調教に乗ることもあるが

尻を差し出す姿勢

三十万円と指定していた慰謝料の支払いがまだでは、立場上俺を拒否する事も出来まい。和室に通された俺に折りたたみ式の小テーブルを出して座らせた恭子さんは、しばらくお待ち下さい。と部屋を出て行く。どうやらじっくり話をする覚悟を決めたらしい。俺は外見こそみすぼらしいが、町内会長として隣人として彼女との信頼関係を築いて来たつもりなので、恭子さんもまだ安心している。事だろう。だがとうとうここで俺は隠していた調教師としての淫らな牙を剥き出し、彼女に襲い掛かるのである。
下着なんか着けられないわね

射精してやや硬直が弱った

もちろんいきなりレイプするわけではないが。この部屋、扇風機しかないんか。やっぱり亭主がアレではな恭子さんを待つしばらくの間、俺は持ち込んだアタッシュケースの中のいかがわしい物品を確認すると、かなり使い込んだ古い扇風機が回っている殺風景な部屋の中を見回し、客を通す部屋に空調設備がない事などから裕福な暮らしではない事を推察した。恭子さんはそれなりの収入がある。ナースだから、前回俺が提示した慰謝料の三十万円を払えぬ事はない筈だ。が、すぐには用意出来ないようであるし。彼女にとっては不幸な事だが俺はこの後の話がうまく運ぶに違いないと期待してしまう。粗茶でございます。ごゆっくりどうぞ。良い所の若奥様のような見事な礼儀正しさでお茶と菓子を運んで来た恭子さんを見て、俺は又少し胸の高鳴りを覚えた。

 

疼く子宮が

急に訪問したので、彼女も淡い色の薄手のシャツに黒いズボンと言うラフな格好だったが、バンと張った胸はこんな長身でスタイルの良い女性には不釣り合いなくらいの巨乳だ。背が低く貧相な体付きの俺は、こんな大柄で肉感的な女性がタイプなのである。いい女にムスコは正直、とは良く言ったもので、俺の股間はずっと痛いくらいの勃起を保っていた。今年はなかなか涼しゅうなりまへんなあ。そうですね。クーラーがなくて申し訳ありません。何、この方が体にええわ。
股間の臭いが
と紡ごうとしても下半身の戸惑いのせいで

尻には

そんな他愛のない言葉を交わしながら、俺はのんびりとお茶をすすった。熱過ぎずぬる過ぎず、ちょうど良い加減の温度で、出された甘い和菓子と一緒に口に入れると、幸せな気分になるくらい旨い。俺は夫の達也が帰って来るまで十二分に時間がある事がわかっていたので、実に麗しい茎の姿態をとっくりと鑑賞してドキドキしながら、茶のおかわりまでしてしまった。今日はそこまで行かないが、こんな素晴らしい美女を性調教出来るとは。アカンアカ。この立派な人婪を愛する夫から引き離す調教など悪魔の所業やで。

一気にいきり立っているコックを挿入しました

俺はボンに脅されて、泣く泣く仕事を請け負っただけや。あいつと同レベルになったら、神様のバチが当たるで俺は調教師だから、人間の下半身は人格とは別物だと、よくわかっている。俺に肉棒調教された女性が、心ではどんなに抵抗しても、快楽を刻み込まれた身体が男になびいてしまうのと同様に、男の俺も頭ではいかに許されない不道徳な事だとわかっていても、こんないい女に下半身は黙っていないのである。今披露された完璧な礼儀作法と言いお茶の入れ方と言い、恭子さんは彼女の上司である、旧家の血を継ぐ淑女久美を想起させる:い女。全く何でこんな女が、あんな駄目夫を選び所帯を構えているのか、守男ならずとも不思議である。だが、男女の仲に勘ぐりを入れるなど無粋の極みであるし、それで2人を別れさせても良い、などと自分勝手な守男の理論を是としてはならない。
チンチンをめちゃくちゃ感じさせる薬なんでしょう

あゆみのクリトリスも充血し


それは人の道を外れた考え方である。ところで、奥さん!今日参りましたのは、例の示談金の事ですのやが…。三十万円でしたら、必ず来週までには用意致します。もう少し待っては頂けませんか。いや、それが、誠に申し上げにくいのやが…三倉さんに山田さんが三十万円払う事を承諾された事を連絡した所、あのお母さんが火ぃ吹いて怒られましてな。ど、どう言う事でしょう?お母さんが言うには、三十万などと言う端金で示談に同意した覚えはない、三百万のつもりやった、と。