尻を松戸の足先へ向ける形で

チンポがヌルヌルして

このお姉様たちにおまえをみっちり調教してもらううおおおつ男が、彩子の中にザーメンをぶちまけた。ああ彩子のしなやかな身体が、官能に震える。すぐ続いて、別の男が彩子に埋め込んだ。わああ次々に肉棒を突っ込まれた彩子の身体は歓喜に包まれ、悦びに震え続けていた。イク!イク!美樹、イッちゃうー!右側では、美樹が両脚を持ち上げられて大きく開かされ、男たちに肉襞を掻き回されきれいな両脚を男の腰に巻きつけていた。イク!イク!イクぅぅう。ふたりの女捜査官は、男たちに何度も何度も蜜壷を貫かれ、肉襞を陵辱された。調教する調教時に戻って従順な姿を見せる麻里に安心した俺は射精されたらしい菜穂さんが名残惜しそうに離れて行くと

痴漢教師の手が離れても

クタクタになっていますお尻を上げようにも

ビクンビクンビクンビクン…。ああ嬌声が部屋にこだまし、魅力的なふたりの女の腰は休むことなく震え続けていた。転落した人質アフガンの冬は寒さが厳しく、山岳地域からかなり離れた、でも、三月までは雪に閉ざされている。都市周辺のなだらかな丘陵地帯幾つかの日本の商社が進出している、こアフガニスタンの首都カブールでは、規軍が撤退した後、新たな経済活動を期待して、人の動きが激しくなりつあった。ソ連の正雪解けが始まり、春の訪れが肌で感じられる様になると、ビジネス街も一斉に活気を帯びて来る。堰を切った様に人の往来が増え、先月、この地に支店長として赴任して来たばかりの商社マン、遠山一郎は、継ぎもそこそこに、このところ関係先への挨拶回りに忙殺されていた。

バイブをゆっくりと動かします

前任者との引き彼の勤務する商社は、日本では大手に続く中堅どころだが、昔からアフガニスタンの市場では、羊毛を主とした原材料を手広く取り扱っていて、日本より進出している現地会社の規模としては、カブールでナンバーワンの位置にある。しかし、ソ連軍の進駐以来、アフガン市民のレジスタンス運動が地下に潜り、山岳地帯を根城にしたゲリラ活動に発展すると、治安面での不安が拡がって、カブールでの民間外国人の数は激減した。最後まで残ったのが、仕事熱心な日本人だったわけだが、戦時体勢のもとでは居心地も悪く海外勤務がつきもの。商社マンにとっても、アフガン駐在は貧乏籖とされている。遠山一郎が、自ら進んでこの地に身を投じたのは、三十代の若さで支店長のポストを占める。

股間がこぼれ

魅力もあったが、昨年、妻を交通事故で亡くしたショックで、や捨鉢になっていたせいもオフィスのあるビルの屋上で一服しながら、から、明るい若い女の声が響いた。ぼんやりあたりの景色を眺めていた遠山の背後同じオフィスで、彼の秘書役を勤める木下敬子である。11年程前に、通訳として現地採用で入社した彼女は、今では、支店長秘書も兼ねていた。あの茂子そっくりだ。遠山の横に立って、子の面影を見ていた。新緑に目を馳せる敬子の横顔に、遠山は、かつての恋人であった進藤茂鼻筋の通った端正な顔立ちだが、潤んだ大きな目と、ぽってりとや厚めの赤い唇が男の官能をそそる。
バイブを動かしながら

挿入を必死で阻止したのです

形の良い胸が大きく息づき、がスカートを膨らませていた。くびれたウエストの下に、はち切れんばかりに発達したヒップ五年前、遠山が未だ新入社員だった頃、を専攻する女子大生だった。ふとしたことで知り合った進藤茂子は、ロシア文学熱烈な恋愛関係にあった二人の間を裂いたのは、当時、急速に過激化の度を加えていた学生運動だった。理想に燃える彼女は、反体制派の中心である革新グループに所属し、その頃、女ながらも既に左翼学生運動のリーダーの一人になっていた。当然、警察にも目を付けられる。遠山の再三の忠告にも耳を貸さず、茂子は次第に彼から遠ざかって行った。

最初こそ飢えた獣の眼で真菜の美乳を見つめていたクセに

支店長、ん様に今日は、建設局の幹部の方達と昼食の予定になっておりますので、お忘れになりませ。木下敬子の声に、五年前の想い出からハッと現実に戻った遠山は、黙って頷くと、背を返してオフィスに戻る。上着の裾を持ち上げ、折から一陣の強風が屋上に渦巻き、て、今迄の暖かいムードを吹き飛ばしゾクッとする不吉な冷たさを背中に送り込んだ。何とか官辺に、昼食は、いわばビジネスランチで、の一環でもある。最近の新倉庫の入札を認許して貰う工作無事、ランチを終えた遠山は、向かった。