調教する

人妻である恭子さんを屈服させようと

いじめることで興奮する人。いじめられることで興奮する人私、いじめられて興奮しているのかなあ。違うような気もします。ことや辛い目、汚い目にあって、炎が燃え上がる経験はしています。あれなのかな言葉を調べて、かえってわからなくなりました。体ひとつで来ればいい。と言われて、当日の早朝に男子校へ行くと、がいました。やっぱり。あんたがSM同好会?違うけど、こんなおもしろい話、滅多にないからね。
調教する

痴女に

E人は、なぜ私をやらないの?彼はニヤリを笑いました。なぜ、やってないって思うの?証拠はありません。二十四時間のとき最初は目隠ししていたから。だけど銀香さんとの会話とからすると、参加しているようには思えないのです。こっちだよ。文化祭の飾り付けでも、男子校はゴツイ。

 

エッチなお仕置きを施していると言う

電気自動車が展示され、ロケットだとか、鉄道模型とか。全体的に機械っぽい。吹奏楽とかダ部とか応援部みたいに日頃から女子校と関係している部活は柔らかいけど。それ以外は女を寄せ付けない雰囲気です。現代美術の部屋は、ちょっとしたお化け屋敷でした。暗幕で窓をふさぎ奇怪なオブジェや特殊メイクの道具、アート作品などが乱雑に展示されています。その暗幕の向こう側に行くと、また暗幕。つまり窓と暗幕の隙間のような空間がありました。
ペニスの茎を
乳首は直接見るよりも黒いシースルーブラに透けさせた方が猥褻だった

優香が腰を使わないうちからペニスが疼いてたまらなかった

ヘビメタとかハードロックを流してさ。そこに開人が加わり四人。あとから陸上部もSM同好会はわずか三人。三人ぐらい参加する予定だそうです。建設現場にあるようなパイプを組み合わ。これ開人の用意した通常では使わない体の線がはっきり鋼管とでも言うのでしょうか。やぐらせた櫓があって、それはなにかを支えるためのものかと思ったらがメインの舞台になるのさ。というのです。ジャージを脱ぐと、出る紺のブルマー白い体操着になりました。

下半身全体に甘く広がっていく

白いソックスは履かされます。菜津希をここに縛り付けるんだ。下着はつけていませんが陸上部にがっちりと腕を取られました。開人が笑いながら金属の輪のようなものを顔に押しつけてきます。口を開けて。ひどいことするの?大きな金属の輪を口の中へ入れてしまうと、しゃべることはできません。後頭部でベルトをぎゅっと締められてしまいます。
マニア画像~クリトリスを弄くるとずぶ濡れ~

恥知らずの大開脚で肛門をなめさせながら


顔が変形するほどきっく締められました。うるさいときはこれがある。と蓋があって、輪にはめこむと、完全に口が塞がれてしまいます。すごいぞ。と同好会も盛り上がっています。変態の文字はそのままに、真新しい首輪。より太男女子校生菜津希。い革で、鋲やD環がついています。それを締められると、たちが顔を押さえつけて、それを鼻に入れられました。あがぁぁ。次はフック。叫び声が間抜けです。

クリトリスのあたりを乱暴にこね回す

ペニスの胴の部分を強く握られている

オナニー動画を見られるのは他の生徒より何倍も辛い事でした
し肌寒さを感じて二の腕を擦り返した。美穂は急ぎ足で歩き続けながら、少。さすがに九月末ともなると、深夜は少し冷えるわね。ブルーのシャツに黒のミニスカートという軽装ではこの時期、た。美穂は上着を着てくれば良かったと少し後悔した。この時間帯はやや無理があっ街はいつもの喧騒が嘘のように静まりかえり、美穂の鳴らす靴音だけがやけに大きく響いていた。

奴隷となるよう契約を結んでから

街灯の淡い光が閑散とした街並みを寂しげに照らし出している。人気の無い街って、結構不気味ね。美穂はまるで時間が止まってしまったかのような街の様子に、何か胸騒ぎのようなものを覚えた。そう言えば駅前にあれだけいたタクシーさえ、一台も通りかからない。美穂はふと背後に何かの気配を感じて立ち止まった。後をゆっくり振り返ってみる。そこにはただ駅へと続く歩道が、街灯に照らされて真っ直ぐ伸びているだけだった。雩、気のせい、気のせい。

