしいくらい最高に気持ちの良いものでした。あなたあっついい、いい、気持ちいいのおつついっちゃう!いちゃうううつつつ!私はこれまで主人には見せた事のなかった、初めての素直な歓びを表しながらの絶頂を迎えると、もう離さないわ、とばかりに愛しいおちんちんを強く締め付けて、もっと、もっとおーとはしたなくおねだりしていました。するとこれまで性的には淡泊だとばかり思っていた主人も逞しいぺニスの力を発揮して、私を愛し続けてくれました。そろそろ子供達が帰って来るから…。そんな事を呟いた主人が、何度も私をイカせてくれたおちんちんからぷしゃあっ!と私の中にザーメ。

け入れるオーガズムを知っている女体として

をぶちまけてくれた時、私は30回目で最大の歓びに満ちたアクメに昇り詰めて、固く主人の背中に回した手でしがみっくと熱烈なディープキスを交わし、子供達の帰りを待つ支度をする。ため主人から離れる前に、こうつぶやいたのです。ね、ね、今晩また、えっちしよ。私の初めてのえっちなお誘いでしたが、主人はニッコリ笑ってくれまし姉ちゃんが叩いた。男の子のくせにメソメソするんじゃありません!えん、大樹!アンタももうすぐお兄ちゃんになるんだから…他愛もない姉弟のケンカでベソをかいてしまった泣き虫の大樹を叱りながら、私は乱暴者のお姉ちゃんをとっつかまえ、お尻をペンペソと叩いてお仕置きします。
真菜の子宮にダイレクトに届く気がする

バイブを支点にして

愛も、お姉ちゃんなんだから、叩いたりしないの!だって、大ちゃんが悪いんだもん…小学校から帰って来てさっそくケンカを始めた2人を、ヤレヤレと思いながらも幸せを感じていた私でしたが、しゃがみ込んでいました。次の瞬間、ウッとお腹を押さえて。大丈夫よ。ホラ、触ってごらん。赤ちゃんが足をバタバタさせたのよ。ホントだ。妊婦である私を気遣う愛に大きなお腹を触らせ、私は大ウソを付いていました。

光輝のお尻を広げ

赤ちゃんが原因ではないんです。主人に着けられた前後バイブ付き字ベルト形貞操帯の、アナルバイブが主人の持つ強力なリモコ。で激しく振動して来ちゃつたんです。あの日私達はお互いのすれ違いの性生活についてしっかり話し合いました。私は彼に嫌われないように、大人しく言われた通りのセックスしかしなかったんですけど、実は彼も同じだった。んです。外見と大違いで実は小心者の主人も、私に嫌われるのではないかと恐れて、通りいっぺんのセックスしか出来ず、でも本当はSMプレイに興味があって試してみたかったらしいんですね。ああっ!ママ…。元気な赤ちゃんだわ…今私のお尻の中で暴れているバイブは前と同じ太さのある、何と主人のおちんちんで型取りしたモノなんです。

勃起する

乳首にむしゃ

たっぷりとオーガズムを教え込まれてから
局長の伊知地と亜希子があやしいと陰で言う者もいたが、二十も年が離れていてあまり本気にはされていなかった。局長と工務部長の仲が事業運営をめぐって険悪の度を加えるなかで漂いだしたものであり、局長をゆさぶる為にする噂として職員は首をすくめていた。セックスの感じからして亜希子には正常位で用心深くゆるゆると感触をたのしむ男の影があった。伊知地は事務系キャリアとしてA市の都市整備局総務部長から一年四ヶ月前に水道局長に昇格したもので、そのときの人事異動で総務課の情報管理をしていた亜希子を広報担当主査に抜擢した。抜擢人事は他にもあったが、広報経験のない亜希子がなにゆえ広報担当なのかといった声はくすぶっていた。

