これが初体験のフェラチオだったのだ

調教する前からとても礼儀正しく

部屋の中は佳代子の想像以上におどろおどろしい雰囲気を持っていた。部屋の中央にでんと据え付けられた、おそらくはそこに座らされた生贄の体をあますところなく開いて晒させるための毒々しいほどの赤い椅子。その前には大きな鏡滑車と鎖。壁につり下げられた手錠やリードのつけられた首輪。無数の洗濯ばさみ。そして数本の鞭と色とりどりの縄タクシーの中で性器を容赦なくまさぐられた余韻もあって、部屋の入口でぼんやりと立ちつくす佳代子に、紺野の厳しい声が飛んできた。なにしてるんだ、さっさと脱いで裸になるんだ。
ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

ツルツルのパイパンよりいやらしく見えるワレメはきれいだったが

女子高校生の頃から、何度他人にこの言葉を言われることを想像したことだろうマスターベーションをするたびに、様々な男女が佳代子に投げかけてきた言葉だ。それもほとんど毎日、会社という日常の中で顔を合わせ、して尊敬すらしている直属の上司である。もっとも信頼悦びが旋律のように足元から頭のてっぺんまで駆け抜けたが、口から出た言葉は少し違っていて、口にした途端自分でも驚いてしまった。ここでですか。あちらで、洗面所で脱いできます。ハッとして紺野をみつめる。了解しないでという懇願の目が、紺野に目の前で脱ぐのは許してという懇願に見えるのではないか、どこか冷静にそう思っている自分を意識して、そのことも佳代子を驚かせた。

 

セックスでも

経験あるのかないのか知らんけれど、新しい男にはじめて裸を見せる時ほどマゾにとって至福な時はなかろうよ。見ててもらえることをありがたいと思いながら、ぐずぐずしないでまっ裸になるんだ。検査というのは裸になるだけじゃ済まんのだから。そ紺野がふっと逸らせた視線の先にはあの赤い椅子があった。その通りだ。私は見て欲しい。脱ぐところを、できる限り不躾なサディストの冷たい視線で。そして脱いだ後の全てを。
アナル棒の抽送と抜去を鵜の目鷹の目で見られてしまった
全神経を射精のみに向けていたためか

普通のセックスじゃ満足できな身体をしてるんだ

ぶしつけ再び佳代子の体を電流が突き抜けた。ワンピースの後ろのファスナーに手をやった瞬間、心からうれしいと思えた。たったひと言だったが、この普段優しい上司の前で裸になるための、自らの行動を正当化してくれる言葉だった。脱がなくちゃいけない。スリップ心の中で何度もつぶやきながら、ワンピースを足元から抜き、を落とし、留め具をはずしてストッキ。グを巻き下ろした。彼の視線を体全体で受け止めながら脱いでいくこと、い快感だった。

いかにも女をレイプするという切迫感があって

胸、サイズは。八十九のEカップです。ブラ、さっさと取って見せてみろ。それ自体がもの凄手を後ろに回してホックをはずして、ご命令だから。と自分に言い聞かせて、手で隠したりをわざとせずに、さっとブラジャーを外して手を下におろして紺野を恐る恐る見た。紺野は目の前の小さなソファに腰をかけて、佳代子を少し見上げるような位置だ。なかなかいい形だ。もっと胸はってみろ、手を頭の後ろに回して組むんだ。
オナニーする彼氏の横で段々興奮してきて、ゆうちゃんの手が

体内に熱いザーメンが飛び散ったのをはっきりと感じていた


言われたとおりにする。佳代子の体に残っているのは、白のガーターべトと同じく白のレースのパンティだけだ。違う、こうだ。もっと肘を真横にシャンとしておっぱい突き出せ。一度立ち上がった紺野が、頭の後ろで組んだ腕の肘の部分をそれぞれ両手で掴んで、ピンと張らせた。紺野が命じた姿勢は、すものだった。普段は仕事上の上司である男に、完全に服従を示再び椅子についた紺野の視線が突き出したバストに刺さる。恥ずかしい。でも心の底の部分は確かな悦びに満たされていたし、それ以上に憧れていた男に、そしてサディストである男性に自分を見て貰うことの性的刺激は想像以上のものがあった。