 

亀頭のあたりから

美穂が向き直り、再び歩き出そうとした時こ寺、プルルルルルプルルルルルすぐ横にあった電話ボックスの電話が鳴り出した。を振り返る。美穂は体をビクッとさせ、電話ボックスプルルルルルプルルルルル美穂は恐る恐る電話ボックスに近づいた。晧々と灯りの灯るボックスの中で、電話は鳴り続けている。美穂はあっけに取られて電話を見つめた。それはあまりに不思議な光景だった。間違い電話かしら…。そう思う一方で、スの中に入る。なんとなく自分あての電話のような気がした。

処女強奪の記憶がフラッシュバックした
美穂は扉を開けるとボックプルルルルルプルルルルル依然として鳴り続ける電話の受話器を美穂のほっそりとした指が持ち上げる。ガチャリフックが上がり、鳴り続けていたベルの音が止む。美穂は頭を振ってやや赤みがかったセミロングの髪を背中にどけると、ゆっくり受話器を耳に近づけた。も、もしもし。少し躊躇いがちに話しかける。相手は沈黙している。美穂が電話に出たので驚いているのだろうか。

 

ぷるんと大きく弾んでいきり勃った美和子は松尾のペニスに眼を奪われている

頭の中を訳も無く不吉な予感が走り抜ける。美穂は急に心臓の鼓動が速まるのを感じた。一瞬受話器を取るべきではなかったという後悔の念がよぎる。怖いおじさんとか、い屎いいるからね。男の言葉にいよいよ美穂の恐怖心は膨れ上がり、全身が震え出した。受話器を放り出し、今すぐに逃げ出したいと思うのだが、体が何か得体の知れない呪縛を受けたように竦んでしまい動き出せない。あ、あなたは誰?美穂は情けないほど震える声で男に訊いた。

レイプか

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます…あの…。再び話しかけようとした美穂の声を遮るように、お嬢さん。ひどく嗄。しわが。男の声が聞こえてきた。なった。男の声はそれほど不気味だった。美穂は驚いて受話器を取り落としそうにこんな夜更けに一人で出歩いてちゃ危ないよ。男の声はあまりにも擦れているため、若い声とも年老いた男の声とも判別がつかなかった。いや、それよりも自分の様子をどこかで見ているような口調が美穂には気になった。

アソコの中に出されたら私はどこまで狂わされてしまうことでしょう

尻はその一番隅のを使うのよ

しかもお尻を刺激されてーしようとする自分の身体が信じられない言われたことを復唱させられるのではなく、本人が積極的に口にするよう仕向けるというか、そう命令しておくことが大事なのです。客席に向かって平然と説明しながらも瑞花はサーシャを追い詰める。さあ、イキなさい。失神しなさい。人間の男根が入るべきところに、それよりも何まわりも太いものがねじ込まれ出し入れされているため、そこも引き攣り、サーシャがイク瞬間本来は噴き上げたかもしれない大量の女の汁が、だらだらとその胴部を伝って溢れだしてきた。オ、オマ、ソコ、イグうっ!イク時には言えと命じられている言葉を三度目にして初めてその瞬間に口にしたサーシャは、次の瞬間にへなへなと力が抜け、自ら手にしてクリトリスを責めていたものを落とし、腰砕けに崩れ落ちた。おという声が客席のいたるところからあがり、増殖していく。下着なんか着けられないわね尻を叩かれながら繰り返し強烈な絶頂を味わわされるとアソコを