アソコを鎮めようとしているのだろう

しかし、亜希子の仕事ぶりがそうした声を掻き消した。水道局に来る前、亜希子は都市整備局の計画課にいた。当時、伊知地は計画課長として亜希子の上司であった。伊知地は計画課長から同局総務部長に昇格し、そして水道局長になっている。伊知地と関係があるとすればその計画課時代に生じたものではないか。

 

細かく感じ取ること彼女は亀頭のエラが秘肉を摩擦する様子や

そう考えると伊知地が亜希子のいる水道局に局長としてやってきたのはあながち偶然とは言えない。亜希子の肢体によって裕也は二人の出会いをさぐった。さぐるといっても単なる推測の域を出ないが、裕也は確信に近いものがあった。11イ、11肌が火照ると亜希子はその声を発したが、どこか抑制がきいていた。普通なら。いこと声をひくところを亜希子は。

大竹がゆっくりと彼女の股間に顔と手を近づけた
いいさと意識して言葉をかさねていた。口癖を抑える覚めた堅さがあった。なにかの拍子に亜希子の声が。とくずれかけたが、裕也は気づかぬふりをして行為をつづけた。伊知地と関係があったところで裕也はどうでもよかった。もしそうなら伊知地の目をかすめてその占有物の使用利益を得たものであり、伊知地への嫉妬よりもむしろ、その律儀なセックスを押しつぶしているようないびつな快感があった。若いわね。肌から離れると、亜希子はとろっとした顔でつぶやく。

 

尻穴のコブは一回り大きくなっていました

のが常であった。新聞に掲載すればその時点で秘密が解かれるため、秘事に対する認識が希薄のようだ。全国紙の記者同士が共同取材のあと、シティホテルの廊下などで誰と飲みに行っと辺りはばからず話しているところを裕也は何度となく目にしていた。亜希子が記者連中の誰かと関係を持てば耳に入らぬはずはない。亜希子から肌のよしみに乗じた依頼があるだろうと覚悟していたが、個別な話はなにもなかった。依頼があれば、それの見返りとして二人だけの時間が得られるかもといった淡い期待もあった。

過去経験したどのセックスよりも刺激があったと

痴漢の指が的確に動かされるたびに裕也は亜希子より六つ上の四十二であり、年上の男に言うような言葉ではなく、また節度をわきまえる亜希子らしくもないが、行為の余熱に浮かされてほろっとそれが口から出たもので、年齢ではなく行為の若さを指していた。亜希子の生の声を引きずり出したのかと思うと悪い気はしない亜希子は記者連中に。亜希ちゃん。と呼ばれていた。その気になれば相手に困らないはずなのに、よりによってウダツの上がらない業界紙記者の自分となぜ肌を合わせたのか裕也は妙な思いがしたが、亜希子の肌の感触が脳裡にひそみ、なにか通じ合っているような気分があった。他の記者にその感触を与えていても不思議はないが、その気配はなかった。記者に対し行政関係者は機嫌をとるように下手に出ることが多く、そのせいかざっくばらんで饒舌な記者気質が目立ち、いつまでも内緒事を抱えていられず、ぽろぽろとパン屑をこぼすように秘密をもらす。

最初から凄まじいピストンを繰り出した

一人で何人もの奴隷の面倒を見る

やっ、やめなさいっ!こうされるとどう?ひぃっ!乳首の先っぽをくすぐられた小川先生が髪を振り乱して頭を振った。浅川先生みたいによがっちゃっていいわよ。だっ、誰がっ!やめなさいっ!その間にも男子生徒たちが暴れる両脚を押さえ、下着を引き下ろしにかかっている。ほうら、マン毛が見えてきたぞ。真澄ちゃんより薄目だな。ちゃんと手入れしてるじゃんか。どんなマンしてる?-美由紀が恥部が剥き出しになる瞬間を見逃すまいと顔を近づけた。やっ、やめっああっ!下着を押さえようとする手が握ったり開いたり。
痴漢の指が的確に動かされるたびに