亀頭摩擦が開始された

挿入してガムテープで貼ってしまいました

それは上体を起こして股間に眼をやり優香さんのご主人さまが躊躇したのも当然でしょう。年の差があっても私の意志が変わらないことが分かって、それでようやくご主人さまに逢えたんです。逢ってみたら確かにオジサ。でし言ってた年齢よりはずっと若く見えて少しドキドキしました。。当日はSMどころかラブホテルに行くのも初めてだし、緊張のあまり死んじゃいそうでした!だからっていうワケじゃないんですが、私、ラブホに入って縄で縛られたら、あんまり嬉しくって笑っちゃつたんです。ご主人さまは苦笑いして。ほら、笑うんじゃない。ペニスの先っぽは優しくいじめられて奴隷ってそういうことなんだろ腰を引くと七重の口からペニスが抜け出て生々しく弾み

愛撫など到底不可能だ

肉棒を突っ込まれ

ってお尻を叩いてきたんですけど、もうニヤニヤして止まりませんでした。だってまだほとんど何もされてないのに、今までのセックスとは比べ物にならないくらい気持ち良くって、たけど、S男性が良く使う。マゾヒスト判別法。として。縛られた状態で手が熱くなるかどうかというのがあります。緊縛されて興奮するタイプの女性は、身体に縄をかけられただけで指先まで火照らせるのです。ご主人さまも優香さんが持つ、マゾ女性の素質にすぐ気がついたのでしょう。

数回の膣内射精で

実際そこから先はかなりのスピードで調教が進んでいったようでした。あとはもう電マもバイブも何をされても気持ち良い!って感じでした。おかしくなっちやうから止めてください!ってお願いしても、ご主人さまは。オマンコでイキます。って言えたら止めてあげるよ、って言いながら平然とバイブを動かし続けるんです。私の意志なんか完全無視で。あぁ、彼は本当にサディストなんだな。と思って嬉しかったです。

拘束された身体は微動だにしない

十八歳の若さで膣内でイキまくった優香さんを見て、ご主人さまは。十歳でそんなんじゃ、普通のセックスじゃ無理だな。と呟いたそうです。確かにオマンコでイケるようになるのは二十代後半になってから…という女性が圧倒的に多くティーンエイジヤーのうちから膣内イキできる女性は貴重です。そんな彼女を前にしてS男性がただバイブでイカせるだけで満足するはずもなく、優香さんは当然のように次なる調教を受けることになったのです。イキ狂っている最中に。優香はお尻の穴の処女を捧げます。
おチンチンをおマンちゃんに挿入する資格はなしよ

肛門の放射皺を丹念に舐め溶かしていく男は

って言わされて、携帯ムービーで撮影されたんです。さすがに。ヒドイッ!って思ったんですけど、この時はご主人さまが本気でした。お尻の穴に何かバイブみたいなものを入れて拡げられて、それからすぐにご主人さまが入ってきました。アナルセックスっていうものがあるのは知ってましたけど、あんな太いものが実際に入るなんて思わなくて…。いたんですけど…アナル初体験でイッちゃったんです…。

拘束された不自由な体を揺すりながら言った

でも…私、自分でも驚そういうと優香さんはさすがに恥ずかしそうに目を伏せて、もじもじと両手をこすりあわせました。けれども、おかげで私はようやくこのへんで彼女がSMモデルを志願してきた理由が読めてきました。お尻の穴を拡げられるのと、腸からアソコをこすられる感じが合わさるとギャーッてなるほど気持ち良くって。今までのセックスって、なんであんなにつまんなかったんだろう?っていうくらい、全然違ったんです。それで…その…ご主人さまは。

奥様は約束通り男性とセックスしませんでしたよ

拘束以外はなし

わたしを虜にする縄の感触。それだけが救いです。イッたんじゃない?わかりません。そんな気もしますが、満足感はありません。それぐらいでいいだろう。金男がやっとシェリーから電マを取り上げました。ぐちゃぐちゃね。外してみよう。と哲次が、やっと鍵を膣から突き出ている器具に差し込んでくれました。すーっと中の空気が抜けていきます。圧迫されていた腹部が楽になっていきます。
ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます

オナニーに耽るイケない手の動きもせわしなさを増して

お尻の器具からも空気が抜かれていきます。一緒に引き抜いてみようか。夫の言葉に驚きます。見ると、シェリーが性器側の器具を、います。ゆっくりやるんだ、こんな風に。夫がお尻の器具をつまみ上げて器具そのものを大きく回すように動かしながら、からみついた粘膜との間に隙間を作っていくのです。うわ、いやらしい!シェリーがうれしそうにいじっています。この異常な状況に、突然、わたしは殴られたような衝撃を受けて、気が遠くなっていきまし。

 