そうしてフェラされている間も

オナニーは11時間

ついで拍手が自然発生的に瑞花がそちらに向け頭を下げると、言いながら拍手をしている。隣に居たエレーナも。ブラボー。と数分後右側でその様子をさらにアップで映し出していたモニターが消え、ステージ全体の照明も落とされ、瑞花とエレーナの姿は暗闇に没し、スポットライトがふたつの白い肉塊だけを照らしたが、やがてその照明もゆっくリと照度が落とされていき、ステージは暗闇になった。バチーンツ。暗闇の中に突然響き渡った激しい音が、人間の体に炸裂した一本鞭の音だとわかったのは、リサと向井、それに客席のどこかに座っている香坂の三人だけだろうか。わざわざ興味を持ってこの招待にのこのことやってきているわけだから、他にも何人かはそういった経験があって、聞き分ける。ことが出来たかもしれないが。続けざまに鞭の音が炸裂し共鳴するのは、を示している。

膣襞を擦っていく

そこに二人の生贄が居ること事実、再び、ふたつの悲鳴が同時にあがっていた。上からの二本のスポットライトがロシア人姉妹をステージ中央に浮かび上がらせた。途端に、左右外側の暗闇から、赤と白の長い鞭がふたりの身体に巻き付くようにして打ち据えられ、激しい音をたてた後に再び暗闇へと引かれて妹のソフィアへの鞭の方が厳しいのか、痕は、あきらかに色が濃かった。白い身体に赤黒く残る数本の鞭鞭責めは間髪をいれず続くふたりとも手を頭し高く縛られ吊り上げられているため、まったくその凶暴な武器に白い身体を無防備に晒す以外、どうすることも出来ない。足も開かされ、足首に巻かれた縄で固定されているため、苦痛に身を捩ることさえままならないのだった。

勃起させた男子高校生3人から逃れる術はありません

やっぱり鞭は、一本鞭だのう。よじ小声で向井がリサに囁きつつ、ついに片手で乳房に触れてきた。リサが拒絶しないのを確認すると、すぐに大胆に手を上から差し入れてきて、ノーブラの膨らみを無遠慮に鷲掴みにしてくる。向井に直接触られるのは実はこれが初めてだ。手の早い男と言われていながら、会長の女であるリサにはこれまで慎重に接してきていた向井だったが、前のステージを一緒に見ていたことで生じたリサ自身の興奮を、インターバルの無言の空気のなかで悟られてしまったのかもしれない。激しい鞭責めが続くが、やはり責め手は暗闇の中だ。
もう一方の手は亀頭冠の下を掴み

片方の膝をついて一方の膝を立てた格好でペニスを手にした

一本鞭の長さがそれを可能にしているのだろう。短い鞭ならばスポットライトの影響で僅かでもその姿は確認出来るはずだが、本当に鞭を手にしているのが、瑞花とエレーナなのかもわからない状況だ。五十発ほどの連続の鞭の間、ふたりとも悲鳴をあげたのは最初だけで、あとはひたすら耐えていた。ふたりとも絶対に気を失っちゃダメよ。ようやく瑞花の声がスピーカーから聴こえる。ハンドセットのスイッチを入れたのだろう。打つ方も体力を使うのか、少々荒い息遣いもマイクは拾って客席に伝えてくる。

愛撫される愉悦はパンティの上からとは比べ物にならないくらい鮮烈だっ男の指が襞の間

エレーナがソフィアを照らす光の中に入ってきて、からふたつの乳房を揉みしだく。背中に回ると、後ろ先ほどまでと違い、エレーナも全裸になっていた。きょうじん軍隊に居たと言われるロシアの女サディストは、見るからに強靭そうな筋肉と、そしてやはり美しい乳房と引き締まっているが見事な盛り上がりの尻をしていた。客席からもその姿にまた拍手が起こる。シッシ。シタラ、マズハミギノチクビ、キリオトスネ。

気仕掛の肉棒に

肛門の受け入れ具合なども検査の対象です

両手でお尻を開きながら
そう思うと、急に感情が昂ってきた。もう、まどろっこしいことはやめて。でっちあげの検査だって分かってる。もん!思わず叫んでいた。貢が声を上げると、きな声で抗ったためか、志摩子たちは皆沈黙してしまった。さすがに気まずい空気が流れた。涙声混じりの大だが、志摩子は平静を装って、えー、これまでの検査の結果ですが、淋菌の感染はまだ確認されていませ今さら何を言い出すのか、淋疾の診断をひっくり返してしまった。やっぱり淋菌感染なんて嘘だったんだ!内心、貢は声を荒げる。