ペニスから熱い体液を飛び出させ

悪ガキたちの注目の中、恥毛に続いて陰裂が見えた。へぇ、しっかりワレメ閉じてるんだ。恥毛を美由紀にかき上げられて陰裂を晒された小川先生がんだ。どれ、股をおっぴろげてやろうぜ。と叫男子生徒二人が小川先生の足首をそれぞれつかんだ。下着を抜き取って無造作に投げ捨てる。やっ、やめて。しっかり抵抗しないと、マンコ晒されちやうよ。

 

女子高生だった頃

やめなさいっ!ああつし太腿に筋を浮かべて力を込める小川先生だが、男二人の力には太刀打ち出来ない。生木を裂くように脚が広がっていく。受け持ちクラスの生徒にまでイカされてしまった。悔しい。半分意識が飛んでいた真澄が頭を上げた。何だか足下が騒がしい。頭だけ持ち上げて音が聞こえる方向を見ると、脚を大きく広げられた小川先生の姿。剥き出しにされた女性器がひどく生々しく見えた。
股間が隠せぬまでも
彼も股間を突き出して男性器をぐいぐいと押しつけてきた

相手は人妻だぞ

小川先生まで…どうして。なんて奴らだと憤りを覚えつつも、目を離す事が出来ない。私が痴漢さえされなければ…。一番槍は誰だ。俺だよ、俺。がっつかなくても穴は逃げないわよ。真澄はぼう然と小川先生が犯される様子を眺めているしかなかった。男子生徒たちが次々に股間に身体を割り込ませては腰を振る。射精すると同時に、待ち構えていた次の男子生徒がせわしなく肉棒を突っ込む。

痴漢の標的にされてしまうんです

その繰り返しだった。体育倉庫の二階で見た輪姦現場と同じ眺め。美由紀が男子生徒の後ろにしゃがみ、結合部分を携帯で撮影していた。あの角度で撮られたら、膣穴に入れられている様子が丸見えだろう。真澄は自分の乳首がトクントクンと脈打っている事に気付いた。弄られてしまったクリトリスも同じだ。まだ濡れているのだろうかと股間に触れると、指先がヌルリと滑った。
ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

ペニス海綿体の中で最も鋭敏に感じる場所が


同時に思わず声が出そうになるほどの快感が走り、慌てて手を引っ込める。やめなさいっ…ううっ、あうっ。小川先生ってあまり悲鳴上げないのな。真澄ちゃんみたいにヒィヒィ悲鳴上げて、んだぜ。乳揺らしまくってくれてもいい失礼なガキどもだと思った。乳房揺れをからかわれるのは中学時代から慣れっこだけど、性器を弄られて大人しくしていられるはずがないではないか。

ペニスの先っぽは優しくいじめられて

子宮口を突かれる度に

受像機の画面を見たままそういって藤江の股間をまさぐってきた
口をへの字に曲げて、考える表情をした家元は、次の瞬間、顔を輝かせる。ふふふ、そうだ、イイコトがある。見てらっしゃい。ヒトを見下した、あの正義感ぶった、偉そうな顔を泣かせて見せてあげるから。家元は、卑劣な手立てを思いついたのだ。ちょっと、タクちゃん。あいつに、お香を使っておいて。て良いわ。さっそく。

処女を奪われたときは痛苦に泣きわめいたのに

もう、何も飲み食いさせてやらなく緒方は携帯を探しに出かけている。松本は、肩越しに命じられ通り、早速、部屋を出て行った。言われた通り、忠実に従うことを疑わない。アヘンを使うのは簡単だ。外から焚いてやれば、どんなに頑張っても、ずっと息を止めているわけにはいかないのだから。ふふふ、見てらっしゃい。あの世ってモンがもしあるなら、おもいっきりそこで悔しがるように、死なせて上げるから。

 

挿入されたり

画面から目を離さぬまま、部屋の隅にあったコーヒーメーカーからコーヒーを注ぐ。どの部屋にも、専用のカップが置いてあるのだ。端正な顔を歪めた。ロの中のものをゴクリと飲み下す。ダメじゃないのもう、ホント。やっぱり、タクちゃんに入れてもらわないと。女はダメよね。ちゃんと、コーヒー一つ入れられないんだから。

