クリトリスのあたりを乱暴にこね回す

ペニスの胴の部分を強く握られている

オナニー動画を見られるのは他の生徒より何倍も辛い事でした
し肌寒さを感じて二の腕を擦り返した。美穂は急ぎ足で歩き続けながら、少。さすがに九月末ともなると、深夜は少し冷えるわね。ブルーのシャツに黒のミニスカートという軽装ではこの時期、た。美穂は上着を着てくれば良かったと少し後悔した。この時間帯はやや無理があっ街はいつもの喧騒が嘘のように静まりかえり、美穂の鳴らす靴音だけがやけに大きく響いていた。

奴隷となるよう契約を結んでから

街灯の淡い光が閑散とした街並みを寂しげに照らし出している。人気の無い街って、結構不気味ね。美穂はまるで時間が止まってしまったかのような街の様子に、何か胸騒ぎのようなものを覚えた。そう言えば駅前にあれだけいたタクシーさえ、一台も通りかからない。美穂はふと背後に何かの気配を感じて立ち止まった。後をゆっくり振り返ってみる。そこにはただ駅へと続く歩道が、街灯に照らされて真っ直ぐ伸びているだけだった。雩、気のせい、気のせい。

 

亀頭のあたりから

美穂が向き直り、再び歩き出そうとした時こ寺、プルルルルルプルルルルルすぐ横にあった電話ボックスの電話が鳴り出した。を振り返る。美穂は体をビクッとさせ、電話ボックスプルルルルルプルルルルル美穂は恐る恐る電話ボックスに近づいた。晧々と灯りの灯るボックスの中で、電話は鳴り続けている。美穂はあっけに取られて電話を見つめた。それはあまりに不思議な光景だった。間違い電話かしら…。そう思う一方で、スの中に入る。なんとなく自分あての電話のような気がした。

処女強奪の記憶がフラッシュバックした
美穂は扉を開けるとボックプルルルルルプルルルルル依然として鳴り続ける電話の受話器を美穂のほっそりとした指が持ち上げる。ガチャリフックが上がり、鳴り続けていたベルの音が止む。美穂は頭を振ってやや赤みがかったセミロングの髪を背中にどけると、ゆっくり受話器を耳に近づけた。も、もしもし。少し躊躇いがちに話しかける。相手は沈黙している。美穂が電話に出たので驚いているのだろうか。

 

ぷるんと大きく弾んでいきり勃った美和子は松尾のペニスに眼を奪われている

頭の中を訳も無く不吉な予感が走り抜ける。美穂は急に心臓の鼓動が速まるのを感じた。一瞬受話器を取るべきではなかったという後悔の念がよぎる。怖いおじさんとか、い屎いいるからね。男の言葉にいよいよ美穂の恐怖心は膨れ上がり、全身が震え出した。受話器を放り出し、今すぐに逃げ出したいと思うのだが、体が何か得体の知れない呪縛を受けたように竦んでしまい動き出せない。あ、あなたは誰?美穂は情けないほど震える声で男に訊いた。

レイプか

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます…あの…。再び話しかけようとした美穂の声を遮るように、お嬢さん。ひどく嗄。しわが。男の声が聞こえてきた。なった。男の声はそれほど不気味だった。美穂は驚いて受話器を取り落としそうにこんな夜更けに一人で出歩いてちゃ危ないよ。男の声はあまりにも擦れているため、若い声とも年老いた男の声とも判別がつかなかった。いや、それよりも自分の様子をどこかで見ているような口調が美穂には気になった。