お尻か太腿に押そうということになっていたし
淋疾は嘘の診断だとずっと疑っていた。志摩子は事実上淋菌感染の診断を撤回したが、それは痴女集団による逆レイプのゴーサインでもあった。嘘なんて、何を馬鹿なこと言ってるの。確認されていないだけよ。高校生にもなってわがままはいい加減にすることね。志摩子はあくまで検査は偽ではないと強弁し、ずそそくさと診察室から出ていった。貢を叱ると、理由も言わ志摩子が出ていくと診察室に何か重しが取れたような雰囲気が生まれた。

緒方の肉棒は極限まで硬直していた

沙貴や学生は志摩子があくまで検査の口実を使う以上、それを意識せざる。を得ない。その志摩子がいないと、彼女らによって野放図にエロ行為が行われる危うさを貢は感じた。同時にそれが志摩子の狙いなのではないかとやがて肉棒の奥から快感が熾ってきた。催淫剤の強い効き目で勃起してくる。沙貴が貢の脚の方から診察台に上がってきた。黒縁眼鏡の眼でじっと肉棒を見つめて手を太腿に這わせ、濃厚に口紅を塗った淫らな唇を接近させ。

セックスしちやうなんて一方は美少女という対照的だがいずれも劣らぬ美女を前にしておちんぼ、どんな味かしらあむ、むむぅ…根元を手で捉え、口をあんぐりといやらしく開けて、ペニスを呑み込んだ。ねちょ、にちや、ぬちゆと、亀頭から裏筋までねとつとした舌を這わせていく。唾液で肉棒がヌルヌル。は、??もう、射精させられて、女医さんにオチンチンの先っぽ擦られて、イッちやったから、これ以上しないでぇ!亀頭が変形するほど、沙貴の口で強く吸引された。しないでなんて、してと言ってるみたいだわ。

とろけるようなフェラチオだった

貢を揶揄したのは根本優子だった。彼女は可愛い顔に似合わずいやらしく言い立て、眼で犯してくる。射精直後で刺激に敏感になっていたから、吸われながら舌でねぶられると、快感が急激に昂進してきた。身米優子と万里は診察台の両側にしゃがんで、二人で貢の乳首をねちねちといじり始めた。肉棒はまたしても屹立状態だ。沙貴は前にも一度同じ状況だったが、この診察室を支配している志摩子がいないのをいいことに、ストッキングとショーツをせっかちに脱ぎ捨てると、勃起した貢の肉棒の上に堂々と跨がってきた。僕、まだしたことないから、ダメェ!貢のつぶらな二つの瞳には、騎乗位を取る沙貴の姿が映っていた。

拘束してやった

沙貴はオマンコにペニスの先端を宛がい腰をゆっくりと楽しむように落としてくる。貢と眼を合わせてニヤリと笑いはまぐり体重をかけて、ペニスを黒毛が生えた蛤の中へ深々と挿入させた。はあうっ、ぼ、僕のオチンチンが入ってるぅ。あうつ、ハ、ハメる理由なんてない!貢が蛤マンコの肉内部に埋まっていく自分の肉棒を見ながら哀鳴をしげ。ハメる理由は、本当に淋菌感染がないか、わたしが身を挺して試すためよ沙貴はあり得ないこじつけを言い、腰を上下動させていく。

    1. 乳首を軽く吸われても
    1. M字開脚をさせられているのだから
    1. 彼女の口腔にペニスをねじこみ

処女ではなかったが

セックスをしていたのです

お尻の穴を舐め合った
重さだな。勝手なことを言わないで、うん?喜四郎の指が動いた。揉むのではなく、んんむぅぅ…。さらに繊細にブラウスの布の上から胸をさすって乳房の形状を測定するようになでまわされる。喜四郎に対する怒りと憎しみはおさまることなく、ふつふつと沸きあがりつづけていた。しかし心地よさを感じてしまう。ブラウスとブラジャを二枚重ねた上からなでられているのに、に伝わって、肌を気持ちよく刺激される。指や掌でさすられる感触が絶妙他人から愛撫というものを受けたことのない理紗には、未知の領域だっ。