調教にも耐えられるよう努力致しますので

あなわみが感じてる!彼女の声が遠くなっていきます。ホントだ。これはすごいな。なにがどうすごいのかはわかりません。ほとんど気を失っている状態で、なにがなんだかわからないのです。死ぬんじゃないか。またしても、そんな強烈な快感。こんなことをしていたら、わたしは確実に体も脳も蝕まれていくのではないでしょうか。
最初から凄まじいピストンを繰り出した
オマンコつてうふっ

ああ細身ながらイボだらけのバイブレーターは

タオルを持ってきたよ。金男の声。彼らがわたしの体を拭いています。世話がやけるわね。よっぽど気持ちがよかったんだよ。と金男。しないと思うけどね。なわみは度外れた淫乱なのね。もっとも、普通の人はここまで快楽を求めたりなにかをいっぱい出してしまったらしいのです。ですが、体がホッとしてるということは、器具はすでに抜き取られたようです。ねえ、哲次さん。なわみの前でわたしを抱ける?シェリーの1YD葉に耳を疑いました。

違う男の射精を受け入れながら

どうして?夫の声が弱々しく聞こえます。だって、こんな風になっちゃつたら、もう奥さんとして失格でしょ?金男が。もちろん、なわみはもう妻としては考えられない。だけど、おれたちは子どもが欲しいんだよ。と言います。生ませるだけ?だったら、セックスなんていらないわよ。これほど不潔ななわみと哲次さんがセックスなんてしても楽しくないでしょ?
尻が降りてくるのを牧野は目の恥で捉える

くわえていられなくなるとペニスを舐めまわしながら感じ入ったような声を洩らしたりを


だけど、シェリーは子どもは作りたくないんだろう?わたしは当分、出産はしたくないし、もしかすると子どもにはあんまり興味がないかもしれないな!二人がわたしから見えない場所へ移動していくようで、声が遠ざかっていきます。じゃあ、こうすればいいだろう。と金男がなにかを彼らに言っています。それがいいわ!シェリーがうれしそうに言います。と甘えています。いいだろう。それから鼻にかかったように。ねえ、哲次さん。

あんな美しい人妻を抱けるきっかけを作っr亜希子さんに迷惑をかけたりしたら

まぁくんとえっちできない寂しさに大人のおもちゃでオナニーしてたんですよ

祐佐伯は白衣を脱ぎ捨てて下着姿になった洋子をソファに横たえるとそれなら初めからそんな演技をしてる。んだと自覚して、積極的に振る舞う方がずっと気楽でもありました。今日一日我慢すれば救われるんですし。教官室に入ると今日も菜穂さんが先に来ていました。でも他の男性の精子を浴びて解毒した彼女は、もう町田先生と嫌らしい行為に耽ってなどいません。私をイジめるためだけに、ここへ来てるんです。きっと彼女に蔑まれる事だろうと思いましたが、それはますます私の興奮を煽るだけ。亀頭摩擦が開始された赤目にガレージで処女膜を破壊されクリトリスがどんどん…

勃起しているクリちゃんがぐりっぐりつと転がされ

バイブをよじられ

自分から町田先生に向かって行った私は、思い切って口を開きました。お願いです、町田先生。く、ください。おしとやかな千寿先生がこれは又どんな風の吹き回しだ?ずいぶん積極的じゃない、千寿せんせぇ。うわ、何ソレ?実習生が厚化粧?あり得なーい。まあ、それだけ早く俺のチンポの虜になって来たと言う証拠だな。せんせ、こうゆう場合は物の言い方ってもんがあるんだよ。

体内に埋めこまれたバイブは

菜穂が教えたげるから、言ってごらんなさい。計算通り得意満面でホクホクえびす顔になった先生を見て、内心しめた。と思った私は、屈辱を噛み締めながら菜穂さんが言った言葉を口にしていきます。千寿は、チンポが大好きな、嫌らしい女の子です。どうか、町田先生の、お情けを下さい。よしよしいい子だ。ポをやるからケツを振ってオナニーするんだぞ一緒にイコウな、千寿。

男根を唇で磨くように

ありがとうございます。菜穂さん!千寿の嫌らしいお尻をぶって!せんせぇってそんなにどMだったんだ。もうビックリ。もちろん演技だったんですけど、先生の差し出す肉棒をくわえてしまうと脳髄までジーンと甘美に疼き、どうでも良くなっちゃいました。嫌らしく突き出して揺さぶり始めたタイトスカートのお尻を菜穂さんが思い切り叩き始めると、私はどんどん興奮してエクスタシーの階段を駆け上がっていきます。そして私がはしたなく極めてしまうのを見た先生がドッと吐き出した冷たい精液をゴクゴクと飲み下し、一滴もこぼすまいと後始末に精を出していると、安らかな至福感に包まれました。
乳首へのフェザータッチは

