柔らかくて綺麗なオッパイだ

おれは腹ごなしにピストン運動をしたいって言ってるだけだぜ

アナルを貫いた教頭先生も一緒に後ろから付いて来て
なので、貴女が残る三本の仕事をきちんとこなさなかった場合、貴女のママ友梨がまたされる。ことになってた電気チンポのおまんこ責めは、身代わりに貴女のかわいい妹さんが受ける。ということに決まったわ。ま、今のところの二本はよく頑張ったようだし、売上も上々らしいじゃない、えらいわね。三本目のビデオに向けてお尻の穴の開発も素直に受けてて、順調みた。いだしね。とげとげあのエレーナというロシア女が、実際に容赦なくあの針を出してさらにそこに電気を流せる。

私はコックの愛撫をくり返しながら彼のコックはより一層大きさを増して
という残酷で凶暴な擬似男根を、脅しではなく、実際に本当に使うのだということを梨乃と白分に見せたことで、梨乃の母親はその役目を果たし終えたということかステージママとして、娘をトップアイドルにまで育てあげたにも関わらず、夫に裏切られたったの三百円で売られたという哀れな女は、見せしめに使われた上に、どこか外国に性奴隷として売られてしまうのだという。梨乃が一瞬絶句してしまったのも、無理のない話だ。やや間があって、ようやく梨乃が。沙織様…。と、再び女の名を呼んだが、沙織は、無理よとばかりに首を横に振って見せただけだった。さて、感激のご対面と、事務連絡はそんなもんでいいかね。

股間をわたしの顔に押しつけてきました

五十嵐会長、今少しだけお待ちください。それには、乃里子が答える。みゆきさんが見ておけるうちに、そして奥様がお乱れにならないうちに、病棟のルールのお手本だけでも見ておいて貰ったほうが後々楽なのでもう少しだけお時間下さい。隣のアイドルさんにも一緒にやらせて会長のお目にもお楽しみいただきますし、なんならウォーミングアップをうちで一番若い杏奈の口を使っていただきながらで構いませんので、今少し時間を下さい。そしてこちら側に向き直った乃里子は。さ、二人とも、裸になりなさい。と、有香と梨乃に命ずる。有香もそして隣の梨乃もさっと反射的に立ち上がった。

射精の余韻を楽しんでいる家元に光太郎は何の愛撫もしていないのに同時にロングタンクトップの裾を手に持ち、一気に捲り上げて首から抜く。こういうことでグズグズして、余計な罰を貰っても仕方がないからだ。それもよ。乃里子が言ったのは、あら、なに生理なの。有香がパンティを着けていたからだ。ここでは入院着の下にパンティを着けられるのは生理の時だけなので、沙織がズバリ指摘したとて不思議でもなんでもなかった。今朝からね。でも旦那様がいらっしゃるというので、部屋はこのままにしたわ。

乳首が痺れ

この年上の女に対しても、乃里子の言葉遣いは特に変わらない。乃里子が部屋のことを口にしたのは、この病棟では生理の時は、生理の女だけが入れられる特別な病室があり、そこに移されることがあるためだ。既に有香も過去三回の生理の時に入れられたその部屋の管理者はあの恐ろしいエレーナだ。他の病室と違いベッドは1台もなく、その代わりにいわゆる婦人科の内診台のような台が五つ並んでいて、乗せられた女は常時開脚を強いられる。正面にはそれぞれビデオカメラと四十インチほどの液晶モニターがあり、通常は五台のカメラが撮っている映像が数秒ずつで切り替わり、自分の恥ずかしい姿も見なければならないし他の内診台の女の様子も見せられてしまう。

股間が黒々と屹立している

そしてこの部屋の廊下にも同じく五台のモニターがあり、それぞれの女の映像を映しだしており、有香も最初の時に先に入っていた女の様子をまず見せられていた。つまり廊下を通るだけで、中に何人の女が入れられているのかわかり、女として出来れば他人に見られたくない生理中の性器を顔や乳房と一緒に常時そのモニターに公開されてしまうわまた、普段有香たちの居る精神科病棟へはたとえ入院患者の直接の利害関係者といえども立入りは厳しく制限されているらしいのだが、この部屋は病棟へのゲートの外側に隣接して設置されているため、整形科病棟側からもこの部屋の前までは誰でも自由に来ることが出来る。見ず知らずのどんな男性に見られているかわかそのため、らないのだ。この部屋に入れられる時だけは、つまり、生理の女をわざわざ見世物にするための特別な病室。なのだった。しかも廊下で見るだけではなく、エレーナの許可さえあれば、誰でも独特の饐えた匂いのす。