下着はそのままつけているらしく

なに、この感じは!?変よ。変な感じがするわ!不可解な疑問が浮かぶとともに、喜四郎の両手がさわさわと動く軌跡をより鮮明に感じられる。指が動くたびに、胸の肌に新たな感覚器官が目覚めた。乳房の表面だけではない。何度もさすられるたびに、豊乳の中で小さな火がともったように、じんわりとバストの奥が熱を帯びてくる。痴漢教師の手から、自分の肉体を狂わせる恐ろしいなにかが放射されているようだ。

 

尻を丸出しにして見せる

んふっふううんっむくう…。唇の布の隙間からこぼれ落ちるうめきも、左右の乳房の火に焙られて、じっとりと熱を帯びてきた。ああいったい、いつまで、うう、こんなことをつづけるの。喜四郎の両手は、ブラウスの上でねっとりと這いまわるばかりだ。すぐにも裸に剥かれることを思えば、まだ今の状態のほうがましだが、不気味でしかたがない。でも、ああ。すっかり、ぼくの手で気持ちよくなっているな。

犯されたのはアナルではなかった
:どんどん、お、おかしくなってしまいそう…。無言で胸をなでさすることに専念していた喜四郎が、いきなり口を開い理紗は今までよりもいっそう強く、首を左右に振りたくる。んっーくんんっし。違うっ!違う違う!絶対に、気持ちよくなるはずがないわ!理紗の顔の動きに合わせて、ブラウスの左右の乳球も複雑に揺れ、郎の両手の中で弾んだ。そうするとまた新たな心地よい刺激が湧いて、理紗に望まぬうめき声を吐かせる。

 

子宮が疼くことになってしまうのも仕方のないことだ

なぜ、胸が熱いままなの?わたしの身体はどうなってしまったの?いよいよ、理紗先生のブラウスの中を見せてもらうよ。痴漢教師の顔が、まるではじめて女の服を脱がす若者のように輝く。指ブラウスのボタンがはずされていった。ブラウスが背中へ引きずり下ろされた。が蜘蛛の脚のように動くたびに、たちまちスーツの後を追って、んんんんんうつし薄いブラウス一枚を脱いだだけで、理紗の豊乳の迫力が格段に増した。

えみりんのもうぐるんぐるんと円を描くえみりんのお尻れないよ

オナニーなんかしなかった昔は存在することすら知らなかったオマメちゃんはんぬっ!んつんんん!むふうっ…。理紗先生は、気持ちよくなんかなってない、と言いたいんだろうけど、この大きな胸は気持ちよくて、たまらなくなってきているはずだ。教師が嘘をついてはいけないな普段の喜四郎が学園では見せない、教師が生徒に説教をするときのもっともらしい口説で語りかけ、両手をそっと胸から離した。んん…。乳房を解放されて、理紗は安堵の吐息を洩らす。しかし痴漢教師の手が離れても、バストの内側に点火された炎は、消えようとはしなかった。逆に、新たな刺激もないまま、妖しい炎の勢いが増していくのを感じて、理紗を困惑させる。

下着のことをおききしているんです

羞恥にまみれたオナニーは

肉槍の攻撃を迎これが先ほどまで良妻賢母の顔をしていた人妻かと驚くほど
強烈な快感を生み出してくる。ている。ダイレクトに、和花の脳髄からふつふつと快感の泡が、煮え立ち、弾け、満たしてくる。たまらない。だめえ。巧妙な刺戟にあっけなく、和花の我慢ただでさえ、限界近くまでこらえている快感だった。は崩壊する。ああ、あうう、ああ、いい!高々とまっすぐ持ち上げた右脚を抱え込みながら、和花の唇からハッキリとした淫声が漏れ始める。指先が、クニュリとローターを弄び、引っ張り出しかけては、和花自身の締め付けで、奥へと戻る動きを、楽しんでいる。強烈な摩擦感が、和花の子宮を振るわせる。こうなってしまえば、快感に目覚めさせられた女体に、時間は、いくらもかからない。