太くて長い肉棒を貪るように咥えてしごいたり舐めまわしたりしながら
もう苦笑いしながら見つめるモニターの中では、早くも、リキが異臭に気づいた様子だ。慌てたように、奥へと転がっていった。あら、鋭いわねでもダメよ。その狭さなら30分もあれば、良い夢を見れるからね。そして、目ざめた時にはカップに口を付けかけて、苦笑いをして、机に置いた。悪夢の中にいてもらうわ。酷薄な笑い、というものがこの世に存在するのなら、この時の家元の表情がそうであったに違いなかった。うん、あ息苦しさに気がついた時には、首にロープを巻き付いていた。

 

欲望の解消だけのセックスには

立ち上がった分だけ、ロープは緩む。その分だけ動きは自由になったが、壁に届くのは不可能だ。リキは、足先だけでも届かないかと、懸命に足を伸ばす。ガチャ。お目覚めのようね。リキが目ざめるのを見張っていたのだろう。家元達が入ってくる。せめて一蹴り、首にロープが掛かっていてもなおかつ、リキの攻撃精神は失われてない。でも言うかのごとく、蹴り出した脚も、首が絞められて届かなかった。

それはまさに四十しごろの女そのものだったいくら勃ちが悪くなったペニスとはいっても

オナニーで私が極めてしまうのを恐らく察知した先生が天井からつり下げられたままローブはピーンと張っている。後ろ手錠では、それを外す術はない。なんだ?どうなってる?まだ殺されては、ないか?壁に取り付けられたリング首を回して確認した。首のロープは、に結ばれていた。どういうつもりだ?天井のフックを経由して、もはや、自分が殺されることはかまわなかった。ただ一つ、諦めることだけはするまいと決めていた。

一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にして

フェラチオに対しては否定的な姿勢を見せていた

まだ一度も精液を洩らしたことのないペニスは発射待ちのロケットのようにピンと直立し
だから、少しくらいなら。少しくらいなら…。そら、もう口まででかかってる。ほら、言ってしまいなさい。本当の自分に戻るんだ。とっても気持ち良いんだよ、ほら、夢の中で、本当の自分に戻るんだよ。まるで、亜由美の心を見透かしたように、注ぎ込まれる言葉。亜由美は意識することができなくとも、緒方の指は自由に、動き回っている。

調教に着手した所なのだ
人妻らしくないピンクの乳首を時にコリコリと、時に掌で、薄くスリ上げ、さわさわと、形の良い乳房全体を、撫で上げるように絞っていく。手管を尽くした愛撫も、触られていることを意識できない亜由美にとっては。なぜか、身体の底から湧いてくる快感になる。乳首から電流のような甘やかな快感。ほら、亜由美。素直な、亜由美、淫らな亜由美。よくなるよ!本当の自分に戻るんだ、もっともっと気持ち背中を仰け反らす亜由美。

弾きでるように肉棒が露わになる

さわさわと、クリトリスの周りからの鋭い快感。だが、クリトリスそのものには、けっして触れてこないから、それは身体を突き抜けてはくれないのだ。出口がないまま、亜由美の子宮の中で、ただ暴れ回る快感のマグマは、ひたすらな焦燥感だ。けをもたらしている。ああ、ほしい。イキたい。夫一人しか、男を知らない貞淑な亜由美だって人妻だ。

してエオマンコ私にハードな調教は無理なのでちゃんと、性の味だって知っている。焦らしに焦らされれば、オーガズムを求めて当然なのだ。ああ、おねがい、イカせて。だめえ、エッチになっちゃだめぇ。さ、ね。ちょうだいって、ためらいは、しかし、まだあった。その時、僅かにかすめた乳首の先端への刺激が、また、亜由美を仰け反らす。-うん!その一声が、亜由美の口を突き動かしていた。