フェラをさせながら

--さっきの言葉、まんざら嘘じゃなかったかも淫らな私を演じるため菜穂さんに教えられた通り自らの意志で口に出した言葉でしたが、本当の自分を晒け出しているような気もしました。そのくらいお尻をぶたれて気をやり、先生のザーメンを飲むのが私の変態性欲を満足させ、魂が震える程の愉悦に包まれてしまったんです。でもそれは偽りの私。どれだけ淫らに振る舞い、狂ったような肉の歓びに打ち震えても、なお心の片隅では冷静にこの男へ反抗するスキを狙っている私も確かに存在しています。菜穂さんと言葉を交わしている町田先生のデレデレぶりは失笑ものでした。愚かにも私が心まで完全に屈服してしまったと思い込んでるんですから。

セックスされて歓んじゃうのよね

千寿せんせえ、堕ちるの早過ぎるんじゃない?菜穂はもっと抵抗した。そりゃ本命だからな。俺も張り切って調教してんだよ。昨日なんかケツから吹きまくりながら、俺のチンポをくわえ込んで離してくれなかったんだ。挙げ句にゃイキ過ぎて気絶しやがった。ふうん。やっぱ大人の女の人って、どスケベで嫌らしいんだね。ははは、図星だろう、千寿。冷たいザーメンを飲み終えた私は駄目押しのように言いますが、先生の体液を摂取する度に理性は溶け崩れ、もう演技なのか本心なのか区別が付きませんでした。はい、その通りです。千寿はどスケベでどMなの。

ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

股間から突き上がる

熟女へと180度転換してみたのだ
こんどは、歯が秘肉に食いこむくらいきつくした。麻紀は、その刺激に好ましい反応を示した。痛みに·瞬は身体を硬くしたが、すぐにそれが快感に変わって身体をふるわせる。冴子のほうは、だんだんとサディスティックな気分になってくる。麻紀がマゾっぽい感性だから、冴子はいじめてやりたくなるのだ。その冴子の眼の端に、バスルーム備えつけの、湯掻き棒が入った。

フィニッシュに追い込むだけだな
プラスチック製のすべすべした長い棒である。先っぽは、四角く平らになっているが、手に握る部分は丸みをおびている。その型がエレクトした男根に似ていると冴子は思った。あの、棒をマキに挿入してみようかしら?と、冴子は思った。サドっぽい気分になるのは、冴子も昂奮しているからだ。

先生にオマンコしていただいて

冴子は湯掻き棒を握りしめてみた。手にあまるくらい太い。直径は4センチはありそうだった。先端は半球形に丸くて、しかもすべすべのプラスチック。女の構造を傷つけるものはついていない。問題は、麻紀のあそこが、これだけの直径をうけ入れるかどうか。麻紀は冴子の企みなど気づかず眸をとじて大理石の上で荒い息を吐いている。白い棒を、立膝をした中心にあてがってみた。

お尻を出した方が楽ですよね女性はすぐ勃起できる簡潔明瞭なああソなに?麻紀の期待する声。痛かったら、痛いって言うのよ。なアに、なにを入れるつもり。麻紀はしかし、眸をあけてたしかめようとしない。冴子はちょっと、麻紀のホールに指を入れてみた。当然のことながら、粘りのある液体をたっぷり分泌している。ああツ、硬いのね。マキのに、これくらいなら入るわよ。

静香の股間に肉棒をあてがった

ああソ、ムリ。痛いの?痛くないけど…大きすぎるわ。麻紀が股間に手を伸ばし、冴子が挿入しようとしている棒を手さぐりでたしかめた。いいわ。やってみて。裂けたりしないわね。だって、甲錦さんのは、もっと大きいわよ。その言葉は、冴子にはショックだった。麻紀は甲錦をうけいれるために、トレーニングする気になったのだ。冴子はきつく棒を握り、麻紀にあてがった。女のあそこは、伸縮性があるという。

愛撫されているよう実際

そのときになれば、赤ん坊の頭が出てくる。冴子はむろん、その知識はあったが、直径4センチの湯掻き棒を麻紀に挿入するのはやはり緊張する。丸い先端部をあてがい、ぐいと力を加えた。ところが麻紀のその部分は全体にやわらかく凹んだだけで、棒の本体は1センチも入らない。やっぱり、ムリかしら?ああン、やってみて。麻紀のほうも、好奇心に駆られたようだ。自分の手をあてがうと、ワレメを左右に押しひらいた。すごい…。冴子は、息を飲む。昂奮した揚げ句とはいえ、麻紀は自分で女陰をむいてしまったのだ。