充血したクリトリスはものすごく敏感になり当たるたびに
ああ、あうう、うぅぅ。嗚咽に近い淫声が広間に響き渡っていた。和花にすれば、半ば、苦しさから来るうめきも混ざっているのだが、誰もそうは受け止めな男達に取り囲まれ、好き放題に弄ばれながら、淫靡そのものの上げる声なのだから、当然のことかもしれない。和花は、湧き上がる快感に、もはや、戒めるべき余裕を無くしてしまった。バランスを取ることさえおぼつかないが、男達の手は、倒れることも、脚を降ろすことも許さない。さほど苦しい姿勢ではないが、オーガズムにまで逝けそうで逝けない中途半端な快楽の渦は苦痛を生み出す。

調教撮影の日時を決めるのです

ああ、いやあ、もうああ。和花は、また一つ、嗚咽を漏らしていた。その声は、快楽にとらわれた女の婬声そのものだと、夫の耳に届いていた。中央の喧噪を横目に、家元は、山鹿に忍び寄っている。そっと耳打ちした。先生、どうぞ、このあと…ニヤリと笑った山鹿は、そっと周りの様子をうかがう。注目は中央に集まっていた。亜由美、お前と遊ぶのはまた今度だ。

週に何回セックスしてるんだ気仕掛の肉棒にたっぷりとまた可愛がってやるからな。狒々爺とは、このことだろう、という好色な笑いを唇に乗せてから、隙を見て、スルスルと、広間から出て行った。ぽつんと取り残された亜由美に、家元は命じる。さ、あの横に行く。あ、ちょっと待って。全部脱いでからよ。ついさっきまで、山鹿の男根を喉の奥にまで受け入れていたのだ。口の端によだれの跡がぁる。それを、しかし、のでしかない。

下半身が勝手に疼きだしているしかも

家元は、袂から出した手巾で、さっと拭き取る。その仕草は、優しげだ。その優しさは、人へのものではない。子どもが見せる、飼い犬への優しさに近いもはかなさを感じさせる小さいアゴをくっとぬぐうと、家元は中央に向けて顎をしゃくるのだ。一度正座してから、しどけなく左側に足を崩して帯を解いていく。横にいるわずかばかりの男達も、その姿をチラチラと見ながら、にやついている。

それは覗き見たセックスがこれまで経験してきたセックスとはあ結婚して5年.....

そのくせ、そのニヤつく男は、別のオンナの尻を抱え腰を使っているのだ。尻を差し出しているそのオンナは、亜由美と同じ年だった。このオンナも、美しかった。さすがに、亜由美ほどの細く、プロポーションの良いオンナは少なかったが、それでも、駄な肉一つ無い、そのくせ男をそそる肉をたっぷり詰め込んで丸い尻は、抱えられたまま、ねうねと快感にうねっている。あん、あん、あんつん。無う尻を突かれる度に、短い声を上げながら、その美しい顔は快感にゆがむ。時折、開くその切れ長の目には、帯を解き、襦袢を外していく亜由美が映っているはずだった。

    1. 下着を脱いで差し出す中年女の悩ましさに俺は満足し
    1. 調教部の太さに驚かれながら
    1. ベッドの上の涼子の股間に顔をもとより女の局部を間近で見たこともない

尻を松戸の足先へ向ける形で

チンポがヌルヌルして

このお姉様たちにおまえをみっちり調教してもらううおおおつ男が、彩子の中にザーメンをぶちまけた。ああ彩子のしなやかな身体が、官能に震える。すぐ続いて、別の男が彩子に埋め込んだ。わああ次々に肉棒を突っ込まれた彩子の身体は歓喜に包まれ、悦びに震え続けていた。イク!イク!美樹、イッちゃうー!右側では、美樹が両脚を持ち上げられて大きく開かされ、男たちに肉襞を掻き回されきれいな両脚を男の腰に巻きつけていた。イク!イク!イクぅぅう。ふたりの女捜査官は、男たちに何度も何度も蜜壷を貫かれ、肉襞を陵辱された。調教する調教時に戻って従順な姿を見せる麻里に安心した俺は射精されたらしい菜穂さんが名残惜しそうに離れて行くと