    1. 肛門と一緒にヒクヒク動く粘液でヌルヌルに濡れた
    1. マン汁は垂らし放題で
    1. 愛撫に立ち向かわねばならなくなっていた

肛門や直腸がむず痒くなり

下着の替わりに止まったままの3匹の

射精を経験した貢にとっても屈辱感が大きかったかわいい健一君がどうなってもいいんすか?ホラシンジが立ち上がって私の方に向かい、見せて来たケイタイ画面に、私は強いショックを覚えました。それは健一が恐らく彼らのイジメを受け下半身を露出させられている酷い写真だったのです。な、な、何よ…。健一君は大人しそうなのに結構デカチンなんすよねえ…。それにムッツリスケベで、今日も健一君にAV鑑賞誘われたんっすよ。シコシコしちゃうと、すぐにドッピュンって出しちゃうんっすよね。肛門や直腸がむず痒くなり彼のパジャマと下着は脱がされチンポは着けてこっか

セックスの快感をじっくり楽しむことができた

ヴァギナも子宮も男のペニスもすべて1つに融合してしまうのではないかと心配になっ

ちょうど健一が学校のことを話したがらなくなった頃でした。こんな酷い性的なイジメを受けていたなんて夢にも思いませんでしたが、これでは誰にも話したがらないのも当然でしょう。私は思ってもみなかった種類のイジメを受けている健一の写真でパニックに陥ってしまい、逃げようと思っていた脚も止まって立ち竦んでいました。その時、シンジたちが襲い掛かって来たのです。やっちまいな!どうやら準備万端だったらしく、悲鳴を上げる暇もなく口に何かを詰め込まれ、床に押し倒された私は男の子3人掛かりであっと言う間に拘束されていました。

セックスが分かってくる

両手は後ろに回して手錠が掛けられ、口は丸い大きなボール状の物体で塞がれ、あっと思ったら首を強い力で引っ張り上げられまし。んっつつ。さあ、立った立った!何とまるで犬のような首輪が嵌められてチェーンで引っ張られたのです。あっと言う間の狼藉で、私は完全に狼狽し涙を流していました。もう気の強さなどどこかに吹き飛んでしまい、何をされるのかと言う恐怖で全身が慄えおののきました。そして気が付くと私は、部屋の入口の鴨居から首輪を吊られ、ブレザーの制服のまま立ち縛りになっていたのです。

私のお尻を円を描くように擦りながら

お姉ちゃん、結構いい体してるじゃねえっすか。俺、もうヤリてぇ!ぼ、ぼ、ぼくも…。弟の健一をイジメているらしい3人組の男の子たちにスキを突かれあっと言う間に後ろ手錠、口枷、首輪と言うおぞましいSM道具で立った。まま居間の入口に拘束されてしまった私は、彼らの目的が私の体であることを思い知らされ、必死で逃げようともがきました。何しろ私は大人びて見られますが、まだバージ。なのです。しかしこんなことに慣れているのか彼らの拘束は簡にして要を得ており、すでにどうにもならない状態でしところがリーダー格のシンジは、ように言ったのです。
股間のものが激しくズボンを突きあげてくる拒めないのだ

クンニのお返しをしたかったのかもしれない

興奮してはやる後の2人をたしなめる。慌てなくてもお姉ちゃんは。待て待て、そんなにガッツクもんじゃねえ。ちっとも動けやしねえよ。健一はどうする?仲間に入れちまうか。んーっっ!!恐らく私にえっちな悪戯を仕掛けようとしているシンジが、弟まで仲間に入れようかととんでもないことを言い出したので、私は言葉にならない呻きを口枷の下から洩らしました。冗談ではありません。そんなことをされるくらいなら、死んだ方がましでした。

セックスをするのよ

へえ、お姉ちゃん、弟とヤリたくねえっすか?んんっ!当たり前です。私は大きくガクガクとうなづいて見せました。けど健一の奴そろそろ帰って来るかも知れないよ。そんなっ!それまでにこんな酷いこと、やめて、お願い。お姉ちゃん、ぼろぼろ泣き出しちまったすよ。

アナルで絶頂を楽しむ事も出来るようになりましたが

調教をくわえているが

溶岩が溶けているかのように熱い子宮が激しい雨の中、ずぶ濡れになっていました。誰に見られたのかわかりません。そんな余裕はまるでなかった。のです。私が排泄させられた穴に連丘に戻り、再び下っていくと、彼らは毎日、れていきました。これがおまえのクソだぞ。強烈なニオイ。こんなところに出しやがって。すまないと思わないのかよ。ごめんなさい。とやっと言えました。少しは反省しろお尻を蹴られて、頭からその穴に落とされました。人妻の健全すぎるほどの股間を動かし押し黙ったまま指1本触れてくれない雅之さんに必死で置時計の針を放心した表情で眺めている佐伯に下半身を辱しめられてからというもの