肛門鏡で開いた貢の洞穴を差して

ああ!ちょ、ちょうだい…ああ!亜由美のいけないおねだりの瞬間、ク0-0スにとうとう指が届いたのだ。亜由美の白い背中が、快感に大きなブリッジを描く。白い電流が、亜由美の子宮から脳に、突き抜けていた。うぅぅう!太い快感が、膣をかき分けてくる。焦らされた美肉がトロトロになって男を迎えて喜びの声を上げている。

調教師の質問に

はううう。白い背中が仰け反った。ああ、私、こんなことをおああ、だけどお、いい…信じられない快感だった。だが、相手はリキではない。ああ、だれえ?いったい、わたし、だれとぉ。良いんだよ。お前は夢の中で交わっているんだ。本当のお前に戻ったんだ、るんだよ。ほら、気持ち良いだろう?スケベな亜由美は気持ち良いはずだ。ああ、あ、だめえ、あ、あ、あ、だ、めぇ、ああ。

    1. 露呈しているクレバスの膣口のあたりが生々しく収縮しているのに沢崎は幸音の内腿に手
    1. アソコの中に仕込まれたイボイボのおちんちん型
    1. お尻を振りたくって悶絶しました

下着なんか着けられないわね

奴隷となって私の部屋に住むというか私の部屋で飼うといったことも可能です

エッチな女の子なんだから苦しさに離そうとしても強く髪の毛を掴んで許さない。息子の雄介の方がよほどかもしれない。四つん這いにされ、貫かれてしまうと。はぁああぃぃぃぃい気持ちいいと思わず声をあげてしまった。その時、玄関のチャイムが鳴った。はじかれたように悠子が起き上がりドアホンを。僕だよ。仕事の途中だけど、大事な書類を忘れた。開けてくれ。ついに与えられた村上の肉棒だった尻を再び剥き出しにするペニスを凝視したままの顔は欲情して強張っている感じだ

仰向けになった巨乳娘のアイマスクの下から

チンチンの犬真似をすると

急いでるんだ。悠子はうろたえた。全裸で、しかもたった今、雄介に貫かれていたばかり。震える手でブラやショーツを付けようとしたが、上手くホックが留まらない。上半身裸の雄介が玄関に走りドアを開けてしまった。浩介がほぼ全裸の妻の姿に目を見張る。息子の方も上半身裸だ。お…お前達いったい何してたんだ。違うの…これは…私が着替えしようとしてたら…急に雄介さんが降りてきて…。

コックを挿入しようとしました

へぇ、リビングで全裸で着替え?ずいぶん不自然なことするんだな。浩介の声は怒りで震えている。父さん、お察しの通り、悠子さんを抱いたばかりだ。そう言い放った雄介を怯えた顔で悠子は見て、浩介は開いた口が塞がらないようだっ。今までも、時々悠子さんを抱いてた。仕方ないだろ。ようと思ってたのに、父さんが奪ったんだ。僕も悠子さんが好きで、結婚し浩介は雄介を殴り倒し、悠子の頬を張り、階段を駆け上がって書類を手にすると。

挿入の様子を見ようとする

今は急いでる。帰ったら話し合おう。悠子は出て行くつもりで支度しておくんだな。雄介、お前の顔など見たくない。お前も出て行けそう言い捨て、出て行った。悠子は泣きじゃくり、雄介は殴られた痕を撫でながら、ある事を考えていた。悠子さん、泣かないで。おやじに離婚届突き付けてやれよ。これで一緒になれるじゃなしカ。そんなことできない…わたし…浩介さんを愛してるもの。
ファックをしようとしていることが分かりました

マンコだろう

僕のことは好きじゃないの?そうか…でも、僕は諦めない。必ず僕のものにするよ。その夜、浩介が帰宅する前に雄介は無理やり悠子を全裸にし、リビングの柱に縛りつけ足はM字に大きく開かせた状態で縛り上げ、口には厳重に猿轡をした。こんな姿に雄介の手でされ、怒り狂ってる夫の目に晒される事に怯えて抗ったが、雄介は強引で手荒だった。やがて浩介が帰宅して、妻の姿に絶句した。なんの真似だ。お前はまだ悠子にこんなことを…。父さん、まあ落ちついて僕の話を聞いてよ。解ってたんだよ。