痴漢教師の手が離れても

クタクタになっていますお尻を上げようにも

ビクンビクンビクンビクン…。ああ嬌声が部屋にこだまし、魅力的なふたりの女の腰は休むことなく震え続けていた。転落した人質アフガンの冬は寒さが厳しく、山岳地域からかなり離れた、でも、三月までは雪に閉ざされている。都市周辺のなだらかな丘陵地帯幾つかの日本の商社が進出している、こアフガニスタンの首都カブールでは、規軍が撤退した後、新たな経済活動を期待して、人の動きが激しくなりつあった。ソ連の正雪解けが始まり、春の訪れが肌で感じられる様になると、ビジネス街も一斉に活気を帯びて来る。堰を切った様に人の往来が増え、先月、この地に支店長として赴任して来たばかりの商社マン、遠山一郎は、継ぎもそこそこに、このところ関係先への挨拶回りに忙殺されていた。

バイブをゆっくりと動かします

前任者との引き彼の勤務する商社は、日本では大手に続く中堅どころだが、昔からアフガニスタンの市場では、羊毛を主とした原材料を手広く取り扱っていて、日本より進出している現地会社の規模としては、カブールでナンバーワンの位置にある。しかし、ソ連軍の進駐以来、アフガン市民のレジスタンス運動が地下に潜り、山岳地帯を根城にしたゲリラ活動に発展すると、治安面での不安が拡がって、カブールでの民間外国人の数は激減した。最後まで残ったのが、仕事熱心な日本人だったわけだが、戦時体勢のもとでは居心地も悪く海外勤務がつきもの。商社マンにとっても、アフガン駐在は貧乏籖とされている。遠山一郎が、自ら進んでこの地に身を投じたのは、三十代の若さで支店長のポストを占める。

股間がこぼれ

魅力もあったが、昨年、妻を交通事故で亡くしたショックで、や捨鉢になっていたせいもオフィスのあるビルの屋上で一服しながら、から、明るい若い女の声が響いた。ぼんやりあたりの景色を眺めていた遠山の背後同じオフィスで、彼の秘書役を勤める木下敬子である。11年程前に、通訳として現地採用で入社した彼女は、今では、支店長秘書も兼ねていた。あの茂子そっくりだ。遠山の横に立って、子の面影を見ていた。新緑に目を馳せる敬子の横顔に、遠山は、かつての恋人であった進藤茂鼻筋の通った端正な顔立ちだが、潤んだ大きな目と、ぽってりとや厚めの赤い唇が男の官能をそそる。
バイブを動かしながら

挿入を必死で阻止したのです

形の良い胸が大きく息づき、がスカートを膨らませていた。くびれたウエストの下に、はち切れんばかりに発達したヒップ五年前、遠山が未だ新入社員だった頃、を専攻する女子大生だった。ふとしたことで知り合った進藤茂子は、ロシア文学熱烈な恋愛関係にあった二人の間を裂いたのは、当時、急速に過激化の度を加えていた学生運動だった。理想に燃える彼女は、反体制派の中心である革新グループに所属し、その頃、女ながらも既に左翼学生運動のリーダーの一人になっていた。当然、警察にも目を付けられる。遠山の再三の忠告にも耳を貸さず、茂子は次第に彼から遠ざかって行った。

最初こそ飢えた獣の眼で真菜の美乳を見つめていたクセに

支店長、ん様に今日は、建設局の幹部の方達と昼食の予定になっておりますので、お忘れになりませ。木下敬子の声に、五年前の想い出からハッと現実に戻った遠山は、黙って頷くと、背を返してオフィスに戻る。上着の裾を持ち上げ、折から一陣の強風が屋上に渦巻き、て、今迄の暖かいムードを吹き飛ばしゾクッとする不吉な冷たさを背中に送り込んだ。何とか官辺に、昼食は、いわばビジネスランチで、の一環でもある。最近の新倉庫の入札を認許して貰う工作無事、ランチを終えた遠山は、向かった。