挿入した

村上にセックスで支配されている女の証だった

ぐああ。なんていうこと。それほど大きくはないと思った穴ですが、かなり深く、頭からズッポリと汚物の中にはまってしまったのです。息ができません。目にも、鼻にも、口にも、耳にも入ってきます。助けて。殺される…。足を持たれて、引っ張りだされました。自分の汚物にまみれて死ぬなんて。むせています。死にそうです。てみじめで、悲しいの燃えているのがわかります。

クリトリスを摘まんだ指を微妙に慄わせて刺激を強めて来ると

まだ消えていないなんて。いいか。女子校生はこんなことはしてはいかんのだ。ふああ。反省します、だから許して。だめだ。態度が悪すぎる。その穴に正座しろ。いやああ。やらなければ、もう一度、頭から漬けるぞ。だめ、だめ、やります。反省します。なん下半身の炎がメラメラと。ああ、それなのに、反省しろ。自分からその穴に入りました。汚物がその分悲しいほど燃えている私。

ヌルヌルのローションみたいなやつだ

男たちが次々と私に向かっておしっこをします。そのまま放置されて、あふれて肩まできます。おーい、本当の便所だぜ。許して許して…。男たちは帰ってしまいました。激しい雨に打たれながら、すげぇな。あっちの沼へいけよ。いつになったら許されるの。暗くなっていおじさんたちがやってきて、と言いました。出て来い。あいつらはいないから。自分で這い出しました。
よく知っている妻のオーガズムの姿であり

オーガズムだ

う、おれたちの家の外を丘の上にもし誰かがいたらまだマシ。うわっ、くせぇー。ひでぇな、回れって。丸見えだったでしょう。汚物まみれの菜津希です。髪から顔から、体から、とにかく洗い流していきます。ブルーシートのない野原を這いずりました。雨で増えている沼の水はものすごく冷たくて、とんでもないことをしていたんだ、汚いのですが、爪の間れませんこの炎は消えないのだと。したという気持ちが大きくなっていきます。感触と思っていたのです。

調教師はふんふんとうなづきながら聞いていました

走りながらなびく髪もいいな、絶望的な気持ちという反省にはなりました。確信したのです。なにをされても、だけど、炎は消えないのです。これだけのことをして、されて。でももっと、口の中に残っている精液や汚物の味を確かめます。髪の毛は幼い頃から短くしていましたが、女子校生らしく長くしようかもうこれ以上のスゴイことをズンと全身に染みる。でも、伸ばすのはやめることにしました。すっかり暗くなるまで水を使って洗い続けましたが、落ちたかどうかはわかりません。

股間がヌルリとしている

オマンコから抜き取りまし

中出しさせてもらうよ:これだけの損害を掛けられた以打ちのめされた思いで、態に仰天することになる。足取りも重く、新しい職場に赴いた遠山は、そこで思いも掛けぬ事二十人余りの女子社員が働く庶務係の部屋昔からの顔馴染みだった資料課長に伴なわれて、へ入った時であった。正面の窓を背にした係長席に座っているのは、あの木下敬子ではないかカブールでの彼の秘書であり、地下組織に手引きして、彼を人質にした張本人である。しかも、実は、あの進藤茂子の妹で、姉と共に革命運動に加わっている筈の女だった。思わず目を疑ったが、彼女に間違いない。でも、こ。ペニスの胴で感二人はセックスの最中だった係長さんとの浮気セックスは

射精をした

お尻を使えるように拡げておいてくださいね

では君の上司になるんだ。驚いただろう。カブールで君の秘書だった木下君だ。から、そのつもりでな。資料課長は、彼を敬子に引き渡すと、また席に戻って行った。こちらへいらっしゃい。お前の仕事を説明するわ。敬子に”お前”と呼び掛けられ、遠山の胸にはグッと怒りが込み上げる。敬子は素知らぬ顔で、彼を隣の会議室に伴った。

セックスの快感を知っていると思い込んでいた

では、お前は私の部下なんだから私には敬語を使うのよ。敬子は、高圧的に命令した。何を言うんだ!君が進藤茂子の妹で、僕を地下組織に引き渡したことは、ちゃんと判ってい声を荒げて抗議した。ピシーッと敬子の平手打ちが彼の頬に炸裂する。遠山は、途端に、私、思わず吐気がしたわ。どお?懐しいだろう!お前は、もう人間じゃない。そのら送って来たビデオを見て、証拠に、ホラ、この臭い敬子は素早くパンティを脱ぎ、まるめて彼の顔に押し付けた。

下半身に顔を埋もう一度せかすと

ムッとする女の股間の臭いが、彼の脳裏にあの屈辱の記憶を呼び戻す。茫然として、我を失った遠山を見下ろして、敬子は勝誇って言葉を続けた。でも、それからね、来年になったら夫婦で帰国するから、また毎日奉仕させてやるって。の間に”やき”が戻らない様に、私につないどいて欲しいんですって。…フフフ、味か判る?どんな意フッ、姉さんと味を較べて御覧!ガンと頭を殴られた思いで、遠山は、ただうろたえるばかりである。
新庄は粘りを強めてきた膣口に人差し指と中指を並べて宛がうと

