処女ではなかったが

セックスをしていたのです

お尻の穴を舐め合った
重さだな。勝手なことを言わないで、うん?喜四郎の指が動いた。揉むのではなく、んんむぅぅ…。さらに繊細にブラウスの布の上から胸をさすって乳房の形状を測定するようになでまわされる。喜四郎に対する怒りと憎しみはおさまることなく、ふつふつと沸きあがりつづけていた。しかし心地よさを感じてしまう。ブラウスとブラジャを二枚重ねた上からなでられているのに、に伝わって、肌を気持ちよく刺激される。指や掌でさすられる感触が絶妙他人から愛撫というものを受けたことのない理紗には、未知の領域だっ。

下着はそのままつけているらしく

なに、この感じは!?変よ。変な感じがするわ!不可解な疑問が浮かぶとともに、喜四郎の両手がさわさわと動く軌跡をより鮮明に感じられる。指が動くたびに、胸の肌に新たな感覚器官が目覚めた。乳房の表面だけではない。何度もさすられるたびに、豊乳の中で小さな火がともったように、じんわりとバストの奥が熱を帯びてくる。痴漢教師の手から、自分の肉体を狂わせる恐ろしいなにかが放射されているようだ。

 

尻を丸出しにして見せる

んふっふううんっむくう…。唇の布の隙間からこぼれ落ちるうめきも、左右の乳房の火に焙られて、じっとりと熱を帯びてきた。ああいったい、いつまで、うう、こんなことをつづけるの。喜四郎の両手は、ブラウスの上でねっとりと這いまわるばかりだ。すぐにも裸に剥かれることを思えば、まだ今の状態のほうがましだが、不気味でしかたがない。でも、ああ。すっかり、ぼくの手で気持ちよくなっているな。

犯されたのはアナルではなかった
:どんどん、お、おかしくなってしまいそう…。無言で胸をなでさすることに専念していた喜四郎が、いきなり口を開い理紗は今までよりもいっそう強く、首を左右に振りたくる。んっーくんんっし。違うっ!違う違う!絶対に、気持ちよくなるはずがないわ!理紗の顔の動きに合わせて、ブラウスの左右の乳球も複雑に揺れ、郎の両手の中で弾んだ。そうするとまた新たな心地よい刺激が湧いて、理紗に望まぬうめき声を吐かせる。

 

子宮が疼くことになってしまうのも仕方のないことだ

なぜ、胸が熱いままなの?わたしの身体はどうなってしまったの?いよいよ、理紗先生のブラウスの中を見せてもらうよ。痴漢教師の顔が、まるではじめて女の服を脱がす若者のように輝く。指ブラウスのボタンがはずされていった。ブラウスが背中へ引きずり下ろされた。が蜘蛛の脚のように動くたびに、たちまちスーツの後を追って、んんんんんうつし薄いブラウス一枚を脱いだだけで、理紗の豊乳の迫力が格段に増した。

えみりんのもうぐるんぐるんと円を描くえみりんのお尻れないよ

オナニーなんかしなかった昔は存在することすら知らなかったオマメちゃんはんぬっ!んつんんん!むふうっ…。理紗先生は、気持ちよくなんかなってない、と言いたいんだろうけど、この大きな胸は気持ちよくて、たまらなくなってきているはずだ。教師が嘘をついてはいけないな普段の喜四郎が学園では見せない、教師が生徒に説教をするときのもっともらしい口説で語りかけ、両手をそっと胸から離した。んん…。乳房を解放されて、理紗は安堵の吐息を洩らす。しかし痴漢教師の手が離れても、バストの内側に点火された炎は、消えようとはしなかった。逆に、新たな刺激もないまま、妖しい炎の勢いが増していくのを感じて、理紗を困惑させる。