    1. これまでもセックスでそれなりの快感を得てきた
    1. あの静香先生がオナニーしている
    1. 萎えたペニスも利枝子のフェラチオですぐにそそり立ち

痴漢の指が的確に動かされるたびに

セピア色に薔薇の色を加えたような色をした乳首に

オーガズムを感じている京は
呼吸も苦しいほどです。太腿の付け根と手首をくっつけて縛られます。足も左右を梱包するようにびっちりと。畳に仰向けにされ、身動きできません。ぐるぐる巻きですが、左右対称に編まれた縄は美しく、我が物顔に体を支配しています。さて、仕上げだ!赤岩は細い十センチぐらいの縄の先端にチューブから透明な液体をつけました。目をつぶって。閉じたまぶたに、その縄の先端が押しつけられました。

子宮口にぶち当てるまで深々と貫くと
数秒のことです。縄が引かれると、まぶたが強制的に開いてしまいます。瞬間接着剤だ。安心していいよ、溶剤ですぐ取れるからね。まぶたを引き上げる細縄を額におき、たを閉じることができません。口をあけろ。ヘアバンドのように別の縄を頭に巻き付けます。まぷ今度は同じように細い縄ですが、1メートルぐらいあります。

勃起してしまうだろう

ゆっくり呼吸するんだ。縄の先端が左の鼻孔に入れられました。ぐはっ。涙が出ます。ぐいぐいと奥へ押し込んできます。くしゃみや咳をしてもいいぞ。あひぃぃぃ。ガハガハと苦しみながら、縄が喉に達するのがわかります。こっちもだ。右の鼻孔からも縄の先端が入れられます。苦しさと恥ずかしさ。こんなことをされるモデルはおそらくいないでしょう。

島津をフェラするはずだった股間の臭いがいいぞ。ペンライトで口の中をのぞく赤岩が、大きなピンセットを口の中に入れてきました。ぐうひい!口から引きずり出したのです。敏感な粘膜を擦それで鼻から喉に出て来た縄の先をつまみ、りあげていく縄のおぞましい感触。ふゆえええ。目を閉じることもできず、自分の体に暴虐を加える赤岩を、涙越しに見続けることになります。とてもうれしそうに作業をしています。背後の金男も興味深げです。深川先生は足元の縄をさらに丁寧に縛っています。

チンポを晒して転がされていた男子生徒を見つけて声をかけた

口から二つの縄尻が引き出されました。赤岩はそれを固く結びました。わかるな、どうなるか。縄を鼻孔側から引っ張ると、喉の奥に結び目があたりました。木で鼻をくくる、なんて表現があるけど、本当に鼻をくくってやったわけだ。ぐいっと引っ張られると、とっても苦しいのです。あぁあぁぁ!今度は開いたままの口に縄がかけられます。

アナルに埋まったローターの振動を上げていき

猿ぐつわのように何重もの縄を噛まされるのです。今回のテーマは、新巻だよ。新巻鮭みたいにね。新巻というのは葦や藁で魚を巻いたもののことなんだけどね。あらまきあしわら鼻の縄を動かされるとゲホゲホとむせます。鼻汁や涎が飛びますが、赤岩たちはおもしろがっているのです。

    1. ザーメンの始末なんかしないでいいから
    1. 滅多にないほど大きなオーガズムで気を失っていたのだ
    1. セーラー服の美少女が泣き叫ぶさまを陶然と見おろし

チンポをしゃぶりたいんだってよー

男根はまるで大きさが違っていた

下着が見えてしまいそうだ
理紗は教決意を表情にみなぎらせて、泉美は顔を上げた。お願いです。理紗先生とキスさせてください。えぇっ!?わたし、まだ、唇だけは、柳沢先生に奪われていないんです。泉美の言葉を聞いて、理紗は、ああ、と思い起こした。そうだわ。わたしのときと違って、柳沢先生は泉美さんにキスをしていない。

肉棒を責めるときはいつもそうやって

わざとなのか、舞い上がっていて忘れたのか、わからないけれど…。泉美は真摯な瞳で理紗を見つめ、湯の中をにじり寄った。肩の周囲に小さな波の同心円が広がり、理紗の肩に当たる。理紗先生にファーストキスをしてもらえれば、わたしの身体は、んっ!自分の身体がどうなると言おうとしたのか、泉美はきれいに忘れる。言葉を紡ぐべき唇を、理紗の唇にふさがれた。