足首をそれ秋穂はいわゆるM字開脚のポーズで椅子の上に拘束されていた

結局、敬子の思惑通り、彼女の尻に敷かれる羽目になってしまった。茂子とそっくりの量感のあるヒップが、彼の顔面に据えられ、繁みを鼻に触れさせながら、口中に汚水が注ぎ込まれる。姉さんからお前に言付てよ。二度と食卓には上れない”ですって。”糞壷に浸った御飯茶碗は、お前のことね。さあ糞壷に戻りなさい!ウフフフ、敬子の汚水は、この一ヶ月、忘れていた屈辱の味を彼に思い起させ、再び、転落の道を歩み始めた己れの運命を、はっきり意識させたのだった。

セックスにだって興味があるに違いない

転落したエリート課長課長以上の幹部達が深刻な面持で朝沈欝な雰囲気に包まれた、こから延々と討議を続けている。商事の大会議室では、昼の休みを挟んで、それは、もう五時間にもなろうとしていた。昨日、突然にアメリカの有名な大手金融機関が、当のR商事の買収を発表したのだから無理もないそのニュースが事実であることを知って、一種のパ文字通り寝耳に水のR商事の幹部達は、ニックに陥入っていた。中規模の総合商社で、これ迄そこそこの業績を上げていたR商事の株を、このところ資金繰りに苦しんでいた大手株主の親銀行が、アメリカの取引先にこっそり売り渡したのが真相だっ企業の買収や統合が、日常茶飯事のこととして行なわれているアメリカと異り、では会社の乗っ取りはそう多くない。日本の企業しかも、外国の企業にテークオーバーされた例は稀だった。

勃起する

乳首にむしゃ

たっぷりとオーガズムを教え込まれてから
局長の伊知地と亜希子があやしいと陰で言う者もいたが、二十も年が離れていてあまり本気にはされていなかった。局長と工務部長の仲が事業運営をめぐって険悪の度を加えるなかで漂いだしたものであり、局長をゆさぶる為にする噂として職員は首をすくめていた。セックスの感じからして亜希子には正常位で用心深くゆるゆると感触をたのしむ男の影があった。伊知地は事務系キャリアとしてA市の都市整備局総務部長から一年四ヶ月前に水道局長に昇格したもので、そのときの人事異動で総務課の情報管理をしていた亜希子を広報担当主査に抜擢した。抜擢人事は他にもあったが、広報経験のない亜希子がなにゆえ広報担当なのかといった声はくすぶっていた。

アソコを鎮めようとしているのだろう

しかし、亜希子の仕事ぶりがそうした声を掻き消した。水道局に来る前、亜希子は都市整備局の計画課にいた。当時、伊知地は計画課長として亜希子の上司であった。伊知地は計画課長から同局総務部長に昇格し、そして水道局長になっている。伊知地と関係があるとすればその計画課時代に生じたものではないか。

 

細かく感じ取ること彼女は亀頭のエラが秘肉を摩擦する様子や

そう考えると伊知地が亜希子のいる水道局に局長としてやってきたのはあながち偶然とは言えない。亜希子の肢体によって裕也は二人の出会いをさぐった。さぐるといっても単なる推測の域を出ないが、裕也は確信に近いものがあった。11イ、11肌が火照ると亜希子はその声を発したが、どこか抑制がきいていた。普通なら。いこと声をひくところを亜希子は。

大竹がゆっくりと彼女の股間に顔と手を近づけた
いいさと意識して言葉をかさねていた。口癖を抑える覚めた堅さがあった。なにかの拍子に亜希子の声が。とくずれかけたが、裕也は気づかぬふりをして行為をつづけた。伊知地と関係があったところで裕也はどうでもよかった。もしそうなら伊知地の目をかすめてその占有物の使用利益を得たものであり、伊知地への嫉妬よりもむしろ、その律儀なセックスを押しつぶしているようないびつな快感があった。若いわね。肌から離れると、亜希子はとろっとした顔でつぶやく。

 

尻穴のコブは一回り大きくなっていました

のが常であった。新聞に掲載すればその時点で秘密が解かれるため、秘事に対する認識が希薄のようだ。全国紙の記者同士が共同取材のあと、シティホテルの廊下などで誰と飲みに行っと辺りはばからず話しているところを裕也は何度となく目にしていた。亜希子が記者連中の誰かと関係を持てば耳に入らぬはずはない。亜希子から肌のよしみに乗じた依頼があるだろうと覚悟していたが、個別な話はなにもなかった。依頼があれば、それの見返りとして二人だけの時間が得られるかもといった淡い期待もあった。

