最初から凄まじいピストンを繰り出した

一人で何人もの奴隷の面倒を見る

やっ、やめなさいっ!こうされるとどう?ひぃっ!乳首の先っぽをくすぐられた小川先生が髪を振り乱して頭を振った。浅川先生みたいによがっちゃっていいわよ。だっ、誰がっ!やめなさいっ!その間にも男子生徒たちが暴れる両脚を押さえ、下着を引き下ろしにかかっている。ほうら、マン毛が見えてきたぞ。真澄ちゃんより薄目だな。ちゃんと手入れしてるじゃんか。どんなマンしてる?-美由紀が恥部が剥き出しになる瞬間を見逃すまいと顔を近づけた。やっ、やめっああっ!下着を押さえようとする手が握ったり開いたり。
痴漢の指が的確に動かされるたびに

ペニスから熱い体液を飛び出させ

悪ガキたちの注目の中、恥毛に続いて陰裂が見えた。へぇ、しっかりワレメ閉じてるんだ。恥毛を美由紀にかき上げられて陰裂を晒された小川先生がんだ。どれ、股をおっぴろげてやろうぜ。と叫男子生徒二人が小川先生の足首をそれぞれつかんだ。下着を抜き取って無造作に投げ捨てる。やっ、やめて。しっかり抵抗しないと、マンコ晒されちやうよ。

 

女子高生だった頃

やめなさいっ!ああつし太腿に筋を浮かべて力を込める小川先生だが、男二人の力には太刀打ち出来ない。生木を裂くように脚が広がっていく。受け持ちクラスの生徒にまでイカされてしまった。悔しい。半分意識が飛んでいた真澄が頭を上げた。何だか足下が騒がしい。頭だけ持ち上げて音が聞こえる方向を見ると、脚を大きく広げられた小川先生の姿。剥き出しにされた女性器がひどく生々しく見えた。
股間が隠せぬまでも
彼も股間を突き出して男性器をぐいぐいと押しつけてきた

相手は人妻だぞ

小川先生まで…どうして。なんて奴らだと憤りを覚えつつも、目を離す事が出来ない。私が痴漢さえされなければ…。一番槍は誰だ。俺だよ、俺。がっつかなくても穴は逃げないわよ。真澄はぼう然と小川先生が犯される様子を眺めているしかなかった。男子生徒たちが次々に股間に身体を割り込ませては腰を振る。射精すると同時に、待ち構えていた次の男子生徒がせわしなく肉棒を突っ込む。

痴漢の標的にされてしまうんです

その繰り返しだった。体育倉庫の二階で見た輪姦現場と同じ眺め。美由紀が男子生徒の後ろにしゃがみ、結合部分を携帯で撮影していた。あの角度で撮られたら、膣穴に入れられている様子が丸見えだろう。真澄は自分の乳首がトクントクンと脈打っている事に気付いた。弄られてしまったクリトリスも同じだ。まだ濡れているのだろうかと股間に触れると、指先がヌルリと滑った。
ひねりながら膣口の奥に押しこんだ

ペニス海綿体の中で最も鋭敏に感じる場所が


同時に思わず声が出そうになるほどの快感が走り、慌てて手を引っ込める。やめなさいっ…ううっ、あうっ。小川先生ってあまり悲鳴上げないのな。真澄ちゃんみたいにヒィヒィ悲鳴上げて、んだぜ。乳揺らしまくってくれてもいい失礼なガキどもだと思った。乳房揺れをからかわれるのは中学時代から慣れっこだけど、性器を弄られて大人しくしていられるはずがないではないか。