 

すばやく膝を組んで勃起している部分を隠す晃太

んんん…。うん…んふ。密着する二つの唇の間を、甘い吐息が行き交い、ひとつに混じる。識のうちに女教師と女生徒は湯の中で指をからめ合っていた。無意二人を中心にして、さざ波の同心円が湯船いっぱいに広がった。ローカル線で二人乱れる。こういう向かい合わせの座席のことをなんと言うのか、知っているか駅から走りだした列車の中で、柳沢喜四郎がいかにもなにげない世間話というふうに、対面した座席に座る二人の美女に質問した。理紗と泉美は硬い顔を見合わせ、知らないわ。し、知りません。そろって同じ答えを返す。

処女が相手ならともかく
喜四郎はにこやかな笑みとともに、クロスシートと言うんだ。神託のごとく正解を告げる。理紗と泉美は、また顔を見合わせた。ればよいのかわからない。上機嫌な男に対して、どう反応す。三人はローカル線のクロスシートに腰かけていた。進行方向を向く席に、喜四郎がどっかりと座る。背を向ける席の、窓側に泉美が、通路側に理紗が座り、身を寄せ合っている。

 

セックスして

これも昨夜の喜四郎からのリクエストに従った結果だ。同じ色のスーツとブレザーのおかげで、ペアルックに見えた。年齢の離れた二人の微笑ましい対面の喜四郎は、もう意地になっていると思うほど、不変の鼠色のスツにズボンだ。きちんとクリーニングしてあるのに、どこかしおれた印象があった。理紗と泉美は、昨夜の電話の指示で、朝から酉岡駅の改札内で落ち合った。

張り詰めた亀頭に唇をかぶせ

奥様は約束通り男性とセックスしませんでしたよ今日は、泉美が処女を奪われた月曜日から六日後の日曜日だが、理紗はやはり女教師スターをつづけている。樫山学園の制服の色と似た臙脂色のスーツとスカート。白いブラウスに白いストッキングに黒いローファ今回は理紗本人の意志でファッションを決める前に、郎から電話があり、臙脂色のスーツと指定された。土曜日の夜に喜四泉美も登校するときと同じ制服を着ている。臙脂色のブレザーに赤い紐タイ、赤と緑のチェックのプリーツスカート、白いソックスに黒いロファー。

チンチンをめちゃくちゃ感じさせる薬なんでしょう

チンポをおっ勃てちまうとはな最愛の妻が寝取られる場面で興奮してしまい

尻を高く掲げ
いや、キャリアにとっては、ノンキャリの課長など、道具に過ぎない。己の意志を持って動き回る虫以下の、ハサミや鉛筆並みの、単なる。に過ぎない。だが、どれだけの巨悪であっても、いや、巨悪であるからこそ、己が身を振り返ることなく挑む魂は、誰にもつぶせはしない。やってやる。この決心は、若手の山口には、想像すらつかないだろう。部下だけで。と約束をした。それこそが山鹿の決済を通すトリック。部下だけ。

乳首を縛っている紐と結びつけた
と言えば、通常は捜査一課の直属の20人足らず。生活安全課の村上の部下を入れても、全部で30人にも満たないだろう。ふん、一寸の虫の魂を見て見ろよ。県警本部長の巨大な権力の前では一課長も虫ケラ以下。だが、その。は、捨て身だった。捜査課には3課まである。三つの課が合同捜査をする場合、管理官が指名されぬ限りは、第一課長が指揮を執るのが暗黙の了解だった。

アナル快感が交互に押し寄せて

その上、それぞれの課に臨時の助っ人を入れる編成にしてやれば、予備部隊まで入れて、優に100人体制がとれるのだ。その権限は、非公式ではあるが、非合法ではない。山鹿には、確かに。部下だけで。と約束した。そして、確かに、使うのは。部下だけ。なの横転して以来、中央にばかり目を向けた接待と派閥政治ばかりに気を遣うキャリアがこの不文律を知るわけはなかった。もちろん、そんなのはペテンに過ぎない。だが、石松は本気で、ペテンをやろうとしていた。

エッチなんて何も知りません尻を振ることしか抵抗手段のないもどかしさイチ課長は、断じて、単なる。捜査第一課の長。ではない。自他共に認める重犯罪捜査の総元締めなのだ。二課と三課の課長は、頭を下げる石松の決意に、心から従うと決めてくれていた。課長席に戻った石松は、決意を込めて、居並ぶ。達に宣言する。たった一言で、捜査課すべての人間が極度に緊張した。石松の声は、いつにない緊張感を漂わせている。