過去経験したどのセックスよりも刺激があったと

痴漢の指が的確に動かされるたびに裕也は亜希子より六つ上の四十二であり、年上の男に言うような言葉ではなく、また節度をわきまえる亜希子らしくもないが、行為の余熱に浮かされてほろっとそれが口から出たもので、年齢ではなく行為の若さを指していた。亜希子の生の声を引きずり出したのかと思うと悪い気はしない亜希子は記者連中に。亜希ちゃん。と呼ばれていた。その気になれば相手に困らないはずなのに、よりによってウダツの上がらない業界紙記者の自分となぜ肌を合わせたのか裕也は妙な思いがしたが、亜希子の肌の感触が脳裡にひそみ、なにか通じ合っているような気分があった。他の記者にその感触を与えていても不思議はないが、その気配はなかった。記者に対し行政関係者は機嫌をとるように下手に出ることが多く、そのせいかざっくばらんで饒舌な記者気質が目立ち、いつまでも内緒事を抱えていられず、ぽろぽろとパン屑をこぼすように秘密をもらす。

下着姿を披露している相手は男性だった

股間で急角度にそそり勃ったモノに燃えるような視線を送りキチンと頭を下げる

そのため左肩が肩甲骨全体と右の尻たぼは全くの。で残されていた。まと白い部分が大胆に残っていることで、後ろから見るとまるで高級な着物でも身に纏っている。かのような艶やかさだった。これはこれは、見事な仕上がりになったものだな。四つん這いの、左にいくつもの花、右は真っ白という尻が見事だ。見事過ぎるほどだ。あで隼人もしきりに感心している。
痴漢の指が的確に動かされるたびに

尻を着けて座りこみ

この四ヶ月でだいぶ痩せた割には、お尻は大きいままだし、四つん這い歩きを後ろから見た。なんともエロティックな眺めすぽ時に、その狭間で窄まったお尻の穴が見え隠れしてるのがまた、六--六そうなのだ。友梨の願いを聞いて最後に娘たちに会わせてやりたいという気持ちもあるにはあったが、むしろ会長にこの出来栄えを披露するに絶好の機会だと思って、乃里子と相談してセッティングしたのだ。尻たぼの白さを損なわないために、二ヶ月以上鞭打ちの刑も封印してきた。友梨は、開脚台に乗せられた自分の娘二人を含む四人の女達に見せつけるように、入口の反対の壁際まで麻衣に牽いて行かれ、そこでUターンをさせられ、再びこちら側に向かって歩かされてくると、乳首を残忍に引っ張るチェーンが、麻衣から三角木馬の前で待っていたエレナに引き継がれた。

 

すでに硬く勃起していた分身が

タチナサイ。アッチヲムイテ-四人の女達の方に顔を向けて直立するように命じられる。エレーナは、いつの間にか手にしていた赤い大型犬用の首輪を麻衣に手渡して友梨の首に巻かせると、手渡されたチェーンの先端を首輪の金具に取り付けた。じゃらりと音を立ててチェーンがちょうど友梨の股間のすぐ上で二つ折りになってぶら下がり、乳首の釣り針を今度は斜め下に無残にも引っ張る。それを一瞬だけ目で確認した友梨は、それでもすぐに再び顔をまっすぐにし正面を見て、時に手を頭の後ろで組む躾け通りのポーズになった。同まっすぐ前を向いてはいるが、木馬の両隣が懐かしくて可愛い自分の娘達が目に入るだろう。
調教に乗ることもあるが
熟女ですが

張り詰めた亀頭を舐め回し

娘たちは哀れにも、M字開脚を強いられ、露骨なまでにその性器を晒し、母親は奴隷のポズで正対している。同部屋で。していた姉の梨乃のはともかく、見るのは多分初めてだろう。妹の友乃の性器など年頃になって以降になんとも惨めな再会シーンではあるが、望んでいた友梨は急にこみ上げてきたか、した。こうなることはわかっていて、それでも会いたいと真っ直ぐ前を見据えた目からひと筋ふた筋と涙を零それを見て隣で乃里子が口唇を噛んでいる。運命とはいえ、マゾの女たちのなんと哀れなことか。

クリトリスだった

拾ってくれたのが隼人だか今頃はどこかに売られて惨自分とて、らよかったが、それがたまたまここのただの会員だったりしたら、めに暮らしていたかもしれないのだと、加奈は思う。それくらい日本人の奴隷妻や奴隷女は今や海外で需要があるのだ。四十歳くらいまでで容姿がある程度端麗であれば、あっという間に買い手がつく。まあそれも、真性のマゾである自分はきっと受け入れたことだろうと思いはするのだが。エレーナ、足上げさせて会長にアレもお見せして。
達也が軽いピストンを始めただけで