10代ののころの肉欲だけをむさぼるセックスを

父さんの性癖、中学生の頃からね。悠子さんを手に入れて、プレイしてたことも知ってた。僕もしたくてたまらなかったのに、父さんが奪ったんだ。ほら見ろよ。悠子さん綺麗だろ。縛られると一段と綺麗になる。身体がピンクに染まって艶っぽくなる。もっと虐めてやりたくて仕方なくなる。父さんもそうだろ?俺もそうなんだ。父さんの子だもの。何、理屈捏ねてる。悠子は私の妻だ。

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます

調教師としてのテクニックが最も発揮される所だ

あっという間に、そのまま二人がかりで床に取り押さえられたのだ。玄関の男達も、あっという間に加勢して、牧野は身動きもとれない。放せ、止めろ!後ろにギュッと固められた腕が、何かで縛められていく感触が伝わってくる。申し訳ない。少々、手荒になってしまいました。この結び目は、ゆっくりと、ほら、こを引っ張れば、ほどけます。
尻を振ることしか抵抗手段のないもどかしさ

オッパイは母ちゃんの方がでかい

この端っ指先に、ヒモが当たるような感触が一瞬。次の瞬間には、パッと取り除かれてしまう。あっ、こら、放せ!放せ!くそっ!落ち着いてください。端っこは落ち着けばすぐに見つけられます。ご主人が冷静になって、様の承諾が得られたら、こちらにご連絡ください。置いておきます。奥ダイニングテーブルに、家元が紙片を置いているのが見えた。それでは、手荒になってしまったご無礼の段、平にお詫びいたします。

 

調教師としての

それでは、また。後ろ手に縛られて、這いつくばったまま見上た牧野の目に映ったのは、ガチャリと閉まった。扉だけだった。なるほど、ちょっと冷静になれば、なんてことのない結び目だ。結んだ端を引っ張れば、ぐるぐる巻きになったロープはいともあっさりと解ける。しかし、そんな簡単なことに10分以上の時を過ごして、ようやく取り戻した自由だった。もちろん、家元達は、とっくに立ち去っているはずだ。
肉棒が抽送されるたび
尻から太腿にかけての一本鞭の痕と思しき薄い傷や

膣からどろどろに濡れた

それを追いかけるより、今は、まず妻だった。リビングの明かりが漏れて部屋の明かりは、天井の小さな豆球一つ。妻の白い顔を横から照らしていた。開け放したドアから、よく寝ている。叫ぶ必要もないのに、妻の名を口にしながら、妻の寝かされている部屋に飛び込んでいた。この腕で掻き抱きたい気持ちを懸命に抑えた。

先端はペニスのように少し膨らんでいます

白い頬が気のせいか、少しこけている。疲れたのか?すやすやと寝ているはずの妻の顔が、ひとつも安らいで見えない。呆然と妻の顔を見つめたまま、牧野はしばし動けなくなる。後悔と安堵。自然と目頭が熱くなっていた。ごめん。俺があの時。熱いものがポタポタと、自分の手に落ちている。ぬぐうこともできず、ごめんな、ごめんなと繰り返すことしかできぬまま、しばし、妻の顔ばかりを見つめていた。
愛撫してくれている間

二人はフェラチオだけでなく


しかし、牧野は不思議なことに気がついた。ときおり、妻の頬がゆがむのだ。苦悶の表情に見える。夢~~かすかに、顔が横に振られるのも、あるいは、夢の中の何事かを拒否している姿にも見える。がっくりと妻の布団の横に膝を突く。その膝が布団の端を踏んだのか、その拍子に妻の身体にかけられている布団が少しだけ動いた。チラリと白く覗いたのは、剥き出しの薄い肩。え?おい、まさか。気がついた時には、妻の布団をはぎ取っていた。