片桐が膣の中に指を捻じ込む

この瞬間から、石松の。ご苦労様でした。があるまで、一課の、いや、捜査課のすべての人間が、事実上、石松の指揮下になったのだ。既に居並ぶ全員に伝わっている。石松が、いつにない覚悟と決意を持っていることは、誰もが、息をするのも忘れて石松を見つめていた。石松は断固たる声で宣言した。大規模な抗争の恐れがある。ヤクとオンナが絡んでいる。もちろん、ウソだ。そして、課内の多くの者が、ウソだと、いや、その本当の目的を、うす。

尻の部分を食い破り

うすながらも知っていた。もちろん、石松が、そのウソを山鹿に通したことも、既に周知の事実だった。自分たちに分からぬ、よほどの事情があるに違いない。課員たちが見つめる石松の表情は、いつにもまして厳しいのが、その証拠だった。全ての人間が、緊張の面持ちになるのも当然だった。石松の言葉が続いている。全員、防刃衣着用のこと。

    1. レイプさせてそれをネタに未成年の娘を
    1. 股間を合体されてしまっていた
    1. 奴隷に落されたため

ついに与えられた村上の肉棒だった

痴漢の手は

オナニーしてるのよさすがに今度は女子トイレ。監督さんもカメラさんも入れないので、今だけ麻美が撮りまーす。普段のマゾぶりはどこかに置いて来たような楽しそうな声で麻美がそう告げた。洗面台のところにひとり居た婦人は、て慌てて出て行く。カメラを一瞬見たが、顔をしかめ一番奥の個室に入れられて、しかし撮影のためにドアは開けたままで立ったままスカートを捲り上げられる。トイレに入って、うんちできないなんて地獄のようね。彼女の目尻から涙が溢れ綺麗なオマンコだわ痴漢達が何かの入った丈夫そうな紙袋を握らせました

恥骨とクリトリスをこすり合わせるように身を揺すってくる

肉棒は早くも根っこから硬くなって起き上がり

こんなにお腹ごろごろ言わせてるのにね。えぇと、お尻にも入れてあげる替わりにおまんこもね。リサはポケットから極太のアヌス栓と青い色のローターを取り出し、先に突き出させた尻に栓をし、そのまま後ろから性器にもローターを挿入し。まあ濡れ濡れ。マゾね。リサとてすっかりS役が板についているとはいえ、もともとはMの素質十分の女だ。この辛さがどれだけマゾ娘の心に響くか重々承知しているのだろう。いくら母親の影響や、また義理の父親に中学生の頃から調教を受けて来たとはいえ、乃里子のマゾとしての成長ぶりには、米倉も驚いていた。

この人妻は長期出張中の夫がいない退屈をもて余していることが何となく分かってきたと

ああ急がないと。湘南新宿ラインって乗り遅れちゃうと次がいつ来るかわかんない。個室から出されると、リサに手をとられ早足で女子トイレを後にする。カメラマンにカメラを返す余裕もなかったのだろうか。駆け足で階段をひきずられるようにしって行くふたりを不慣れにし下にぶれた映像で後ろから追っていき、ホームにたどり着いてもまだカメラは固定されずにいた。が、電車の入ってくるところが映しだされたところで突然安定して元の持ち主に戻されたことがわかる。

夫とのセックスを想像せずにはいられないだろう

銀のステンレスにオレンジとグリー。のラインが入った電車は、神奈川の地方都市から渋谷新宿池袋を通って埼玉県や栃木県まで足を伸ばしてい。よかったわね、座れそうよ。ガラガラと言ってもいい空き具合だった。リサの言うとおり、またしても女子高校生姿の乃里子を挟んで白衣の二人が席に着く。そのうち麻美はナースキャップをかぶったままで看護婦とするならば、冷酷な女医といったところか。いずれにしても異様な光景だろう。リサはカメラマンも向かい側の席に座ったようで、それになる。
私が女奴隷1号でございます