股間を撫でてきました


もらい泣きしそうになるのを何とか堪えて、買い手側の三つ目の要望を披露するように命じる。言われたエレーナは、横の方まで美しく花模様がいくつも描かれた尻の左側をバシンと平手で-き。コツチノアシ、タカクアゲテ、オマンコ、カイチョウニオミセ。友梨も、ステージママにはよくありがちな結婚するまでは自身もバレエを続けていたというパターンのため、今も脚を曲げずに高く上げられることがわかっているための命令だ。高く上げた足首をひと回り大きいエレーナが持つ。

オナニーなんかしなかった昔は存在することすら知らなかったオマメちゃんは

尻の穴もばっちり拡げられてるんだろ

拘束から解放された右胸は
ああ、嬉しいーザーメ。って本当はこんなあったかいのね町田先生の悪魔が出したような冷たい精液とはまるで感触が違いました。私は一度出して貰ってもなお正ちゃんにしがみ付き、柔らかくなってしまいそうなペニスとの合体を維持して余韻を楽しみます。千寿ちゃん。駄目えっ!いかないで、もっとちょうだい、もっとおし。でも、もう2回も出しちやったから、さすがに無理だよ。離れていこうとする正ちゃんにしがみ付き逃すまいとペニスを締め付けて。

股間の毛を剃られたり

もっともっと。とおねだりしてしまった私は、彼の言葉で恥ずかしくなっちゃいました。薬の効果で人間離れした回数の射精が可能な町田先生じゃないんです。普通の男性は限界があるんだと当たり前の事実を知らされた私はしかし、それでもしばらく正ちゃんとの繋がりを保とうと必死でした。正ちゃんはこんなはしたない私にヤレヤレと苦笑しながら抱いてくれてるんですけど、その時私は嫌らしい悪魔の囁きを聞いてしまいます。あんなに幸せな気持ちになって、中出し射精までされたのに、私の体全然満足していない!もっと欲しいの、正ちゃんお願いだけど仕事を果たした正ちゃんのペニスはどんどん萎れてしまい、私がいくらはしたなく繋がっていようとしてもポロリと出てしまいました。もっと欲しい。

 

拘束されていたのだ

と言う気持ちを殺して、彼と離れます。何度も極めた。挙げ句に失神までしてしまう町田先生との激し過ぎるセックスの後遺症なんだと思いました。さっきタップリ精子を膣内に浴びて、解毒された筈です。まともな女の子に戻るため、我慢しなくちゃいけません。こうして正ちゃんとの初体験、そして中出し射精を施して貰った私はとても満ち足りた気持ちで家路に付きました。

視線はあゆみのオマンコに...
もう町田先生に怯える事もなく、明日になったらあの男の処遇について正ちゃんに相談するつもりでした。初体験をすませた直後でしたから、今日あんな男の事を彼に相談す。るのはとても億劫だったんです。でもそれは大きな誤りでした。町田先生の事を相談するのが億劫だった。んじゃなく、本当はしたくても出来なかったんです。そして体のモヤモヤは解消されず、気が付けば私は寝床の中で指を使っていました。

 

もう一度優しくフェラをして

こんな夜中に非常識な電話はあの男からに違いありません。でも、もう操られる事のない私はこんな電話は無視する一手です。ところが。…もしもし。私の体が勝手に携帯を取り、解毒されてる筈なのに、口がそう話した時、私は愕然としました。1-1角どうして~でももう体の動きは止まりません。真夜中に声を潜めながら忌まわしい男と勝手に応答してる操り人形の私がいました。

苦悶のなかに陶酔の色が表われてきた上等兵が濡れたバイブレーターを抜き取った

クリトリスを晒リクエストに応えて美由紀が初めて正ちゃんに抱いてもらって精神的には満たされてるのに、体の方が肉欲に負けてしまうのはとても恥ずかしく、イケない事だと思いながらウトウトす。ると自然に指が胸と股間にいってしまうようでした。これは解毒されてもなお私の体に残る町田先生の悪影響でしょう。やはり一刻も早くあの男を警察に突き出し、私の目の前から去って貰わねばなりません。こうして夢うつつにどうしても指で秘所を弄ってしまう口惜しさにたゆたっていると、携帯電話の呼び出し。

ペニスと睾丸の形がはっきり表面に出てます

調教師としてのテクニックが最も発揮される所だ

あっという間に、そのまま二人がかりで床に取り押さえられたのだ。玄関の男達も、あっという間に加勢して、牧野は身動きもとれない。放せ、止めろ!後ろにギュッと固められた腕が、何かで縛められていく感触が伝わってくる。申し訳ない。少々、手荒になってしまいました。この結び目は、ゆっくりと、ほら、こを引っ張れば、ほどけます。
尻を振ることしか抵抗手段のないもどかしさ

オッパイは母ちゃんの方がでかい

この端っ指先に、ヒモが当たるような感触が一瞬。次の瞬間には、パッと取り除かれてしまう。あっ、こら、放せ!放せ!くそっ!落ち着いてください。端っこは落ち着けばすぐに見つけられます。ご主人が冷静になって、様の承諾が得られたら、こちらにご連絡ください。置いておきます。奥ダイニングテーブルに、家元が紙片を置いているのが見えた。それでは、手荒になってしまったご無礼の段、平にお詫びいたします。

 

調教師としての

それでは、また。後ろ手に縛られて、這いつくばったまま見上た牧野の目に映ったのは、ガチャリと閉まった。扉だけだった。なるほど、ちょっと冷静になれば、なんてことのない結び目だ。結んだ端を引っ張れば、ぐるぐる巻きになったロープはいともあっさりと解ける。しかし、そんな簡単なことに10分以上の時を過ごして、ようやく取り戻した自由だった。もちろん、家元達は、とっくに立ち去っているはずだ。
肉棒が抽送されるたび
尻から太腿にかけての一本鞭の痕と思しき薄い傷や

膣からどろどろに濡れた

それを追いかけるより、今は、まず妻だった。リビングの明かりが漏れて部屋の明かりは、天井の小さな豆球一つ。妻の白い顔を横から照らしていた。開け放したドアから、よく寝ている。叫ぶ必要もないのに、妻の名を口にしながら、妻の寝かされている部屋に飛び込んでいた。この腕で掻き抱きたい気持ちを懸命に抑えた。

先端はペニスのように少し膨らんでいます

白い頬が気のせいか、少しこけている。疲れたのか?すやすやと寝ているはずの妻の顔が、ひとつも安らいで見えない。呆然と妻の顔を見つめたまま、牧野はしばし動けなくなる。後悔と安堵。自然と目頭が熱くなっていた。ごめん。俺があの時。熱いものがポタポタと、自分の手に落ちている。ぬぐうこともできず、ごめんな、ごめんなと繰り返すことしかできぬまま、しばし、妻の顔ばかりを見つめていた。
愛撫してくれている間

二人はフェラチオだけでなく


しかし、牧野は不思議なことに気がついた。ときおり、妻の頬がゆがむのだ。苦悶の表情に見える。夢~~かすかに、顔が横に振られるのも、あるいは、夢の中の何事かを拒否している姿にも見える。がっくりと妻の布団の横に膝を突く。その膝が布団の端を踏んだのか、その拍子に妻の身体にかけられている布団が少しだけ動いた。チラリと白く覗いたのは、剥き出しの薄い肩。え?おい、まさか。気がついた時には、妻の布団をはぎ取っていた。

巨乳ちゃんで

キスをつづけながら桃井が下着越しに股間をまさぐってきた

しかしこれにも、夫や、家に呼んだ客の小水も要求されたら飲むこと。との、おまけがついてしまったのです。まるで公衆便器ね。それじゃ、今迄、色んな人の小水を飲まされたでしょうね。啓子に頼み込んで、オーケーして貰った様です。そして、生理の汚れを口で受けるおぞましい作業は、麗花に舌奉仕中に生理になったから、ついでに吸わせてしまったと、麗葉ら事後承諾を求める形で啓子も了承し、以来、啓子自身も生理になると私の顔の上に座り込む様になりました。
34歳の熟女のものだそのヒップ

男根が母親有香の性器にずぶずぶと入っていく露骨な場面が映し出されていた

それより、長時間、小水よりもっと塩辛い味ですが、たまらない程生臭いんです。に敷かれ続けたり、首を股間に挟ほれつばなしになるので、みじめさは舌奉仕の時より強く感じます。二人同時に生理になったら、どうするんですの?幸か不幸か、二人とも時期がずれていて重なったことはありませんでした。続で使われたことがあり、1週間近くに及んだので顔に股擦れが出来る程でした。

 

股間がかっと熱くなった

顔を尻もっとも、連すから、朝、啓子は目覚めると、直ぐに私の顔に跨がります。て傍の壷をとって啓子の尻に当てがい、床に据えた壷が倒れない様に、支えます。して、彼女が用を足している間、私は彼女の足裏を舐め清めるのです。小水が終ると跡を舌で清め手でそ仰向けに寝たますると、壷の上に腰を下ろした啓子の足裏が、私の顔を踏み付けます。その後、啓子は褐色の糊で覆われた菊座が迫ってくるのです。
アナルで絶頂を楽しむ事も出来るようになりましたが
すぐにフェラチオを再開する

オマンコの割れ目を擦りつけようとしている

それを、貴方がペロペロとオーいやだ。気持悪いわぁ!最初は唇で糊を挟み込む様にして、吸いとって、それから舌を使うのです。奇麗になるとみ、腸壁まで清めさせます。ウワーッ、それ、アニリングって言うやつね。アニリングは舌奉仕の時に、やらされるもので、行為自体は同じですが目的が違います。でも、バックが感じる人なら、清めの時だって気持良くなるんじゃないの?上に長く、このアニリングまがいの行為を私に強制しました。