膣内を絞りあげるような電流が走った

目線の高さが座った乗客のゆっくりとカメラが乃里子の顔をアップにしていくと、栓をされたとはいえ、排泄そのものは自分の肛門の力で我慢しなければならない娘は、走らされたり階段を駆け上がらされたりしたせいか、ますます青ざめ、額に脂汗を浮かべていた。電車が静かに動き出して、げられる。車内アナウンスで新宿駅の到着時刻などが告カメラはその間もしばらく乃里子の表情を映していたが、と体ごと顔も動いた。突然、ピクリカメラが引くと、乃里子の性器に挿入されたローターを動かす水色のリモコンを手にしてカメラに向かって麻美が微笑んでいた。稼働中であることを示す赤いランプが灯っている。乃里子はうつむき首を力なく横に振るが、リサに髪の毛を掴まれて、無理矢理顔を上に向かされて、カメラにその表情をまた晒される。とめて。

調教を手掛けて来たからだが

と動いたのがわかった。しばらく髪の毛を掴んでいたリサが手を離すと、乃里子は引き寄せられるようにリサにもたれかかってしまった。それを見て麻美がローターのスイッチを切るのが映し出される。やっと体を起こした乃里子の耳元にリサが何かをささやくと、と首を縦に振った。うんうんリサが今度は麻美に何かを告げると、麻美はカメラに向かってリモコ。を突き出し、スイッチを入れて三秒ほどですぐにオフにして、自分のその操作にしっかりと乃里子が反応したのを見届け、満足そうにそれを白衣のポケットにしまった。

尻を包んでいる

彼女はこれからも大木とのセックスを楽しみたいと思った

下着やスカートシャワーの噴流を強くし、さやかは女の中心にあてる。左手で陰唇をひらき、粘膜に直接シャワーを注ぐ。これが気持ちがいい。シャワーを性器にあてるのは、さやかの秘めた愉しみであった。強い噴流に、さやかの秘肉がふるえ、シャワーの筋·筋がクリットの包皮にあたり、ちょっと覗いた。粘膜を刺激する。尿道口やラビアの縁、あるいは女門の入口にはねる。アナルで絶頂を楽しむ事も出来るようになりましたがチンポが大好きなセックスフレンドになって欲しいの学校のある街に住むなら

ペニスと交わることを望んでしまっています

津山さんのおチンチン

このひとつひとつの快感がまじりあい増幅されて、むずがゆい気分にさそう。結果的には、さやかの恥部はきれいになって、今里の愛撫を清潔な身体でうけいれることができる。ようやく身体を洗い終えると、さやかはバスキャップを脱いでもういちど鏡の前に立った。肌がピンク色で、股間を飾るヘアもつやつやしていた。さやかは、今里と知りあったときのことを思い出す。

いまだセックスの余韻に浸りながらも

スポーツ番組の女性キャスターのさやかは、取材を通して今里と知りあった。今里が武蔵野イーグルスに入団して二年めの、沖縄キャンプにさやかは取材に行った。グラウンドで監督、コーチ、主力選手などの話を聞き、外へ出ようとしたとき今里が追いかけてきた。すみません。どこのテレビ局ですか?首都テレビよ。さやかは、胸がきゅンとした。今里は現在のような大スターではなく、高校生の面影を残す童顔。

愛撫の体勢を取った

しかし、汗まみれの全身から、牡のフェロモンの匂いを発散させていた。その匂いに、さやかはしびれたのである。一緒にいいですか?今里は照れくさそうに言って。苦手なんすよ。と、つけ加えた。通路の外側には、サイン帖やプレゼントを手にしたグルーピーの一団。女性キャスターと一緒なら、女の子に囲まれずにすむと今里は思ったらしい。あら、いいわよ。さやかはマイクを突き出し、二年目の目標は、レギュラーに定着することですね。
ペニスがすぐさまムクリと勢いを取り戻すようだった

尻を突き出している

などと、取材を装ってグルーピーの中を突破した。次に今里にあったのは、彼女がキャスターを務めるスポーツ番組に、今里は朴訥な口調でさやかの質問に答えながら、今里がゲスト出演してくれたとき。食事にさそってもいいですか?と台本に書いた。テレビカメラの前でぬけぬけとデートを申しこんだのだ。さやかはカメラが切り換わった瞬間に、いつでもオーケーよ。と、返事を書いた。

谷間の掴みを上から下へ愛撫を与えています

さやかは、こうしたいきさつを思いだすと、五歳も年下の男性に、いとも簡単にものにされたように感じる。最初から今里に、憎めないものを感じていたのだ。今里のベッドは、四百万円かけて特注したラージサイズである。腰や背中を痛めないように、固いベッド。さやかは湯上がりの全裸にバスタオルを巻いて、今里に近づ湯上がりの肌をバスタオルで隠し、ベッドに待つ今里に近づきながら、さやかはコケティッシュな流し眼をした。さやかのように、男に慣れた女でも、軽く緊張する瞬間である。