美枝がペニスから口を離し

その後、今度は、麗花さんの所へ行くのね。しゃがみ込み、私の目に軽蔑の視線を注いで辱めましたが、麗花は、逆に私の足の方を向いてしゃがみ、アヌスを私の鼻孔に当てがいながら飲ませるのです。じゃあ、アヌスの臭いを嗅ぎながら飲むわけね。どんな気持がするの?臭覚と味覚とを同時に辱められるのですから、刺激は強いのですが、啓子の時の様に、みじめな姿を女の軽蔑の視線に曝しながら飲まされるのも強烈で、時々、ペッと唾を何度も顔に吐き掛けられることもあって、めくるめく転落感で気が遠くなります。と言うことは、陶酔状態になるってことかしら?…屈辱の極に達すると、そんなものかしらですの?それはそうだけど、本当だと言う証拠は何も無いわけねだり、ウンコの付いたお尻を舐めたり出来るかしら?
調教に乗ることもあるが

ファックでもしたらよかったかしらノゾミは追い打ちをかけるような言葉を言いつつ


と言うことは、見ず知らずの私の小水を飲めるって言うの?そうです。必要なら、それ以上のこともします。こで録音テープのB面が終っている。その後、小泉佐知子の告白によれば、彼女は屋代澄夫なる老人を車椅子から降ろして床に寝かせ、その顔面に跨がったと言う。かなりの量の奔流を、老人は一滴も零さずに飲み干し、跡をその分厚い舌で舐め続けた。その余りの心地良さに、佐知子は、何時しか男の顔の上で尻を前後に揺すり、その巧みな舌奉仕を長時間にわたって満喫したのだった。

アナル棒の抽送と抜去を鵜の目鷹の目で見られてしまった

尻穴の快楽をアピールしてたではないか

巨乳ぶりを見て驚くと同時に感激したものだ
その紐で左の乳首も縛って、二つの乳首を一つにまとめてしまいます。ちぎれそうな痛み。その紐にフックをとりつけると、錘を取り付けたのです。ちぎれちゃうかなあ?赤ちゃんが生まれてきても、おっぱいが吸えないかも。かわいそうな赤ちゃん。絵夢奴の言葉が常軌を逸しています。憎悪でしょうか。腹部と撫で回します。汗でベタベタになっています。

拘束されると体が淫らに燃え上がってどうしようもなく乱れてしまう子なんです

そこから下にはいかないそして乳房、でほしい…。すてきなお尻をしているわね。ちゃいけないかももう充分すぎるほど感じさせられているのです。少し小尻じゃない?安産型とは言えないわ。骨盤矯正しなくわけのわからないことを彼女は言い、お尻を撫で回します。股間の縄が新たな痛みを呼び覚まします。じっとしていれば、先ほどよりは耐えられるのですが、もし、なにかをされたら、またしても熱を帯びてくるのは間違いありません。そうだ。今日はなわみにプレゼントがあるの。いいものを持ってきたわ。

 

なぜだか肉棒がビーンとかたくなってザーメンを漏らしてしまった

彼女は、小さなひげそりのような器具を持っています。わたしにそれを見せつけます。黒い嫌な感じの器具。先端に銀色の金属が突出しています。みなさま、ご安心くださいませ。これは通常のスタンガンではございませんの。改造して、かなり電流を下げてあります。そうねえ、ちょっとピリッとするぐらい。

覗き込みながら彼の股間をこすこすとこすり続ける
証拠として、自分で試してみますね。会場の人たちを安心させるためなのか、絵夢奴は自分の手にそれを当てて、スイッチを入れました。ビシッと音がして、彼女は舞台にうずくまったのです。すぐに立ち上がり、この程度のものですのよ。と言って笑っています。彼女は自由なのです。だからその程度のことですみほすだけど、わたしは縛られて宙に浮いていて、股間に縄が食い込んでいるのです。

 

尻を持ち上げながら

器具の先端がお尻にあたります。ビクンと体が跳ねほす。それだけであの熱いものがこみあげてきます。あら、なわみ。まだスイッチ入れてないのよ。大げさね。涙があふれてきて、もうなにも見たくない。目をつぶってしまいます。そのとき、全身の筋肉がギュッと縮まりました。

下半身の緊張を緩めると

尻を松戸の足先へ向ける形で逃げられないのです。なわみちゃんは、痛いの大好き。このショーではきっと、これがお似合いだと思うのですがみなさん、いかがですか?拍手。見れば、哲次も拍手しています。隣のシェリーと肩が当たっていて、二人でノリノリなのです。いつからなの。どうして…。わたしは混乱しています。疑心暗鬼でそう見えてしまうのか。幻想なのか。幻覚なのか。では、やってみましょうね。